▲トップへ戻る
投資で成功するための「相場」の見極め方

前回は、資産防衛で重要な「リスクの許容範囲」を知る方法 について説明をしました。今回は、投資で成功するための「相場」の見極め方について見ていきます。

相場の底で買い、天井で売るのが資産運用の黄金律

運用する投資商品や手法に加え、資産運用で重要なのは「タイミングを味方にする」ということです。すなわち、値下がりして底に近づいたときに買い、値上がりして天井をつけそうなときに売る、というのが資産運用における黄金律(ゴールデン・ルール)です。

 

では、「値下がりして底に近づいたとき」というのは具体的にどういうタイミングのことでしょうか。我々が注目しているのは、「セリング・クライマックス」です。

 

たとえば2010年のギリシャショックのときなど、テレビのニュースだけでなくワイドショーなどでも取り上げられるようになったとき、実は相場の底が近づいていました。

 

逆に、「値上がりして天井をつけそうなとき」というのは、これもリーマンショック前の例ですが、好業績を続けるトヨタについての礼賛本が書店に並ぶようになったときがそうでした。

 

あのときは、リーマンショックの影響のほか、結果的にトヨタには非はなかったのですが、アメリカでのリコール問題が大きく響き、一時的にトヨタの業績は大きく落ち込んでしまいました。

 

ユーロ危機でも同様です。書店にユーロ崩壊といった極端な主張の本が平積みになると、そろそろ相場は終わりかな、と考えられます。

 

2016年の年明けからの株式相場の下落もそうです。日経新聞などのメディアは前年まで株価の先行きに非常に前向きだったのですが、年明け以降は一転して悲観的なコメントが増えていました。特に2月には、新聞やテレビが毎日のように株価の値下がりを大きく報じ、「個人投資家もさすがに怖くて買えない」といった記事も出ていました。

テレビ、新聞、書籍などのメディアが相場判断の指標

逆張り投資が個人投資家の投資行動ですが、そんな個人投資家も買えないとなると、だいたい底になるケースが多いのです。このようにテレビ、新聞、書籍などのメディアが、相場の底と天井を判断する重要な指標といえます。

 

さらにもうひとつ、相場の天井や大底をとらえる絶好の目安があります。それは、ふだん資産運用に興味がまったくない人が投資をしようとした時が天井だということです。

 

たとえば、中国株が暴落する前、中国の小学生でも株式投資をするというニュースが報道されていました。また、いつもは貯蓄一筋の配偶者などが「株式投資しようかな?」などと言い出したら要注意です。冗談のような話ではありますが、真理だと思います。

株式会社アレース・ファミリーオフィス代表取締役
一般社団法人 相続終活専門士協会代表理事 

大学卒業後、住友生命保険に入社。その後、英スタンダードチャータード銀行にて最年少シニアマネージャーとして活躍。2009年、富裕層の資産運用・税務・財務管理を行うファミリーオフィスを開設。「金融に関してフェアで誠実な存在」として、中立的な立場から、富裕層の資産防衛を包括的に行う。

著者紹介

連載財産を減らさずに守り抜く…資産防衛のノウハウ

本連載は、2016年5月25日刊行の書籍『資産防衛の新常識』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

資産防衛の新常識

資産防衛の新常識

江幡 吉昭

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税の増税、マイナンバー制度や出国税の導入など、資産家を取り巻く状況が年々厳しさを増していくなか、銀行や証券会社が販売手数料を目当てに、「資産防衛のサポート」と称して富裕層に群がっている現状・・・。資産家が金…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧