健康 美容 ドクター向け
連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法【第254回】

「とにかく体調が悪い」の原因は≪低栄養≫かも。血液検査の「低い値」に要注意【歯科医師が解説】

血液検査データーに潜む《低栄養》の足音

歯科医栄養不足低栄養体調不良

「とにかく体調が悪い」の原因は≪低栄養≫かも。血液検査の「低い値」に要注意【歯科医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

現代人はなぜこうも体調不良の人が多いのでしょうか? それはいつも食べているものに原因がある可能性が高いといいます。吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック代表・吉田格氏が、飽食の時代にこそ注意すべき「低栄養」について解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】12/15(木) 開催決定
東京23区・駅近投資で資産防衛・相続対策!
高い資産価値を維持する「新築一棟賃貸マンション」
開業医のための「個人資産の増やし方」セミナー 詳しくコチラ>>>

歯科医院を訪れる「実は不調な患者さん」

歯科医院を訪れる患者さんの中には、実はさまざまな体調不良を持ったまま治療に入っている人が大勢いらっしゃいます。そんな人は長時間の治療に耐えられなかったり、途中で挫折し治療を中断したり、中には問題行動を起こす人もいらっしゃいます。

 

現代人はなぜこうも体調不良の人が多いのか、それはいつも食べているものに原因がある可能性が高いのです。あなたにも忍び寄る、まさかの《低栄養》について解説します。

 

Aさんは知人の紹介でいらっしゃった、20歳台前半の女性でした。

 

見れば背中は丸くここに来るのにも辛そうな姿で、呼吸は浅く眉間に皺を寄せ、受け答えは曖昧…などかなり危ない感じです。この年齢にしてムシ歯による歯の欠損が多く、生活にかなりの乱れがあるようです。聞けば朝はどうしても起きられず、昼過ぎになってようやく動くことができるそう。

 

すでに複数の内科・心療内科・漢方薬局にかかっており、抗うつ剤や胃腸薬など10種類近くもの薬が出されていました。副作用もあり、とても全部は飲めないという、今で言うポリファーマシーの状態でした。

 

治療を進めようにも案の定予約時間がまったく守れず、他の患者さんの迷惑にもなるので、しだいにスタッフから問題視されるようになってきました。

 

後からわかった話ですが、同じ理由で出入り禁止になった美容院やネイルサロンもあったそうです。

 

私もどうしようかと思ったのですが、本人は痛みもあるし治療したいとのこと。それならもっと真面目に来ればいいのに、これは何か別に原因があるのではないかと薄々感じるようになりました。実はこれが最近よく聞く「副腎疲労(ふくじんひろう)」と呼ばれる病気であると知ったのは、それから数年後のことでした。

あなたにオススメのセミナー

    吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック 代表

    幅広い知識・技術を中立的な立場から提供する、歯科自由診療専門医。
    レーザー・顕微鏡・栄養療法を歯科医療に取り入れ、健康保険だけでは解決困難な治療を手がける。

    1985年 日本歯科大学新潟歯学部卒
    1997年 吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック開設(東京都中央区)

    【所属】
    日本レーザー歯学会 (認定医 理事)
    日本顕微鏡歯科学会 (認定指導医 理事)
    日本抗加齢医学会(指導医)
    臨床分子栄養医学研究会(認定指導医)


    【著書】
    インプラントのすべてがわかる本(保健同人社)

    【吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニックHP】
    【著者に関する各種情報】

    著者紹介

    連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

    ※本記事は、オンライン診療対応クリニック/病院の検索サイト『イシャチョク』掲載の記事を転載したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ