「えっ、また仕事が増えるの!?」サラリーマン、困惑…2024年に本格義務化〈電子帳簿保存法〉の重要ポイント【税理士が解説】

「えっ、また仕事が増えるの!?」サラリーマン、困惑…2024年に本格義務化〈電子帳簿保存法〉の重要ポイント【税理士が解説】

2024年1月1日以降、電子取引のデータ保存が本格義務化されました。ここでは、最も基本となる電子帳簿の保存法の3つの区分について解説します。※本連載は、中島典子氏監修のムック『これだけ知っておけばOK! 電子帳簿保存法がわかる本』(宝島社)より一部を抜粋・再編集したものです。

「作り方」と「やり取りの方法」で区分が決まる

電子帳簿保存法は「3つの区分」を理解することが一番大切です。

 

1つ目は「電子帳簿等保存」。いきなり法律の名前と似ていてわかりづらいですよね。これには、「電子」で作った「帳簿」と「取引関係書類」が含まれます(「等」のなかに、「取引関係書類」という意味が隠されているというわけです)。この区分で経理部以外の部署の会社員に関係するのは、主に「自分がパソコンで作った取引関係書類」で、電子帳簿等保存のルールに従って保存します。「自分がパソコンで作った取引関係書類」となると、見積書の控えや、請求書の控えなど、主に「控え」の保存に関する区分だと考えましょう。

 

2つ目は「スキャナ保存」です。スキャナやスマホカメラなどを使って、取引関係書類を電子化する際は、このスキャナ保存のルールに従って保存します。スキャナ保存は、主に「相手から手渡しや郵送など、アナログなかたちで受け取った書類」が分類されると考えましょう。

 

3つ目は、電子取引です。ここには「電子で取引をした情報や取引書類」が含まれます。紙を使わず、電子を介してやり取りしたら、渡した側も、受け取った側も、すべて電子取引のルールで保存しなければいけません。

 

3つの区分のなかで、3つ目の電子取引だけが義務化されます。2024年1月1日以降、電子を介してやり取りをしたら「紙に出力した状態で、取引関係書類を保存しておく」ことが禁止となり、必ず電子データのまま、原則7年間保存しておかなければなりません。

 

電子データで保存をする際は、最初に保存をする書類がどの区分に該当するかを考えなければなりません。

 

◆電子帳簿保存法の「3つの区分」

電子帳簿保存法では、書類の種類とやり取りの方法で、全部で3つのパターンに分けられています。

 

1. 電子帳簿等保存 

 

パソコンで作って印刷・郵送等した領収書や契約書などの書類は、わざわざ印刷・ファイリングしなくても、PDF等の電子データで保存しておけば紙の保存はなしでOK。

【任意】やりたい会社だけ(やらない会社は印刷して紙で保存でもOK)

 

2. スキャナ保存 

 

郵送など、紙の書類として取引先から受け取った領収書や契約書の書類は、スキャナを使ってPDF等にデータ化をして、電子データで保存しておけば紙の保存はなしでOK。

【任意】やりたい会社だけ(やらない会社は紙で保存でもOK)

 

3. 電子取引 

 

メール添付やクラウドへのアップロードで、発行・受け取りをした領収書や請求書などは、必ず電子データで保存しておくことに。印刷した紙だけで保存しておくことはNGになります。

【義務】2024年1月1日からはすべての事業者で紙だけでの保存は不可

 

◆3の区分で経理以外の社員にかかわる書類はコレ!

電子帳簿保存法の大きなポイントは、自社から書類を発行するときと、取引先から受け取るときで保存のルールが変わること。それらの書類も、電子取引をしたら必ず電子データで保存します。

 

※重要書類はお金や物の流れに直結する書類、一般書類はお金や物の流れに直結しない書類です。
[図表]3つの区分で経理以外の社員にかかわる書類 ※重要書類はお金や物の流れに直結する書類、一般書類はお金や物の流れに直結しない書類です。

 

《Key Word》

 

取引関係書類

請求書や見積書、納品書など取引の証拠になるような書類。

 

決算関係書類

貸借対照表や損益計算書など、数値から経営状況を把握できる書類。

 

 

中島 典子
税理士、社会保険労務士、CFP

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【教育】4月29日(月・祝)開催
医学部専門予備校が教える
「国公立/私立」医学部逆転合格の秘訣
本セミナー参加者に限定オファー&書籍プレゼント

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

※本連載は、中島典子氏監修のムック『これだけ知っておけばOK! 電子帳簿保存法がわかる本』(宝島社)より一部を抜粋・再編集したものです。

これだけ知っておけばOK! 電子帳簿保存法がわかる本

これだけ知っておけばOK! 電子帳簿保存法がわかる本

監修:中島 典子

宝島社

2022年1月の電子帳簿保存法の改正時に設けられた猶予期間が、2023年12月末に終了します。 電子データの保存が義務化されるのは2024年1月から。しかし、電子取引の請求書対応について未着手の会社はまだまだあります。 そもそ…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧