「シングルで定年まで働いた場合」「共働きで定年まで働いた場合」「出産後10年専業主婦をする場合」…。それぞれ、年金額はどのようになるのでしょうか。ライフスタイル別にシミュレーションしてみます。※本記事は、井戸美枝氏の著書『一般論はもういいので、私の老後のお金 「答え」をください!増補改訂版』(日経BP)を抜粋・再編集したものです。

ケース①…シングル、定年まで働いた場合

シングル、会社員、40歳、年収350万円
 

65歳からの年金予想額:年153万2200円

今後予定している働き方:「60歳で定年退職する」「65歳まで再雇用で働く」

 

 

40歳シングル、大学卒業後に就職した会社で正社員として働き続けてきました。定年退職の60歳まで勤務を続け、以降は再雇用制度を使って65歳まで契約社員として働く予定。年収は32歳まで300万円、以降定年退職まで350万円の場合の年金額は?

 

現在40歳の彼女の「ねんきん定期便」には、「これまでの加入実績に応じた年金額」が表示されています。その額は厚生年金部分が年約32万円、基礎年金部分が年約39万円で、合計年間約71万円。

 

今後働き続けることで上乗せされる分を含めると年金額は年約153万円、月約12万8000円になる見通し。ひとり暮らしにはやや心もとない金額です。

 

 

シングルの場合、平均的な年収の会社員でも年金だけで老後が安心とは言い難い。70歳まで働き、厚生年金に加入し続けることでさらなる上乗せを図りましょう。

 

★アドバイス 

厚生年金は70歳まで加入でき、その分、年金受給額も増えます。また、受け取り開始を70歳まで遅らせると、65歳から受け取った場合の42%増(75歳受け取り開始なら84%増)となります。

 

★年金額をもっと増やすには? 

□ 70歳まで働く

□ 年金の受け取り開始を遅らせる

 

★シングル・会社員・定年まで働いた場合の【年収×勤務年数別 年金予想額早見表】 

 

★年収×勤務年数別 年金予想額早見表(200万円~500万円)

 

 

★年収×勤務年数別 年金予想額早見表(450万円~700万円)

 

注:勤続年数=厚生年金加入期間のこと。老齢基礎年金77万7800円(40年加入)含む。
注:勤続年数=厚生年金加入期間のこと。老齢基礎年金77万7800円(40年加入)含む。

 

平均年収350万円では、勤続年数35年でも、受け取れる年金額は月12万円程度。シングル女性の場合、この年金額では老後を考えるとやはり心もとないといえます。年金の受給を遅らせて増額したり、iDeCoなどでじぶん年金をつくったりすることが必要になります。

 

次ページ共働き・公務員夫婦、定年まで働いた場合

あなたにオススメのセミナー

    一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください! 増補改訂版

    一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください! 増補改訂版

    井戸 美枝

    日経BP

    ベストセラー『一般論はもういいので、私の老後のお金 「答え」をください! 』の増補改訂版。 2022年の年金制度改定に対応し、最新情報を盛り込みました。 日経WOMANの調査では、今、働く女性の約85%が老後のお金に不安を感…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ