「スマホ老眼も治せますか?」…多焦点眼内レンズ手術のQ&A【眼科医が回答】 (※写真はイメージです/PIXTA)

「多焦点眼内レンズ」とは、主に白内障手術の際に使われ、濁った水晶体の代わりに入れる人工の眼内レンズの一つです。近視や遠視、乱視や老眼なども改善できることから、近年では白内障手術だけではなく、老眼治療にも使われるようになりました。鈴木眼科グループ代表・鈴木高佳医師がQ&A形式で解説します。

Q. スマホ老眼も多焦点眼内レンズ手術で治せますか?

数年前から話題になっていますね。

 

「スマホ老眼」は医学用語や、正式な病名ではありませんが、スマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を長い時間使い続けた結果、老眼と同じように、目のピント調節がスムーズにできなくなった状態を指すようです。症状も、

 

●手元がぼやけてよく見えない

●画面から遠くに目を転じると、ぼやけてよく見えない

●夕方など薄暗くなると、ものが見えにくい

●目が疲れやすい

●頭痛や肩凝りがする

 

など、加齢による本物の老眼とよく似ています。問題となる患者さんの多くは調節力はまだ残っている年齢にもかかわらずスマホやタブレットを長時間使用することによって症状が出てしまう20歳代や30歳代です。

 

しかし、これは水晶体が硬くなってピント調節機能が根本的に劣化したわけではなく、目から同じ距離にあるスマホやタブレットをじっと凝視し続けたせいで毛様体筋が凝り固まり、一時的に動かなくなってしまった状態と考えられます。老眼というより、一時的な近視化や、調節障害です。近い距離を見続けるうちに、目が順応して近い距離にピントを合わせるようになったのでしょう。

 

長時間の使用を控えてきちんと目を休ませるようにすれば、多焦点眼内レンズ手術を受けるまでもなく元のとおりに治せるはずです。

 

けれどスマホ老眼は、眼科医としては気掛かりな現象ではあります。一時的な症状で済むうちはいいのですが、慢性化したり、ドライアイが強い場合など、なかには治療でも改善しづらい重度の眼精疲労の状態となったりして、頭痛や肩凝り等も併発し、仕事や生活に支障をきたしてしまうケースもあるからです。

Q. 強度近視も治せますか?

はい、強度近視も多焦点眼内レンズ手術で治すことができます。

 

近視は「弱度近視」「中等度近視」「強度近視」に分かれ、強度近視は「D(ディオプター)」という単位で表される屈折度数がマイナス6.25D以上の近視を指します。また、マイナス10.25D以上を最強度近視と呼ぶ場合もあります。

 

現在、主流になっている3焦点~2焦点眼内レンズ製品は、幅広い範囲の度数をカバーしていて、かなり強い近視でも完全に矯正できるケースがほとんどですが、まれにその範囲を超えた強い度数や長い眼軸長(目の前後の長さ)の方がいらっしゃいます。

 

そのような場合、2焦点や3焦点ではありませんが、それらとは異なった原理で多焦点の機能を実現しているProgressive眼内レンズと呼ばれる「ミニウェル・レディ」という多焦点眼内レンズがあり、最強度近視を含む強い度数の近視眼にも対応可能な、さらに幅広い度数の製造範囲と優れた基本性能を併せ持っています。

 

「ミニウェル・レディ」はイタリア製の多焦点眼内レンズで、コントラストがはっきりとした優れた見え方を実現している製品でもあり、プロの眼科医など、技術的に詳しい知識を持った患者さんのなかで、このレンズを希望する方もいらっしゃいます。

 

実は、私は自分の母(眼科医)の白内障手術を執刀したのですが、いくつかのレンズのなかで、母はこの「ミニウェル・レディ」を選び、希望したため、このレンズで手術を行いました。本人はとても満足して、その後裸眼で生活しています(以前はメガネやコンタクトレンズを使用)。ただし、このレンズは日本での臨床試験を行っていないため、日本の厚生労働省の認可を受けていない未承認のレンズです。ヨーロッパのCEマークは当然取得しています。なお、強い近視に伴って、矯正しても視力が極端に出にくいほかの目の病気や変化がある場合には、多焦点眼内レンズ自体が適さないこともあります。

Q. 強い乱視でも受けられますか?

強さの程度にもよりますが、ほとんどの場合は「トーリック多焦点眼内レンズ」という種類の多焦点眼内レンズで矯正することができます。トーリックは「乱視」の意味です。

 

ただし不正乱視の場合は、残念ながら矯正効果を得られません。不正乱視は角膜の形状に原因があるため、水晶体を乱視対応の多焦点眼内レンズに代えても解決することができないのです。

 

鈴木 高佳

鈴木眼科グループ代表

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あなたにオススメのセミナー

    鈴木眼科グループ代表

    神奈川県逗子市出身。栄光学園中学校・高等学校卒、1994年日本医科大学卒。日本医科大学付属第一病院にて麻酔科研修後、横浜市立大学医学部付属病院眼科に所属する。この間、同大学病院、函館の藤岡眼科病院、小田原の佐伯眼科クリニックへの勤務を通して白内障手術をはじめ眼科一般の経験を積む。

    2002年より東京歯科大学市川総合病院眼科にて角膜疾患の診断・治療に携わる。また同年、日本国内での多焦点眼内レンズの厚生労働省治験を行った、東京歯科大学水道橋病院眼科のビッセン宮島弘子教授の助手として同眼科に勤務し、2006年3月まで、手術、診療、臨床研究に従事。同大学ではほかに、レーシックをはじめとする屈折矯正手術と日帰り白内障手術を専門に行う。

    2006年国際親善総合病院眼科部長に就任。網膜硝子体疾患に対し手術および内科的治療(光線力学療法、抗血管内皮増殖因子硝子体注射療法など)を導入し、多数の患者の診断と治療を担当。

    2010年4月、神奈川県横浜市のJR戸塚駅前に戸塚駅前鈴木眼科を開院。現在は同クリニックの理事長を務めるほか、同クリニックをはじめ県下に計4カ所のクリニックから成る鈴木眼科グループの代表を務める。

    著者紹介

    連載老眼・近視・乱視の悩みを解決!多焦点眼内レンズで叶える「生涯裸眼生活」

    ※本連載は、鈴木高佳氏の著書『メガネ・コンタクトレンズはもういらない!多焦点眼内レンズ入門』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

    メガネ・コンタクトレンズはもういらない!多焦点眼内レンズ入門

    メガネ・コンタクトレンズはもういらない!多焦点眼内レンズ入門

    鈴木 高佳

    幻冬舎MC

    鈴木眼科グループ代表の鈴木高佳氏が老眼・近視・乱視・白内障の悩みを老眼鏡なしで解決する多焦点眼内レンズについて解説します。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ