円安の限界値「1米ドル=125円の黒田ライン」超過も…日銀が動かない理由【国際金融アナリストが解説】

円安の限界値「1米ドル=125円の黒田ライン」超過も…日銀が動かない理由【国際金融アナリストが解説】
(※画像はイメージです/PIXTA)

2015年にかけて展開した円安が、黒田日銀総裁の発言をきっかけに「1米ドル=125円」で終了したことから、円安の限界といった意味で「黒田シーリング」、「黒田ライン」と呼ばれました。しかし、「125円=円安の限界値」というわけではないと、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏はいいます。黒田ラインを超過する米ドル高・円安水準である現在……日銀が動かない理由について、吉田氏が考察します。

続きはこちら(Yahoo!ニュース)>>

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ