全員がいきいきと働ける組織…型破りな経営コンサルが提唱する「驚きの人事戦略」

企業や地域が本来持つ魅力やにじみ出る人間味を「おダシ」と呼び、それを独自のノウハウで引き出しながらユニークな採用支援やブランディング、地域プロモーションなどを行っているインビジョン株式会社。代表の吉田誠吾氏は、自社を「企業や地域のおダシ屋」と名乗ります。今回、チーム員全員がいきいきと働ける組織づくりを叶えるための人事戦略について吉田代表が解説します。

経営の中核は「ブランド、経営戦略、人事組織戦略」

おダシ経営を言語化するとこうだ。「人間の力を最大出力にする経営手法」

 

補足すると、人それぞれが持つおダシ(想い・強み・人間味・らしさ)を最大限引き出すことで、チームの前向きなエネルギーと唯一無二の提供価値を生み出す。つまり、おダシ経営とは人間の力を誰よりも信じ、活かす経営手法のことだ。

 

企業がビジネスで勝ち残ろうとするとき、一般的には「自社・顧客・競合」の3C分析を行うものだが、おダシ経営の独自論では「自社・顧客・人間」のらしさを引き出し、人のつながりをつくってコミュニティ化していくという思想を掲げている。おダシ経営で得られる成果は全部で4つある。

 

1つ目は「やり方とあり方の統合」。これは志を達成する仕事のやり方とブランドに沿ったあり方が一致した状態をつくり出すということだ。

 

次に2つ目は「一本串戦略の策定」。これは中長期の事業戦略から単年戦略、ブランディング戦略など、各戦略が一筋につながった状態をつくり出すということだ。

 

そして3つ目は「両思い人材の確保」。これは採用したい人とマッチングできてミスマッチが減る再現性の高い仕組みをつくり出すということだ。

 

最後の4つ目は「人間らしいチームづくり」。これは人間の力を最大出力するチームをつくり出すということだ。

 

「ホントにそんな成果が得られるのかよ?」という突っ込みが聞こえてきそうなので、ビジネスにつながる具体的な話に移りたい。

 

おダシ経営の中核の概念「3D」という考え方を皆さんとシェアさせていただく。わたしたちは「おダシ=ブランド」「おダシ経営戦略=経営戦略」「おダシ人事戦略=人事組織戦略」の3つを総称して3Dと呼んでいる。「ブランド」「経営戦略」「人事組織戦略」の3つすべてにおダシを注入して、おダシでつなげていくことを基本のキとし、おダシ屋としての戦略人事、つまりおダシ戦略人事のど真ん中においている。

 

【10月15日(土)開催セミナー】
1棟アパート投資〈相続市場〉を狙って「利回り20%」「売却益2千万」を獲得!

(年収500万からOK、全国対応OK)

あなたにオススメのセミナー

    インビジョン株式会社 代表取締役CEO

    1977年生まれ。東京都出身。大学卒業後にリクルート系の広告代理店に入社。2008年にインビジョン株式会社を設立し、求人広告代理業をスタートさせる。その後、採用マーケティングへと事業をシフトさせ、2018年にはHRテクノロジーを活用したクラウド型採用管理システム「HRハッカー」をローンチし、採用支援サービスを大幅拡充。さらに同年、地方創生メディア「フレッジ(現:ダシマス)」の事業を譲受して地方創生事業にも進出。2020年には大胆なブランディングを実施し、自社を「企業や地域のおダシ屋」と名乗る。現在、企業や地域が本来持つ個性を「おダシ」と呼び、それを独自のノウハウで引き出しながらユニークな採用支援と地方創生を行っている。

    著者紹介

    連載唯一無二の会社の魅力を引き出す弊社ダシ屋と申します

    ※本連載は、吉田誠吾氏の著書『唯一無二の会社の魅力を引き出す弊社ダシ屋と申します』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ