「米国株式」の上昇トレンドはもうすぐ終わり!? 「コロナ禍」「対中関係」で露わになった米国経済の「懸念される課題」とは【元JPモルガンのファンドマネージャーが解説】

「米国株式」の上昇トレンドはもうすぐ終わり!? 「コロナ禍」「対中関係」で露わになった米国経済の「懸念される課題」とは【元JPモルガンのファンドマネージャーが解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

2024年1月から「新NISA」が始動することもあり、投資への関心が高まっています。投資対象として特に有望視されているのは「米国株式」ですが、JPモルガン・アセット・マネジメントでファンドマネージャーを務めた中山大輔氏は、懐疑的な見方を示しています。なぜでしょうか。中山氏の著書『日本株で30年 好成績を上げたファンドマネージャーが明かす逆転の思考法』(PHP研究所)から、一部抜粋してお伝えします。

この先、アメリカでは景気が低迷しても「金融緩和」ができない

過去30年くらいにわたって、米国株式の好調が続いてきました。しかし、米国株式の展望については、今後もこれまでのような上昇トレンドを続けることができるかどうかは、慎重に検討すべきで、特に「米国一強、一択」の考えには懐疑的にならざるを得ません。

 

なぜなら、その上昇トレンドを支えてきた要因が大きく変化しているからです。

 

一般的に、景気が悪化すると、「利下げ」をはじめとする「金融緩和」が行われます。それによって世の中にお金がたくさん回るようになるため、その一部が株式市場に流れ込み、株価が上昇します。いわゆる「不景気の株高」と呼ばれる現象です。

 

米国においては、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けて経済活動が停滞し、世界で一斉に未曾有の財政出動が発動された2020年、2021年が、まさにその状況でした。

 

実際、ニューヨーク・ダウは2020年3月23日に、コロナショックによって1万8,591ドルまで急落した後、2022年1月3日には3万6,585ドルという過去最高値を更新しました。

 

ちなみに、2022年はこの最高値後に一旦大きく下落した後に反発し、2023年12月1日時点で過去最高値に近いところまで戻してきていますが、大きなトレンドが生じているとはいえない状況です。

 

しかし、問題は米国経済がこの先、本格的な景気低迷局面に入った時にどうなるのかということです。

 

前述したように、景気が悪化すると金融緩和政策が行われるため、本来であれば株式市場に資金が向かいやすくなるはずですが、今回はそうなるかどうか、わかりません。

 

地政学リスクや根深いインフレ懸念など複雑な要因が絡み合って、安易に緩和の姿勢に転じることはできないでしょう。

 

新型コロナウイルス感染拡大による景気悪化を避けるため、米国では家計や企業を支援する目的で、莫大な額の財政出動が行われました。総額で600兆円超ともいわれています。

 

これに加えて、FRB(連邦準備制度理事会:中央銀行)による大幅な金融緩和も実施されました。

 

そこにウクライナ侵略が絡み、米中対立問題も深刻化しました。こうした地政学リスクの高まりによって、米国は今、「サプライチェーン」の大幅な見直しを求められています。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ中国からの「デフレ輸入」の終焉

あなたにオススメのセミナー

    本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促すことや、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、株式会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

    日本株で30年 好成績を上げたファンドマネージャーが明かす逆転の思考法

    日本株で30年 好成績を上げたファンドマネージャーが明かす逆転の思考法

    中山 大輔

    PHP研究所

    ついに追い風に乗る、日本株投資! 過去30年、厳冬の日本株マーケットにおいて、アクティブファンドで好成績を上げてきたファンドマネジャーが、その投資手法を初めて明かす。 JPモルガン・アセット・マネジメントの人気日本…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ