「1ドル=360円」の固定相場だった時代と同レベルの購買力しかない…「安いニッポン」の根本原因【元IMFエコノミストが解説】

「1ドル=360円」の固定相場だった時代と同レベルの購買力しかない…「安いニッポン」の根本原因【元IMFエコノミストが解説】
※画像はイメージです/PIXTA

各国のビッグマックの価格を比較することで、それぞれの国の「購買力」を把握することができます。日本のビッグマックの価格から読み取れる「円」の価値は、どのようなものなのでしょうか。本記事では、元IMF(国際通貨基金)エコノミストで東京都立大学経済経営学部教授の宮本弘曉氏による著書『一人負けニッポンの勝機 世界インフレと日本の未来』(ウェッジ社)から、日本経済の実情について解説します。

安いニッポン

ビッグマックでわかる日本の「安さ」

日本ではインフレが急速に進み、人々の生活に重圧がかかり始めています。

 

わたしたちにとって身近な日本マクドナルドも2023年1月に価格改定を実施しました。マクドナルドの人気商品であるビッグマックの価格は、それまでの410円から40円上昇し、450円になりました。小さくない衝撃を与えた新価格ですが、他の国々と比べるとまだまだ安いというのが現実です。

 

実は、ビッグマックは海外と価格を比較する際によく使用されます。ビッグマックはどこの国でもほぼ同じ品質で製造されているので、各国のビッグマックの価格を比較することで、それぞれの国の購買力を把握することができます。理論的には、同じ品質であればどこで販売されても同じ価格になるはずです。

 

しかし、実際には、各国の原材料費や労働コストなど様々な要因により、商品の価格は国ごとに異なります。このため、ビッグマックの価格を比べることで、その国の購買力を比較できるわけです。

 

ビッグマックを用いて各国の購買力を比較するというアイデアは、イギリスの経済専門誌『エコノミスト』が1986年に考案したもので、年に2回データが発表されます。

 

2023年7月時点で、日本で450円で販売されているビッグマックは、アメリカでは5.58ドルとなっていました。

 

仮に同じ商品の価格が世界中どこでも同じだと考えると、為替レートは1ドル=80.65円(=450円÷5.58ドル)となりますが、実際の為替レートは1ドル=142.08円で、円は約43%過小評価されていることになります。

 

また、アメリカのビッグマック価格を日本円に換算すると、792円となり、日本の価格の約1.8倍となっています。

 

もっとも値段が高いのはスイスで、日本円に換算するとなんと1,094円となります。日本では450円で買えるのに、スイスだと倍以上の金額が必要となるため、日本人にとっては「高い」という感覚になるのではないでしょうか。

 

しかし、現地のスイスの人にとっては、それがビッグマックの日常の価格なので、高いとは感じないのです。言い換えれば、それだけ日本は安い国であるということです。

 

この「安いニッポン」の傾向は、他の商品でも見られます。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページラーメン1杯2,210円…アメリカと日本の埋まらない差

あなたにオススメのセミナー

    一人負けニッポンの勝機

    一人負けニッポンの勝機

    宮本 弘曉

    ウェッジ社

    「働いても働いても貧乏から抜け出せない!?」…経済大国ニッポンが賃上げもままならない「一億総貧国」に転落した根本原因とは? 2023年、年明け早々、食料品の3度目の値上げの報道がなされ、物価高騰が生活者レベルで重くの…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ