貯蓄しにくい「40代」が資産を増やすには【投資のプロが解説】 (写真はイメージです/PIXTA)

40代になってから、ライフイベントの発生や退職後の生活に備えて、本格的に手持ちの資産を増やしたいと考え始めた方もいるのではないでしょうか。資産運用においては、リスク許容度の範囲内で投資することが重要です。そこで今回、40代で投資をはじめるメリットやおすすめの投資手法について、株式会社バンカーズが解説します。

支出が増える40代…見過ごせない投資の重要性

40代は、人生で特にお金がかかるライフステージといわれており、子供の教育費用や住宅ローンなどによって家計が圧迫され、貯金しづらい傾向です。

 

しかし50代以降には、親の介護が必要になることもあり、さらにお金が必要な場面が訪れます。

 

公益財団法人生命保険文化センターによると、在宅介護にかかる費用の総額は平均で500万円ほどとのことです。いつまでたっても老後の資金を貯蓄できず、いつの間にか老後を迎えてしまうのは避けなければなりません。

 

その点、投資であれば自分が保持しているお金を、自分が働かなくても増やすことができるため、万が一の事態に備えてお金をためておくことが可能です。

 

ライフイベントの発生を見据えて、まとまったお金が増える可能性があるのであれば、投資をするメリットは捨てがたいといえるでしょう。

 

銀行預金ではお金が増えない

銀行に預金しておいても、金利が低いことからお金はほとんど増えません。というのも、バブル期が終焉を迎えてから景気が低迷し、普通預金の金利が下がり続けたからです。

 

たとえば、みずほ銀行の普通預金の金利は0.001%であり、100万円を1年間預けたとしても利息が10円しかもらえない計算になります。

 

普通預金よりも収益性が高い定期預金であれば、利息が高いのではないのかと思う方もいるかもしれません。同じくみずほ銀行の定期預金の金利は0.002%であり、普通預金から切り替えたとしても利息が20円にしかならない計算になります。

 

年金・退職金だけでは全然足りない…老後の資金確保が急務

40代がもっとも貯蓄の必要性を感じる理由として老後資金の確保が挙げられますが、公的年金制度があるから問題ないと感じる方もいるかもしれません。

 

しかし、金融庁が過去にまとめた人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書では、定年退職を迎えてから95歳まで生きるのに、夫婦で2,000万円ほどの金融資産を活用しなければならないことを示しました。

 

つまり、公的年金制度に頼るだけでは老後に資金不足になるリスクがあり、政府は国民に老後生活の設計に向けて自助努力をしてほしいと呼びかけているとわかります。

 

厚生労働省の平成30年就労条件総合調査によると、退職金手当制度がある企業の割合は80.5%でした。退職金が支給されない企業もあることから、老後資金を蓄えるために何かしらの資産運用を検討するステージに入っているといえるでしょう。

 

【12月1日(木)開催セミナー】
未曽有の円安ショック!
いまこそ海外資産保有の考えどき…
売却益1,000万円・利回り20%を実現する「フィリピン不動産投資」の魅力

あなたにオススメのセミナー

    バンカーズは、貸金業者としての歴史を有する泰平物産株式会社を母体とし、2019年に現社名に変更。第2の創業期として、金融機関、IT業界の出身者が参画し、「その投資は、日本の未来へ」をフィロソフィーに、2020年12月に融資型クラウドファンディングサービス「Bankers」を開業しました。これまで不動産や診療報酬を中心としたファンドを組成し、分配遅延・貸し倒れは0件です(2022年8月末日現在)。


    魅力的な案件多数!バンカーズのWEBサイトはコチラ>>

    著者紹介

    連載終わらない低金利時代…「融資型クラウドファンディング」が注目される理由

    ※本記事は、株式会社バンカーズ(Bankers)のコラム「Bankersノート」より抜粋・一部再編集したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ