老後資金の必要額「1億円」との試算も…一般サラリーマンの〈退職後〉はどうなる!? (※写真はイメージです/PIXTA)

自分の老後資金に不安を抱いている人が増加しています。一部マスコミ報道では、いろいろな計算式とともに「安心して老後を送るには1億円は必要」などいって警鐘を鳴らしていますが、実際のところはどうなのでしょうか。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

老後資金は「1億円必要」といわれているが…?

老後資金は1億円必要だ、といわれているのをご存じでしょうか? 夫婦合計の生活費を毎月25万円とすると、60歳から93歳までの間に約1億円必要だ、という計算になるのです。マスコミ報道等でそれを知り、不安に駆られている人も多いと思いますが、普通のサラリーマン(サラリーウーマンや公務員等を含む、以下同様)はなんとかなりますので、まずは落ち着きましょう。

 

「自分は1億円も持っていない!」という、不安と焦りを感じたとき、まず最初に考えてほしいのは、「いまの高齢者が現役サラリーマンだったときにも、1億円は持っていなかったはずだ。しかし、なんとか暮らしているようだ。だから、自分もなんとかなるだろう」ということです。

 

自営業者等は定年がないため、元気な間は働いて稼ぐことができますから、こちらも過度な懸念は不要かもしれません。もっとも、自営業者の方々の状況はケースバイケースですので、本稿では主にサラリーマンについて記すこととします。

サラリーマンは「公的年金」が充実している

サラリーマンは、年金(公的年金。以下同様)が充実しています。標準的なサラリーマンと専業主婦の夫婦二人で、65歳以降は毎月22万円の年金が受け取れるのです。贅沢は難しいでしょうが、なんとか暮らせる金額ですね。あとは、65歳になるまで働いて稼げばいいわけです。

 

老後のための蓄えがあれば、それを少しずつ取り崩して「ささやかな贅沢」を楽しむことができるでしょう。もっとも、借金が残っていると苦しいので、65歳時点までに借金は返済しておきたいですね。

 

65歳時点で借金が残っていても、65歳以降も働いて稼げばいいので、過度な懸念は不要です。老後資金が貯まっていなくても、65歳以降も働いて稼げば、ささやかな贅沢の費用も稼げるでしょう。

 

かつては、高齢者が仕事を探しても見つからないという問題がありましたが、少子高齢化による労働力不足の時代ですから、1日4時間しか働けない高齢者でも、仕事を探せばなんとか見つかるでしょう。

 

あなたにオススメのセミナー

    経済評論家

    1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

    著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

    趣味はFacebookとブログ。

    著者紹介

    連載経済評論家・塚崎公義氏が解説!初心者にもよくわかる「経済のしくみ」

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ