「億ション」タワマンを即決購入する「パワーカップル」の末路 (※写真はイメージです/PIXTA)

東京都の中心部や湾岸エリアのタワーマンションでは、高層階を中心に1億円を超える高額物件が続々販売されて、それが飛ぶように売れているといいます。実際に首都圏の新築マンションの平均価格はバブル期を抜いて6360万円で過去最高を更新しました。1億円を超える「億ション」は、どんな人が買っているのでしょうか。

【オンライン開催(LIVE配信)】8/18(木)開催決定
節税、相続、贈与対策から資産形成まで
10万円から始める不動産クラウドファンディング
「グッドコムファンド」販売、緊急セミナー>>>>

億ションを購入するパワーカップルの存在

東京都の中心部や湾岸エリアのタワーマンションでは、高層階を中心に1億円を超える高額物件が続々と建設、販売されて、しかもそれが飛ぶように売れているといいます。

 

実際に、2021年度(21年4月~22年3月)の首都圏(1都3県)の新築マンション1戸当たりの平均価格は6360万円(前年度比6.1%増)でした。実はこの数字はバブル期の1990年度に記録した6214万円を上回り、過去最高を更新しました。

 

発売戸数は2期連続の増加で3万6641戸。2018年度以来の3万戸を突破しました。東京都心のタワーマンションを中心に高価格物件の人気が高く、平均価格を押し上げています。緊急事態宣言もあったコロナ禍にあっても、2021年暦年(1月~12月)の平均価格は6260万円と過去最高だったのに続き、2021年度もバブル期を彷彿させる旺盛な需要を示しています。

 

ちなみに東京23区でみてみると新築マンション1戸の平均価格は8449万円(前年度比11.7%増)、東京都下で5137万円(同5.1%減)、神奈川県は5209万円(同5.5%減)、埼玉県4929万円(同7.8%増)、千葉県4383万円(同0.5%減)でした。東京23区が突出していて、新築マンションの平均価格を押し上げている格好です。

 

出典:株式会社不動産経済研究所「全国新築分譲マンション市場動向2021年」より。
出典:株式会社不動産経済研究所「全国新築分譲マンション市場動向2021年」より。

 

建設現場の人手不足による人件費の上昇、円安による建設資材の高騰もあり、首都圏の物件価格が下がる要素がないと指摘されています。

 

しかし、1億円を超える「億ション」が次々に売れています。いったい、どんな人が買っているのでしょうか。

 

かつて「億ション」を購入していたのは、会社の経営者、投資家、医師といった、いわゆる富裕層だけでした。しかし、現在「億ション」を購入しているのは、会社員が多いといいます。

 

確かに、現在、極めて金利が低い時代です。頭金を用意しなくても、フルローンで住宅ローンを借りることができます。6000万~7000万円程度は、年収の高い会社員なら借り入れが可能な時代です。さらに共働きの夫婦であれば、その倍近く、2人で1億円以上の住宅ローンを組むことが可能です。

 

つまり、現在「億ション」を購入しているのは、富裕層と呼ばれる「特殊」な人たちだけではなく、平均を上回る高い収入を得ている共働き夫婦が最大限のローンを組み、「億ション」を購入しています。最近よく聞くようになった「パワーカップル」とよばれる収入の高い夫婦が「億ション」を共有で購入しているという現実なのです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載検証!タワマンは日本人を幸せにするのか

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ