(※写真はイメージです/PIXTA)

多くの企業が情報発信に活用しているTikTokやYouTube。自分たちも始めたいけれど、「今からでは遅すぎるのではないか」と二の足を踏んでいる企業の担当者も多いのではないでしょうか。そこで本稿では、TikTok・YouTubeともに登録者数100万人越えの株式会社リンクロノヴァで代表取締役社長を務める長野雅樹氏と、株式会社リセンダーの社員としてSNS企画・演出などを担当する鈴木啓太氏による著書『結果を引き寄せる完全版YouTube TikTokビジネス活用術』(KADOKAWA)から一部抜粋し、企業におけるTikTok運用について解説します。

いまから動画をやるのは意味があるのか?

2021年4月に私たちがTikTokやYouTubeのショート動画の世界に足を踏み入れたときの状況と、今(2024年1月時点)とは大きく変わっています。

 

当時のTikTokは、利用者はまだ少なく、YouTubeに至ってはショート動画がまだ存在していませんでした。それが、わずか2〜3年の間にこれほどまでに急速に進化したかを思うと、環境の変化に驚かされます。

 

TikTokの初期ステージでは、「TikToker」といった「YouTuber」のような新しい職業が生まれる兆しはまだ見えていなくて、素人が楽しむ場として認識されていました。動画をアップしている人たちはほとんどが素人でしたから、市場として伸びしろしかありませんでした。

 

現在、TikTokは多くの企業が注目するプラットフォームとなっています。さまざまなブランドや会社が、コンサルタントの助けを借りてTikTokでのマーケティング戦略を練っています。動画をバズらせ、その影響力をビジネスに活かす企業が増えてきました。

 

例を挙げると、スシロー、ドミノ・ピザ、アイリスオーヤマ、ロート製薬、花王、大塚製薬など、数多くの大手企業がTikTokを利用しています。

 

しかし、こういった事実を見ると、「もうTikTokはレッドオーシャンなのでは?」と考えるかもしれません。

 

いえいえ、そんなことはありません。「今からTikTokをはじめても遅いのでは?」と感じるかもしれませんが、マーケターの視点で見ると、まだまだTikTokには大きな可能性が広がっていると確信しています。

 

つまり、TikTokをはじめるべきタイミングは今です。

 

新しい挑戦を待っているのは、あなた自身かもしれません。TikTokを活用し、その魅力を最大限に引き出してみてはいかがでしょうか。

 

もし、あなたがSNSでのマーケティングを考えるなら、それぞれのSNSに相性の良いジャンルを見極めることが大切です。中でもTikTokは、短い動画を中心としたコンテンツが注目されるプラットフォームです。

 

食や恋愛といったジャンルは、人々の共通の興味として全世界に広がっています。これらのジャンルでの動画作成者は増加しており、競合も多いです。

 

[図表1]SNSの変遷

 

しかし、その中でも私たちは食のジャンルで独自のコンテンツを展開してきました。そうしたジャンルでの先行者メリットはあるものの、新たな参入者が出るたびに競合状況は厳しくなっていくでしょう。

 

スポーツのようなジャンルは、興味を持つ人が限られてくる可能性があります。特に女性をターゲットにした場合、興味を示さない層も出てくるでしょう。

 

そんな中で、TikTokでの活動を見送ってしまうのはもったいない。なぜなら、まだチャンスはたくさん残されているからです。

 

注目のセミナー情報

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページTikTokでの成功の鍵。狙い所は…
結果を引き寄せる完全版YouTube TikTokビジネス活用術

結果を引き寄せる完全版YouTube TikTokビジネス活用術

長野 雅樹,鈴木 啓太

KADOKAWA

料理動画でなぜ建築・設備工事会社の業績がアップしたのか YouTubeチャンネル登録者数100万人超えの「ながの社長のハッピーチャンネル」。 建築設備会社の社長が部下にいじられながら、社長室で繰り広げられる料理動画が大…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧