“発達障がいの子”をカモに…急激に増加した「放課後等デイサービス」の闇【医師が告発】 (※写真はイメージです/PIXTA)

2012年の開始以来、急激に増加する「放課後等デイサービス」。発達障がいをはじめ、日常や学校生活にサポートを必要とする子どものための福祉サービスです。さまざまな理由から利用者が増えている一方、それに甘んじて利益を求め、ずさんな経営をする事業者もいると、高座渋谷つばさクリニック院長の武井智昭先生はいいます。今回は、そんな「放課後等デイサービス」の実態と現状についてみていきましょう。

「不正の悪循環」に行政のメス…児童確保も頭打ちに

こうした情勢に対して、ついにメスが入ることとなりました。2019年、京都府亀岡市内2ヵ所で放課後等デイサービスを運営していた事業者が、有資格者(保育士など)の人数基準を満たさずに給付金を不正請求しているとして、府は不正請求額の返還および、最も重い「指定取り消し」の行政処分を下したのです。

 

これに続き、全国各地での違法な営利追及に対して多くの行政処分が実施されました(しかし、これはまだ氷山の一角にすぎません)。

 

サービスの質の低下を指摘された例もあります。本来であれば個別支援を行うサービスにもかかわらず、一律にアニメDVDを連日見せるなど、サービス内容の不適合性を指摘された悪質な例も処分されています。

 

特に、不動産や学習塾などで福祉・保育などの事業経験のない事業者でこうした傾向がみられました。

 

医療と同様、競合他社が多数生じたために児童確保も頭打ちになり、次第に経営に難色を示す法人も出てきています。静岡県浜松市・京都市では総量規制を実施するなど、歯止めがかかるようになりました。

 

競合が増えると、生き残るために他社に負けない良質のサービスの提供等差別化が不可欠となり、現在のクリニック情勢に類似してきています。

 

一時期ネット上で見かけた福祉の精神に欠ける広告も、近年はまったく見なくなりました。

 

こうした点からは、一時の「発達障がいビジネスブーム」も、いい形で去ったように感じます。唆されて開業した素人は、知識やノウハウがないために利用者確保がうまくいかず、とんだ負債となっているようです。

 

 

武井 智昭

高座渋谷つばさクリニック

院長

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あなたにオススメのセミナー

    高座渋谷つばさクリニック 院長

    小児科医・内科医・アレルギー科医。2002年、慶応義塾大学医学部卒業。多くの病院・クリニックで小児科医・内科としての経験を積み、現在は高座渋谷つばさクリニック院長を務める。感染症・アレルギー疾患、呼吸器疾患、予防医学などを得意とし、0歳から100歳まで「1世紀を診療する医師」として地域医療に貢献している。

    著者紹介

    連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ