「そない急ぎはらんと、ゆっくりしていかはったら?」優しさにほだされ、後悔…【本当は怖い京ことば】 (※写真はイメージです/PIXTA)

「京ことばには、耳に流れてくる優雅さには似合わない〈毒舌針〉が仕込まれている――」京都在住60年、巧妙かつ恐ろしい言語戦略と、はんなり優雅な物腰が同居する「京都ジン」を見聞きし、体験してきた文筆家の大淵幸治氏が、本格的「京ことば」について解説します。本記事は「お茶もださんと」「そない気ィ遣わんとカネ使こて」の意味を探ります。

【お茶もださんと】

京都ジンの逆説的表現は多々あって、例の「考えとく/考えるわ」が共通語の「考えない/考えるのを止める」とイコールであるように、マイナス記号を付さなければ、その意味を取れないものが多い。

 

早い話、額面どおりに受け取ると、えらいメに遭う表現ということだ。

 

とくに京生活ビキナーに知っておいてもらいたい逆説的表現に、「ゆっくりしていかはったらよろしやん」というのがある。

 

字義どおりに解釈すれば、話者の善意から出た「ゆっくりしていってくださればいいじゃないですか→ゆっくりしてくださいよ」ということになるのだが、その実は「お帰りになる以上は、さっさとお帰りになってくださいましね」と同じ意なのである。

 

このことばが用いられるシーンは、帰りがけに多い。

 

大抵の京都ジンは、客が暇を告げ、帰ろうとすると、

 

「まあ、そない急ぎはらんと、ゆっくりしていかはったらよろしやん。お陽ィさんもまだ高いとこにありますし……」

 

などと慰留してくれるはずだ。

 

だが、この優しさがクセモノなのである。

 

他府県人なら、おそらくそのことばの優しさにほだされて、ついそのまま腰を落ち着けてしまうことだろう。

 

そのあとのことは、読者のすでにご推測のとおり。ぶぶ漬け伝説である。

 

…さっさと往んどくれやっしゃ

小腹が空きましたやろ。お茶漬けなと、どうどす――と勧められ、ひとのいいあなたは、お茶漬け程度なら、遠慮しなくてもいいだろう。こんなに熱心に勧めてくれていることだし――と勝手に解釈し、その申し出をありがたく承諾する。

 

そして暫く経って、あなたの座る食卓の前に届けられたのは粗末な京のぶぶ漬けならぬ、仕出し屋からとった立派な懐石弁当であることに気づく。

 

その結果、どうなるかというと、世間知らずの烙印を押され、二度と優しい言葉をかけてもらえなくなるのである。

 

では、こういう場合、どういえばいいのであろうか。答えは簡単である。

 

いや、〇〇はん。これから行かんならんとこがありまっさかい、これで失礼しますわ。おやかまっさんでした――と辞退すればいいのである。そうすると相手はいかにも申しわけなさそうな顔をして。そうどすかー。いやー、お茶もださんと。はしぢかなとこですんまへんでした。また寄っとくれやす――とにこにこ顔でいってくれるはずだ。

 

すべてお愛想の類いとはいえ、さよならひとついうにも京都ジンはこれだけの心づくしを行うのである。はしぢかとは端に近いの意で、上がり框や玄関口を指す。

 

読者が框に座ることを勧められれば、まずお茶は出ないものと覚悟しなければならない。そこは、お茶は出しまへんけどよろしく、という場所なのである。

 

歯が出ていることで有名な人気お笑い芸人がいっていた別れの言葉――。

 

すんまへんなー、茶ァも出さんと歯ァばっかり出して。チャンチャン、っと。

 

【10月4日(火)開催セミナー】
今までになかった「インドアゴルフ×投資」事業投資のご提案
~出店実績96店舗、累計会員数5万人超、創業10年。インドアゴルフのリーディングカンパニー「ステップゴルフ」~

あなたにオススメのセミナー

    富山の山奥に産し、京は西陣の上七軒にて生長。立命館大文卒。コピーライターや編集者としての経験をもとに80年代後半から唱え始めた〈意匠ことば学〉の見地から京都ジンの言語生理を読み解く。京に住いすること半世紀以上に及ぶ「非」京都人としてユニークな京都人論、京ことば論を唱える。2000年に上梓された『丁寧なほどおそろしい「京ことば」の人間関係学』は京都本ブームの先駆けとなった。

    著書に『国彩化時代のニホンゴ』『気の弱いひとのエーゴ』『京都文化ジン類学』『ハダカの京都解体新書』などがある。

    著者紹介

    連載「おうち、面白いひとどすな」本当は怖い、京ことば

    ※本記事は、大淵幸治氏の著書『本当は怖い 京ことば』(リベラル社)より一部を抜粋・再編集したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ