▲トップへ戻る
薄毛対策の第一歩となる「体質改善と肉体改造」

年齢、世代を問わず、「頭髪の悩み」を抱える男性は少なくありません。本連載では、「脱毛」や「薄毛」への具体的な対策とその効果を、著者自身の体験をもとに紹介します。

屈辱から1年、ハゲからの生還を果たした私

人として、男として、何かを成し遂げるときに大事なものは体力、そして「強い思い」だと信じています。

 

それが揺るがぬ確信となったのは、今から10年ほど前のことでした。

 

20代後半で〝髪の危機〟に直面した私が、再びフサフサになり、ハゲる恐怖からほぼ解放されたのは30代に入ってからでした。

 

ついに“そのとき”が来たのです。

 

毛髪の減少した私が、やがて意中の女性にもフラれてしまったことは前述しました。その屈辱の失恋体験から、私は一念発起して髪についての勉強を強化し、さらに体質改善と肉体改造に励むようになりました。

 

それまでにも、どうしたらハゲが目立たないか、どうしたら脱毛を防げるか、そういうことを考え続け、いろいろなことを試し続けていました。

 

しかし、経験上、育毛サロンをはじめとする業者頼みでは、髪が増えることはありませんでした。だから、「自分の髪は自分で生やす」、そう決意したのです。

ボクシングを始めて気がついた「ある変化」とは!?

いろいろ髪について勉強した成果を、地道に、徹底的に実践していきました。

 

その間、ことさら「これが効いた」という、インパクトの強いエピソードがあったわけではありません。しかし、最終的には、体を鍛えたことが決め手になりました。

 

彼女を取られた相手を見返すべく、ボクシングを始めたことは前に触れたと思います。

 

もちろん、それで毛が生えると思ったわけではありません。体を絞ってかっこよくなることが本来の目的でした。

 

メタボになりかけていた私のぷよぷよボディが、ボクシングを始めて2カ月後、めっきり引き締まりました。トレーニングの成果が出て腹筋が割れ、いわゆる「シックスパック」を久々に取り戻したのです。

 

そして、期待していなかった成果も……。

 

トレーニングで毎日汗を流していたら、いつの間にか、毛が生えてきたのです。

 

初めは「エーッ?」次には「オーッ!」と思いました。

 

そして、半年ごとに気にしていた「抜け毛のサイクル」が気にならなくなり、髪が増え始めていることに気づいたのです。

 

私は毎日、〝薄かった頭頂部〟を鏡に映して撫でさすりながら、自分の髪の毛の感触を確かめました。

 

(よし、黒いぞ……。しかもしっかりしてるじゃないか……)

 

密度が薄くて、他人に見られることが屈辱だった私の頭頂部……。

 

細くて短い毛が、少し増えたと思えばまた薄くなり、ムダに一喜一憂させられてきた頭のてっぺんの円形闘技場……。

 

そこに今や、黒くて太い〝自分の髪〟が、雄々しくよみがえろうとしていました。

株式会社エスロッソ 代表取締役社長 株式会社新日本情報システム 代表取締役社長

1971年7月生まれ。静岡県出身。大学中退後、サラリーマンとして働くなかで薄毛に悩み、独学で研究を重ねた結果、劇的な育毛に成功する。その後、2006年に独立。自身の体験をもとにした育毛事業を立ち上げ、圧倒的な効果を発揮する商品・サービスを次々と展開。「自分の経験を役立てて、同じ悩みを抱えた人たちを救いたい」という強い想いのもと、年間30000名以上の薄毛に悩む人々を救っている。

著者紹介

連載頭髪の危機を救う! 実践的「薄毛対策」講座

 

 

ハゲからの生還

ハゲからの生還

杉山 哲矢

幻冬舎メディアコンサルティング

「ハゲ」・・・それは男性にとって、非常にデリケートかつ切実な悩みでしょう。  本書では、かつてハゲに苦しめられ、様々な努力の末に「超フサフサ」を取り戻した著者が、自ら体を張って検証した「本当に効果のある薄毛治療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧