認知症リスク1.7倍…放置してはならない「膝の違和感」【専門医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

日々の生活のなかで、膝の違和感や痛みをおぼえたことのある人は少なくないでしょう。ただしその違和感は一瞬であることが多く、気にしていない人が多いのではないでしょうか。しかし、世田谷人工関節・脊椎クリニックの塗山正宏先生は「放置すると認知症のリスクが高まる」といいます。それはなぜか、詳しくみていきましょう。

【オンライン開催(LIVE配信)】12/15(木) 開催決定
東京23区・駅近投資で資産防衛・相続対策!
高い資産価値を維持する「新築一棟賃貸マンション」
開業医のための「個人資産の増やし方」セミナー 詳しくコチラ>>>

がんや糖尿病よりも多い…「変形性膝関節症」の患者数

歩き始めや、階段の昇り降りなど、日常生活のなにげないシーンで膝に違和感を覚えた経験がある人は少なくないでしょう。「膝が重い感じ」「ズキっとした痛み」「ピンと張る感じ」など違和感も人によって異なりますが、多くの場合一瞬で消え去るため、特に気にしていない人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、その違和感は「早めに整形外科を受診し解消したほうがいい」サイン。意外にも、すでに膝がSOSを発している証拠なのです。

 

「40歳以上で、膝の痛みで悩んでいる人」は、全国で約800万人いると推定されています。そして、そのほとんどが変形性膝関節症です。

 

変形性膝関節症を発症していてもまったく自覚がなかったり、多少の痛みや違和感があっても気にしていない人もいるため、実は変形性膝関節症の患者数はもっと多く、50歳以上の国民で(レントゲンの初見上)変形性膝関節症を発症している人は「2,400万人」いるとされています。これは実に、「50歳以上の2人に1人」という割合です。

 

「2人に1人」という数字は、「変形性膝関節症は国民病である」といっても過言ではないレベルです。たとえば国民病とされる「がん」は「日本人男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんになる」※1といわれていますし、「糖尿病」は、「成人の5〜6人に1人が糖尿病あるいはその予備軍」※2といわれています。

※1 厚生労働省 令和元年 国民健康・栄養調査(https://www.mhlw.go.jp/seisaku/24.html)
※2 厚生労働省 令和元年 国民健康・栄養調査(https://www.mhlw.go.jp/content/000681180.pdf)

 

つまり、変形性膝関節症の患者数(潜在的な患者も含めて)は、これらよりも多いのです。それにもかかわらず、変形性膝関節症についてあまり知識がないために、症状を放置してしまっている人も少なくありません。

 

【※12月10日(土)開催セミナー】
【家賃保証最長14年 × 最高150%の買取保証】
米ドル建て投資ができるカンボジア
世界の富裕層が注目「ラグジュアリーリゾート投資」

あなたにオススメのセミナー

    世田谷人工関節・脊椎クリニック 

    世田谷人工関節・脊椎クリニック
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会運動器リハビリテーション専門医
    日本スポーツ協会公認スポーツドクター

    2005年北里大学医学部卒業。北里大学病院、北里大学東病院、同救急救命センターを経て、北里大学メディカルセンターにて人工関節置換術の研鑽を積む。
    現在は世田谷人工関節・脊椎クリニックにて股関節、膝関節の人工関節手術を専門とする。

    世田谷人工関節・脊椎クリニックHP


    著者紹介

    連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

    ※本記事は、オンライン診療対応クリニック/病院の検索サイト『イシャチョク』掲載の記事を転載したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ