SNS投稿で外国人旅行客に観光地のアピールをするには?

前回は、多くの人に情報を届ける、Facebook広告の使い方について取り上げました。今回は、SNS投稿で外国人旅行客に観光地のアピールをする方法を見ていきます。

8カ月で1万6590の「いいね!」を獲得した事例

前回の続きです。

 

このプロジェクトは2016年3月に終わりました。16人の留学生ボランティアが投稿した記事は、全部で71。これに対し、1万6590の「いいね!」が獲得できました。

 

図表は、Facebookに投稿された記事の数と、記事についた「いいね!」の数を表したものです。

 

[図表]プロジェクトの認知度が高まるにつれ「いいね!」数は増加

 

プロジェクト開始から2カ月後まで、「いいね!」の数は伸び悩んでいました。恐らく、プロジェクトの知名度が低かったのが理由でしょう。変化が見え始めたのは、開始から3カ月後の10月。留学生たちも勝手がわかってきたのか、記事を積極的に投稿するようになりました。その結果、「いいね!」の数は急増したのです。

「いいね!」やコメントの数から人気記事の傾向を把握

注目してほしいのは、投稿1件あたりの「いいね!」数が、1月以降順調に増加していることです。これは、投稿を定期的にチェックする「リピーター」が増え、その人が記事をシェアすることで情報伝達のパワーが増したことを示しています。

 

プロジェクトを進めるうち、人気が出る記事の傾向もわかってきました。たとえば、花に関する投稿は多くの人から好まれます。富山県で行われた「となみチューリップフェア」の記事は、700以上の「いいね!」を獲得。私たち日本人からすれば、桜や菜の花といった花が咲いているのは当たり前の風景です。しかし、外国人の目から見れば、素晴らしいコンテンツなのでしょう。

 

Facebook 上の「いいね!」やコメントの数を確認することで、外国人と日本人の感覚のずれを知ることができます。それは、どの観光地をどのようにアピールするかという戦略を立てる際に、大いに参考になることでしょう。

株式会社エスケイワード 代表取締役社長

1958年4月6日名古屋市生まれ。
立教大学を卒業後、コピーライターとして広告プロダクション会社に入社。
プランニングオフィス「IMPACT」を設立後、IMPACTをエスケイ欧文写真植字社と統合し、株式会社エスケイワード設立、1991年に代表取締役に就任。グローバル化にいち早く対応し、翻訳業務、多言語ウェブページ制作へと常に新しい視点で業態を変革しつづけ、事業を拡大する。現在では多くの官公庁、グローバル企業のホームページをはじめとするコミュニケーションツールのコンサルティングから制作、運用管理まで請け負う。
中小企業診断士としても活動し、経営の立場から「コミュニケーション」を捉える独特の視点を展開する。

著者紹介

連載外国人旅行者を呼び込むための「SNS」等を活用したプロモーション術

外国人リピーターを確実に増やす インバウンドコミュニケーション 成功の秘訣

外国人リピーターを確実に増やす インバウンドコミュニケーション 成功の秘訣

加藤 啓介

幻冬舎メディアコンサルティング

訪日外国人の急増によって、インバウンド施策は盛り上がりを見せています。2015年1-9月の訪日外客数は1,448万人、すでに2014年1年間の訪日外客数1,340万人を上回っています。 しかし、今後円高や中国株安によって、今までのよ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧