SBI証券で2022年6月に販売された投資信託のうち、つみたてNISAの「月間積立設定金額」が多い人気のファンドを紹介。売れ筋ランキングを参考にして、個人投資家はどのような銘柄で資産形成をすべきかのヒントを探ります。
SBI証券で人気の投資信託ランキング…おすすめは?【2022年7月版】

国内株式の約3,700銘柄に対して、6,000本以上販売されている投資信託。

 

「運用のプロが運用しているから安心」

「分配金が毎月出るから生活費の足しになる」

「銀行の窓口で『今月のおすすめ』と紹介された」

 

という言葉を信じて購入したにもかかわらず、運用コスト以上の利益を出せずに「こんなはずじゃなかった…」と後悔している個人投資家も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、証券口座数トップのSBI証券で2022年6月に販売された投資信託のなかから、つみたてNISAの「積立設定金額」が多いファンドを1位から10位まで紹介します。

 

対面型の証券会社ではなく、ネット証券で自分の判断で投資信託を購入している個人投資家は、どのような銘柄を買っているのでしょうか?

 

上位銘柄を参考にして、あなたの資産運用のヒントにしてください。証券会社出身のSGO編集者が解説します。

 

1. SBI証券で人気の投資信託ランキング【2022年6月積立分】
1位「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」
2位「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」
3位「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」
4位「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」
5位「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)」
6位「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」
7位「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」
8位「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」
9位「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」
10位「ニッセイ外国株式インデックスファンド」
2. SBI証券の「つみたてNISA月間積立設定金額ランキング」総括
2.1.「米国株式型」「世界株式型」を選ぶ人が多い
2.2. 資産形成の鉄則は「長期・積立・分散」
3. 資産形成には「インデックスファンド」が最適

1. SBI証券で人気の投資信託ランキング【2022年6月積立分】

早速、つみたてNISA月間積立設定金額(2022/6/1~2022/6/30)より、SBI証券で2022年6月に積立設定された投資信託を金額が多い順に見ていきます。

 

順位 前月比 ファンド名 資産クラス 信託報酬
(税込)
SBI証券
iDeCo
セレクトプラン
1位 SBI-V・S&P500インデックスファンド 米国株式 0.09% ×
2位

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

全世界株式 0.11% ×
3位

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

米国株式 0.10%
4位

SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

米国式

0.09% ×
5位

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)

全世界株式 0.14%

6位

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

バランス型

0.15%

7位

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

全世界株式

0.11%

8位

eMAXIS Slim先進国株式インデックス

先進国株式

0.10%

9位

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド

全世界株式

0.14% ×
10位

ニッセイ外国株式インデックスファンド

先進国株式型 0.11% ×

 

各ファンドの特徴を見ていきましょう。

 

なお、純資産やトータルリターンの数字は、投資信託の格付け評価をしているモーニングスター社の2022年7月1日時点のデータを使っています。

 

1位「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」

ファンド名 SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
資産クラス 米国株式
連動する指数 S&P500指数
信託報酬(税込) 0.09%
純資産 5,743.82億円
トータルリターン +16.69%(1年)                
運用会社 SBIアセットマネジメント
ファンドの特色 愛称は『SBI・V・S&P500』。2021年6月15日に「SBI・バンガード・S&P500」から名称変更。世界最大級の運用会社バンガード社の「バンガード・S&P500ETF」を通じて、米国企業500社に投資できます。

※表のなかのファンド名をクリックすると、最新の価格やチャートが見れます。

 

2位「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」

ファンド名 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
資産クラス 全世界株式
連動する指数 MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
信託報酬(税込) 0.11%
純資産 5,515.61億円
トータルリターン +9.62%(1年)、+17.74%(3年)      
運用会社 三菱UFJ国際投信
ファンドの特色 三菱UFJ国際投信が運用する、常に最安の信託報酬を目指すことで人気の「eMAXIS Slim」シリーズ。日本を含む全世界の株式に投資できます。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」のイベントでは、3年連続で1位にランクイン。

※表のなかのファンド名をクリックすると、最新の価格やチャートが見れます。

 

3位「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」

ファンド名 eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
資産クラス 米国株式
連動する指数 S&P500指数
信託報酬(税込) 0.10%
純資産 1兆2,378.88億円
トータルリターン +16.86%(1年)、+22.09%(3年)       
運用会社 三菱UFJ国際投信
ファンドの特色 三菱UFJ国際投信が運用する、常に最安の信託報酬を目指すことで人気の「eMAXIS Slim」シリーズ。アップルやマイクロソフト、アマゾンなど、米国企業500社に投資できます。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」のイベントでは、4位にランクイン。

※表のなかのファンド名をクリックすると、最新の価格やチャートが見れます。

 

4位「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」

ファンド名 SBI・V・全米株式インデックス・ファンド
資産クラス 米国株式
連動する指数 CRSP USトータル・マーケット・インデックス
信託報酬(税込) 0.09%
純資産 822.34億円
トータルリターン +0.61%(3ヵ月)、-6.29%(6ヵ月)      
運用会社 SBIアセットマネジメント
ファンドの特色 愛称は「SBI・V・全米株式」。2021年6月29日に設定。世界最大級の運用会社バンガード社の「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」を通じて、米国企業約4,000社に投資できます。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」のイベントでは、10位にランクイン。

※表のなかのファンド名をクリックすると、最新の価格やチャートが見れます。

 

5位「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)」

ファンド名 SBI・全世界株式インデックス・ファンド
資産クラス 全世界株式
連動する指数 FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
信託報酬(税込) 0.11%
純資産 611.11億円
トータルリターン +7.93%(1年)、+16.95%(3年)
運用会社 SBIアセットマネジメント
ファンドの特色 愛称は「雪だるま(全世界株式)」。日本・先進国・新興国など全世界の株式約8,800銘柄に投資できます。

※表のなかのファンド名をクリックすると、最新の価格やチャートが見れます。

 

6位「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」

ファンド名 eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
資産クラス バランス型
連動する指数 バランス型なのでなし(合成指数)
信託報酬(税込) 0.15%
純資産 1,482.16億円
トータルリターン +3.13%(1年)、+8.48%(3年)、+6.28%(5年)         
運用会社 三菱UFJ国際投信
ファンドの特色 三菱UFJ国際投信が運用する、常に最安の信託報酬を目指すことで人気の「eMAXIS Slim」シリーズ。8つの資産「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」「国内債券」「先進国債券」「新興国債券」「国内REIT」「先進国REIT」に12.5%ずつ均等に投資するのが特徴です。

※表のなかのファンド名をクリックすると、最新の価格やチャートが見れます。

 

7位「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」

ファンド名 eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
資産クラス 全世界株式
連動する指数 MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
信託報酬(税込) 0.11%
純資産 1,447,62億円
トータルリターン +10.11%(1年)、+18.18%(3年)       
運用会社 三菱UFJ国際投信
ファンドの特色 三菱UFJ国際投信が運用する、常に最安の信託報酬を目指すことで人気の「eMAXIS Slim」シリーズ。『eMAXIS Slim(オール・カントリー)』から日本を除き、全世界の株式に投資できます。すでに日本の個別株式を保有しており、「日本を含む全世界株式型」を購入することで日本株の資産構成比を高めたくない人におすすめです。

※表のなかのファンド名をクリックすると、最新の価格やチャートが見れます。

 

8位「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」

ファンド名 eMAXIS Slim先進国株式インデックス
資産クラス 先進国株式
連動する指数 MSCIコクサイ・インデックス
信託報酬(税込) 0.10%
純資産 3,247.27億円
トータルリターン +12.87%(1年)、+19.47%(3年)、+13.81%(5年)
運用会社 三菱UFJ国際投信
ファンドの特色 常に最安の信託報酬を目指すことで人気の「eMAXIS Slim」シリーズ。日本を除く先進国(ただし、米国が約72%)に投資し、全世界株式型に近い値動きをします。

※表のなかのファンド名をクリックすると、最新の価格やチャートが見れます。

 

9位「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」

ファンド名 SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド
資産クラス 全世界株式
連動する指数 FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
信託報酬(税込) 0.13%
純資産 101.01億円
トータルリターン -0.73%(1ヵ月)、+2.95%(3ヵ月)                   
運用会社 SBIアセットマネジメント
ファンドの特色 愛称は『SBI・V・全世界株式』。2022年1月31日に設定。世界最大級の運用会社バンガード社の「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」を通じて、全世界の株式に投資できます。

※表のなかのファンド名をクリックすると、最新の価格やチャートが見れます。

 

10位「ニッセイ外国株式インデックスファンド」

ファンド名 ニッセイ外国株式インデックスファンド
資産クラス 先進国株式
連動する指数 MSCIコクサイ・インデックス
信託報酬(税込) 0.10%
純資産 3,835.01億円
トータルリターン +12.70%(1年)、+19.41%(3年)、+13.75%(5年)
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
ファンドの特色 2013年12月10日に設定され、同タイプのファンドとしては長い運用実績。日本を除く世界主要先進国の株式に投資できます。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」のイベントでは、2位を獲得。

※表のなかのファンド名をクリックすると、最新の価格やチャートが見れます。

 

\国内株式個人取引シェアNo.1/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事

 

2. SBI証券の「つみたてNISA月間積立設定金額ランキング」総括

SBI証券の「つみたてNISA月間積立設定金額ランキング」総括
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

2022年6月にSBI証券のユーザーがつみたてNISAで選んだ銘柄の傾向から、個人投資家はどのような投資信託を選んで資産形成をすべきかのヒントを探ります。

 

2.1.「米国株式型」「世界株式型」を選ぶ人が多い

「米国株式型」「世界株式型」を選ぶ個人投資家が多い
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

今回のランキングをざっくり区分すると、

 

  • 米国株式型:3本
  • 全世界株式型:4本
  • 先進国株式型:2本
  • バランス型:1本

 

という結果になりました。

 

米国株式型が4本もあることから、世界経済の中心である米国の長期的な株価上昇を期待して積立設定をしている人が多いと考えられます。

 

しかも、「全世界株式型」と「先進国株式型」の資産構成比の約60~70%は米国株であることを考えると、ほとんど米国株頼みということになります。

 

関連記事

 

2.2. 資産形成の鉄則は「長期・積立・分散」

資産形成の鉄則は「長期・積立・分散」
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

資産形成の鉄則は、信託報酬が低いインデックスファンドによる「長期・積立・分散」です。

 

・信託報酬…投資信託の運用や管理にかかる手数料のこと。保有中はずっとかかる。
・インデックスファンド…日経平均株価などの指数に連動するように設計された投資信託のこと。

 

ただし、今後も経済の成長が期待でき、長期的に見ると株価が右肩上がりになる確率が高い国や地域に投資することが前提であることを忘れてはいけません。

 

株価が横ばいもしくは右肩下がりになることが予想される国や地域、商品を選んでしまうと、いくらドルコスト平均法で毎月「株価が高いときは少なく、株価が安いときは多く」コツコツ買っても、最終的には損する確率は高くなります。

 

しかし、米国は移民を受け入れて人口が増えており、労働者が生み出すサービスの価値の合計(=GDP)の増加とともに長期的な株価の上昇が期待できます。

 

そのため、今回のランキングで「米国株式型」や「全世界株式型」が上位を占めたのは、個人投資家がそのシナリオを信じて行動した結果とも考えられます。

 

\国内株式個人取引シェアNo.1/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事

 

3. 資産形成には「インデックスファンド」が最適

インデックスファンドのイメージ図
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

繰り返しになりますが、資産形成の基本は、低コストのインデックスファンドによる運用です。

 

今回のランキングに入った10本のうち、信託報酬(投資信託の運用と管理にかかるコスト)が最も高いファンドは、9位の「eMAXIS Slimバランス(0.15%)」でした。

 

ちなみに、SBI証券が取り扱うつみたてNISAで扱う約180銘柄のなかで、信託報酬が最も高いファンドは、1.65%の「フィデリティ・欧州株・ファンド」です。

 

このように、信託報酬が安いファンドが上位を占めているのは、わずかなコストの差が10年や20年といった長期になると大きなパフォーマンスの差になって表れることを個人投資家は知っているからだと考えられます。

 

次のグラフは、信託報酬の違いによるパフォーマンスを比べたものです。

 

信託報酬の違いによるパフォーマンスの優劣比較
信託報酬の違いによるパフォーマンスの優劣 (引用:三菱UFJ国際投信

 

信託報酬が0.189%(ピンク色)と1%(青色)とでは、20年後にはパフォーマンスの差は25.5%(ポイント)にもなります。

 

そのため、同じ資産クラスの投資信託で迷ったら、初心者の方は信託報酬が低いほうを選んでおくことをおすすめします。

 

最後に、今回のランキングに入った銘柄を資産クラスごとに整理しておきます。

 

■SBI証券でおすすめの投資信託

 

【米国株式型】

  • SBI-V・S&P500インデックスファンド
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

 

【全世界株式型】

  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)
  • eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
  • SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド

 

【先進国株式型】

  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド

 

【バランス型】

  • eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

 

本記事を参考にして長期投資に適した銘柄を見つけ、あなたの資産運用にお役立てください。

 

\国内株式個人取引シェアNo.1/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事