多くの人に情報を届ける、Facebook広告の使い方

前回は、留学生の「SNS投稿のモチベーション」を維持する仕組みについて取り上げました。今回は、多くの人に情報を伝える、Facebook広告の効果的な活用法を見ていきます。

「いいね!」やコメントを分析して配信先を決定

「いいね!」やシェアを増やし、多くの人にその地方の魅力を伝えるためには、Facebook広告を利用することも有効です。ただし、やみくもに広告を打つのは感心しません。きちんとターゲットを絞り、適切なやり方でアプローチしなければ、費用対効果を高めることはできないでしょう。

 

そこで私たちは、Facebook投稿についた「いいね!」やコメントを分析しました。すると、東南アジアのユーザーが多いことがわかったのです。そこで、広告を打つ地域をタイやフィリピン、インドネシアなどに絞り、その地域の人々が興味を持ちそうな広告を出しました。その結果、2015年度にはインドネシア、フィリピン、マレーシアなどのファン数を多く獲得。目標としていた15万「いいね!」を達成することができました。

 

また、広告の契約スタイルにも気を配りました。Facebook広告には、1クリックごとに課金されるタイプ(CPC=Cost Per Click)と、表示回数ごとに課金されるタイプ(CPM=CostPer Mille)、そしてCPCとCPMの混合型の3つがあります。それらを、より効果が表れやすいものに順次変更していきました。

 

広告の表示方法も、ページのサイドバーに表示されるタイプと投稿としてタイムライン上に上がるタイプのものを使い分けることで、より高い効果を得ることができました。さらに、留学生ボランティアの肉声を使った動画広告も掲載しています。

広告と通常投稿、それぞれの長所を組み合わせる

最近の消費者は、広告に対して懐疑的な姿勢で接することが増えています。いくらアピールしても、「どうせ広告でしょ?」と疑い、鵜呑みにしたりはしないのです。しかし、広告が無力ということではありません。そこには、「多くの人に情報を伝える」という力が秘められているのです。

 

一方、Facebook上の口コミ情報には、広告では伝えられない臨場感、旅行者の視点から見たフレッシュな情報などが詰まっています。ただし、それが拡散するかどうかはなかなかコントロールできません。「この地域の、こんな人に届いてほしい」と熱望しても、それがかなうかどうかは運次第の面が大きいのです。

 

そこで重要なのが、広告とFacebook 上の投稿を上手に組み合わせることです。そうすることで、双方の長所を組み合わせ、より効果的な情報発信が可能になるでしょう。

株式会社エスケイワード 代表取締役社長

1958年4月6日名古屋市生まれ。
立教大学を卒業後、コピーライターとして広告プロダクション会社に入社。
プランニングオフィス「IMPACT」を設立後、IMPACTをエスケイ欧文写真植字社と統合し、株式会社エスケイワード設立、1991年に代表取締役に就任。グローバル化にいち早く対応し、翻訳業務、多言語ウェブページ制作へと常に新しい視点で業態を変革しつづけ、事業を拡大する。現在では多くの官公庁、グローバル企業のホームページをはじめとするコミュニケーションツールのコンサルティングから制作、運用管理まで請け負う。
中小企業診断士としても活動し、経営の立場から「コミュニケーション」を捉える独特の視点を展開する。

著者紹介

連載外国人旅行者を呼び込むための「SNS」等を活用したプロモーション術

外国人リピーターを確実に増やす インバウンドコミュニケーション 成功の秘訣

外国人リピーターを確実に増やす インバウンドコミュニケーション 成功の秘訣

加藤 啓介

幻冬舎メディアコンサルティング

訪日外国人の急増によって、インバウンド施策は盛り上がりを見せています。2015年1-9月の訪日外客数は1,448万人、すでに2014年1年間の訪日外客数1,340万人を上回っています。 しかし、今後円高や中国株安によって、今までのよ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧