リスクが不安だけど対処の仕方もわからない。そんなFX初心者は多いでしょう。そこで今回は、FXによくある失敗例とサイト編集部の失敗談を紹介するとともに、対策方法も詳しく解説します。初心者は同じミスをしないよう、しっかり学んでくださいね。
【FXの失敗談】初心者によくあるミスと対策!大切な3つの心得とは

『資産形成ゴールドオンライン』は複数の企業と提携して情報を提供しており、当サイトを経由して申込みがあった場合、各企業から報酬が発生することがあります。しかし、提携の有無などが本ページ内のサービスの評価や掲載順位に関して影響を及ぼすことはありません(提携会社一覧)。

「FX初心者はどのような失敗をしているの?」

「どうすれば失敗を避けられるか知りたい」

「FX歴のあるトレーダーも失敗を経験してる?」

FXを始めたくても、リスクに不安を感じている初心者は多いのではないでしょうか?

 

こんにちは!FXトレーダーの那須です。かくいう私は、いきなり取引をはじめてしまい、何度も大損を経験しています。

利益ばかりに目がいってしまい、リスクの高い取引で失敗しました。

 

私のような経験をしないためにも、失敗事例を学び、リスク対策をすることは大切です。

 

そこで今回は、FX初心者が安全に取引を行えるよう、失敗談を紹介するだけでなく大損しないための対策も解説します。

 

この記事を読めば、初心者が失敗する原因がわかり、FXで稼げるようになるための大切なコツをおさえて取引できるようになります。

 

この記事でわかること
・FX初心者に多い3つの失敗と対策
・失敗してしまう原因
・サイト編集部の失敗談
・FXでやりがちな5つの失敗と対策
・初心者が失敗しないために必要な心得

 

FX初心者に多い3つの失敗と対策
初心者にもっとも多い失敗! 「損切りができない」
損切を徹底して損失を小さく抑えよう
目先の利益に目がくらむ? 「高レバレッジの取引」
レバレッジ3倍までに抑えて証拠金に余裕を持たせよう
むやみにポジションを持つ「ポジポジ病」
根拠が薄いときは取引を控えて無駄な損失を避けよう
なぜ失敗してしまうのか?
失敗しないためには口座選びも大切! 初心者向けFX会社3選
サイト編集部 初心者時代の失敗談!
塩漬けポジションを解消するまでに1年!
ダマシにあって損失100万円!
含み損を放置し続けてロスカット!
FXでやりがちな5つの失敗例と対策
ギャンブル感覚! 「勘で取引する」
相場分析で取引に根拠を持たせよう
どれも一緒でしょ? 「通貨ペア選びがテキトー」
メジャーな通貨ペアで取引する
とりあえず持っていたいから「ポジションを持ち越す」
その日のうちにポジションを決済する
常に相場は動くでしょ? 「時間帯の特徴を把握していない」
効率よく稼げる時間帯で取引する
イライラ取引! 「トレードルールを守らない(持っていない)」
トレードルールを厳守する
FX初心者が失敗しないために必要な3つの心得
FXの勉強を継続する
取引量を抑えて経験を積む
トレード記録をつける
まとめ あせらずに少しずつ失敗を減らそう!

FX初心者に多い3つの失敗と対策

FX初心者が失敗する理由

(引用:その他調査レポート等 | 一般社団法人 金融先物取引業協会

 

金融先物取引業協会が実施した調査結果によると、FXで損失を出すのは次の3つが主な原因となっています。

 

【損失を出す主な原因】

・損切りができない

・高レバレッジで取引する
・むやみにポジションを持つ

 

これらは初心者が失敗する代表的なパターンでもありますが、次の方法で解決することができます。

 

【初心者がとるべき対策】

・損切りポイントを決め、徹底する

・レバレッジを3倍までに抑える
・根拠が薄いときは取引を控える

 

同じ失敗をしないように、それぞれ確認しておきましょう。

 

 

あわせて読みたい:FXの損失者の割合は39.7%!初心者のため失敗回避策とお得な税金対策

初心者にもっとも多い失敗! 「損切りができない」

FX初心者にもっとも多い失敗

 

FX初心者でもっとも多い失敗パターンが、「損切りができない」ことです。

 

「我慢していれば、いずれ値段は戻ってくるだろう」と、わずかな損を嫌がり、結果としてさらに大きな損失を招いてしまいます。

 

どれだけ連勝しても、たったの1敗で資産をなくす恐れのあるFX。

 

いかに損切りを徹底するかが、成功へのポイントです。

 

損切を徹底して損失を小さく抑えよう

損切りの徹底は、取引でもっとも重要なスキルといえます。

 

なぜなら利益を残すためには、いかに損失を抑えるかがポイントになるからです。

 

具体的な損切りの方法としては、2%ルールが初心者でも実践しやすいでしょう。

 

取引1回あたりの最大損失額を証拠金の2%以内に抑えることで、相場の急変が起こったとしても損失を限定できるのです。

 

適切な損切りができてこそ、リスクをコントロールできる。

初心者のみんなもぜひトレードに採用してくれ。

 

 

あわせて読みたい:【OCO注文とは】利確・損切りを同時に発注!4つの活用方法と注意点

目先の利益に目がくらむ? 「高レバレッジの取引」

高レバレッジの取引でもFX初心者は失敗しやすい

 

レバレッジをかけ過ぎるのも、FX初心者がやってしまう失敗パターンといえます。

 

たしかに、少ない資金で大きな取引を可能にするレバレッジは、FXの大きな魅力です。

 

ですが、レバレッジが高いほど為替変動の影響を受け、わずかな値動きでもロスカットされやすくなります。

 

取引に慣れるまでは、高レバレッジでの運用は避けましょう。

 

レバレッジ3倍までに抑えて証拠金に余裕を持たせよう

レバレッジは3倍までに抑えましょう。

 

レバレッジを抑えるほど証拠金に余裕ができ、ロスカットされにくくなります。

 

レバレッジ

ロスカットレート

必要証拠金

証拠金維持率

1倍

0円

100,000円

2,500%

3倍

69.444円

33,333円

833%

5倍

83.333円

20,000円

500%

10倍

93.750円

10,000円

250%

25倍

100.000円

4,000円

100%

※米ドル/円で1ドル100円のときに1000通貨を取引した場合。
※ロスカット基準は証拠金維持率100%と仮定。

 

高いレバレッジほどリターンは大きいですが、含み損を抱えた場合に余力がなくなり、取引の継続が難しくなります。

 

証拠金に余裕を持たせるためにも、レバレッジは3倍までに抑えての運用がおすすめです。

むやみにポジションを持つ「ポジポジ病」

ポジポジ病もFX初心者に多い失敗

 

むやみにポジションを持つ、いわゆる「ポジポジ病」も初心者によく見られる失敗です。

 

利益ばかりに目が行くと、チャンスを逃したくないあまり、常にポジションを保有していないと落ち着かないんですね。

 

取引はリスクと隣り合わせなのを忘れてはいけません。

 

ポジポジ病にならないためにも、根拠に基づいたトレードを行いましょう。

 

根拠が薄いときは取引を控えて無駄な損失を避けよう

分析に自信がないときや想定している値動きでないときは、取引を控えましょう。

 

チャートを見ていると、ついポジションを持ちたくなりますよね。

 

しかし根拠が薄い取引はギャンブルと同じで、無駄な損失につながります。

 

今はチャンスがなくても、いずれ巡ってきます。FXでは「待つのも取引のうち」と覚えておいてください。

なぜ失敗してしまうのか?

FX初心者が失敗する原因は心理的な影響

 

FXで失敗する人に共通しているのは、「感情に左右されている」点です。

 

例えば損切りができないのは、「損をしたくない」という気持ちが優先されるから。

 

高レバレッジの取引は、「早く(もっと)稼ぎたい」という欲があるからです。

 

ポジポジ病も、「取引していないと不安になる」ためといえます。

 

感情に左右されないために、ルールを遵守して取引にのぞむことが重要だ。

失敗しないためには口座選びも大切! 初心者向けFX会社3選

FXで失敗しないためには、「どの口座を利用するか?」も大切なポイントです。

 

なぜなら、FX会社ごとに得意な分野が異なるので、自分に合った口座を選ぶ必要があるからです。

 

そこでここからは、初心者がどんなトレードスタイルでも利用できる、総合力の高いおすすめのFX会社を3つ紹介します。

 

 

取引コストが安く、分析機能が使いやすい「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
 
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円

0.2銭

0.4銭 0.9銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨 最大550,000円

スプレッドは原則固定(※例外あり)。キャンペーンスプレッドを含む。詳細は公式HPをご確認ください。
南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の取引単位は10,000通貨単位

 

・初心者も上級者も持ってて間違いなしの口座
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

 

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

 

初心者から上級者が使っているFX会社だ。

 

初心者からプロまで、GMOクリック証券が一番おすすめ!

 

 

 

100円からできるFX「松井証券」

松井証券
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.1銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨
マイナススワップが大きい
最大100万円

スプレッドは原則固定(※例外あり)
 

1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者向けセミナー動画が充実

 

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1通貨(ドル/円なら5円)から取引が可能!

 

レバレッジ1倍なら100円、25倍なら5円という少額で取引ができるのが最大の特徴よ。

 

少額から取引ができるので大損するリスクが無く、初心者でも安心して取引ができるわ。

 

 

 

低スプレッド・高スワップ!「GMO外貨」

 

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.4銭 0.8銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
最大1,000,000円

スプレッドは原則固定(※例外あり)
*キャンペーンスプレッドを含む。詳細は公式HPをご確認ください。

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

 

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

 

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

 

高機能の分析ツールが有名で、スマホでのツールも使いやすく人気の高いFX会社。

 

 

あわせて読みたい:【2024年最新版】おすすめFX会社!22社を21項目で徹底比較

サイト編集部 初心者時代の失敗談!

今でこそFXを続けられている私たち編集部ですが、実は初心者時代には多くの失敗を経験しています。

 

そこでみなさんの教訓にしてほしい、サイト編集部の初心者時代の失敗談を紹介しますね。

 

塩漬けポジションを解消するまでに1年!

買いポジションを持ったところ相場が予想と逆に動き、損切のタイミングも失って塩漬けしてしまいました。

その頃はあまり資金がなかったので、追加ポジションも持てず。

プラスに持っていくまでに1年かりました・・・。

 

ダマシにあって損失100万円!

ポン円で5分足の節目を超えたから買いエントリーしたら、ダマシですぐに逆行。

少し大きめの値動きで上がったり下がったりして、そのたびに損切りが増えていきました。

損を取り返そうと200万通貨で取引をしたら、今度は勢いよく一方向に動きだし含み損が拡大。結局100万近くの損失で一旦トレードを終了しました。

 

含み損を放置し続けてロスカット!

ドル/円の買いポジションを持ち、含み損が出るも放置。数日後に追加証拠金発生のメールが来るも、たくさん届くセミナーやキャンペーンの紹介だと思い無視しました。

その3日後の強制決済執行(ロスカット)メールに気付き、大損していたことが発覚。

損切り設定していたつもりでしたが、できていなかったのが一番の原因です。

 

 

これからFXを始める人たちには、なるべく私たちと同じ経験をしてほしくないと思っています。

 

大切なお金の運用なので、正しい知識と取引の仕方を学んでくださいね。

 

FXでやりがちな5つの失敗例と対策

先ほど紹介したFX初心者の失敗例は、特に多いケースです。

 

その他にも、FXでは下記の失敗も珍しくありません。

 

【FXでやりがちな失敗】

・勘で取引する

・通貨ペア選びがテキトー
・ポジションを持ち越す
・時間帯の特徴を把握していない
・トレードルールを守らない(持っていない)

 

これからFXを始める初心者は次の対策方法を学び、このような取引をしないように心がけましょう。

 

【失敗しないための対策】

・相場分析で取引に根拠を持たせよう

・メジャーな通貨ペアで取引する
・その日のうちにポジションを決済する
・効率よく稼げる時間帯で取引する
・トレードルールを作り、厳守する

 

また、すでにFXを始めていて当てはまる部分があれば、ひとつずつ解消していってくださいね。

 

 

あわせて読みたい:【悲惨】FXで借金した人のブログから分かる失敗する人の特徴と傾向

ギャンブル感覚! 「勘で取引する」

勘で取引するのは、失敗する確率が高いパターン。

 

というのも、トレードに再現性がなく、安定して勝ち続けられないからです。

 

勘による取引は相場予想に根拠がないので、たまたま勝てたとしても2度は同じように取引できません。

 

安定して勝てるようになるには、根拠あるトレードを行う必要があります。

 

相場分析で取引に根拠を持たせよう

FX初心者が失敗しないためには相場分析が必須

 

取引をするときには、必ず相場分析を行いましょう。

 

相場分析をすれば、通貨がどういった理由で動くのかを判断でき、予想の精度を上げられます。

 

「買い」や「売り」、注文のタイミングなど、相場分析をしてこそ根拠ある取引ができるんです。

 

根拠ある取引を続ければ、失敗するリスクも下げられる。

相場分析をおこたらず取引にのぞもう。

 

 

あわせて読みたい:【FXの注文方法】トレードスタイル別の最適な注文と適切な売買タイミング

どれも一緒でしょ? 「通貨ペア選びがテキトー」

FXでは多くの通貨ペアで取引できますが、テキトーに選ぶのは失敗の元です。

 

なぜなら、通貨ペアによってそれぞれ特徴が違うからです。

 

例えば米ドル/円などのメジャー通貨は、取引量も多く、値動きが安定しやすいという特徴があります。

 

一方マイナー通貨は、取引量が少なく、急な値動きを起こす可能性が高くなります。

 

失敗しないためには、通貨ペアの選択も大切なポイントなのです。

 

メジャーな通貨ペアで取引する

FX初心者が失敗しないためには通貨ペア選びも重要

 

初心者はメジャーな通貨ペアで取引しましょう。

 

なぜなら安定性と適度な値動きがあり、リスクを抑えつつも利益を上げやすいからです。

 

はじめての取引におすすめの通貨ペアは、日本人に馴染みの深い米ドル/円。

 

値動きも安定していて、単位も「円」表記でわかりやすく、分析材料も集めやすい通貨ペアです。

とりあえず持っていたいから「ポジションを持ち越す」

根拠もなくポジションを翌日や翌週に持ち越すのも、失敗するパターン。

 

流動性の少ない早朝や、市場が開く月曜の朝は、予期せぬ値動きも起こります。

 

「もっと大きく稼ぎたい」、「どうせ戻ってくるだろう」と、根拠もなくポジションを持ち越すと、大きな損失を抱える恐れもあります。

 

根拠や計画にもとづいて、ポジションを持ちましょう。

 

その日のうちにポジションを決済する

FX初心者が失敗しないためにはポジションをその日のうちに決済させる

 

中・長期での運用をしないのであれば、ポジションはその日のうちに決済させましょう。

 

そうすれば、寝ている時間や相場が休みの日に起こるリスクを負わずに済みます。

 

また1日単位で取引なら資金管理も1日ごとにまとめられるので、取引量やレバレッジの調整がしやすくなります。

 

予期しないリスクを避けるためにも、取引は1日の中で完結させてくださいね。

常に相場は動くでしょ? 「時間帯の特徴を把握していない」

相場は時間帯ごとに値動きの仕方が変わってきます。

 

大きく動く時間帯、ほとんど動かない時間帯など、それぞれ特徴があるのです。

 

効率的に利益を上げるには、値動きが大きくなりやすい時間帯を知る必要があります。

 

いくら動かない時間帯にがんばって取引しても、利益をだすのは難しいでしょう。

 

時間帯ごとの特徴を把握して、相場にのぞむのが大切です。

 

効率よく稼げる時間帯で取引する

FX初心者が失敗をしないためには値動きのある時間帯を狙うのが大切

 

効率よく利益を上げるには、取引が活発になる時間帯を狙うのがポイントです。

 

取引が活発になるとトレンドが発生しやすくなるので、大きな値幅を狙えます。

 

例えば日本時間の16時以降はロンドン市場が開き、ユーロやポンドなどの値動きが大きくなります。

 

そして21時にはニューヨーク市場が開き、米ドルとの通貨ペアが多く売買されるので、米ドル/円を取引するなら狙い目です。

 

21時以降は1日の中で値動きがピークを迎える。

ただし重要指標が発表されると相場が荒れることもあるため、FX会社の経済指標カレンダーをチェックしておこう。

イライラ取引! 「トレードルールを守らない(持っていない)」

トレードルールを守らない・持っていないと、淡々と取引を行うことができません。

 

先述したように、FXの失敗原因は感情によるものが大半です。

 

稼げない焦りや損を出した怒りなど、感情的な取引をすれば失敗する可能性が高くなるでしょう。

 

利益を積み上げていくためには、感情を排除して淡々と取引を繰り返すのが重要なんです。

 

トレードルールを厳守する

トレードルールを作り、必ず守ると意識しましょう。

 

ルールがあれば、それに沿った取引を心がけることで、感情による影響を大幅に軽減できます。

 

初心者の中には、どんなことをトレードルールに組み込んでよいかわからない人もいると思うので、下記の表を参考にしてみてくださいね。

 

決める項目 具体的な内容
資金と取引量 ・初心者は10万円以上がおすすめ
・レバレッジを3倍までに抑えた取引量で行う
通貨ペア ・初心者には米ドル/円が取引しやすい
・安定性と適度な値動きのあるメジャー通貨ペア
時間帯 16時~翌1時が値動きが大きくなりやすい
損切り目安 口座資金の2%が目安
損失・利益の割合 1:2以上にすると、勝率が少し下がってもトータルで利益を残しやすい
ポジション保有期間 初心者は1日の間に決済し、持ち越さないことでリスクを軽減できる
取引の手法 ・ボリンジャーバンド + MACDがわかりやすい
・トレンドに沿った順張りがおすすめ(初心者は逆張りしない)
取引を控えるケース 相場分析をしても方向感が定まらないときは取引を控える

 

もちろんいきなり完ぺきなルールはできませんから、検証・改善を繰り返して少しずつ良くしていきましょう。

FX初心者が失敗しないために必要な3つの心得

FX初心者が失敗しないための心得

 

ここでは、FX初心者が失敗しないために必要な3つの心得を紹介します。

 

・FXの勉強を継続する
・取引量を抑えて経験を積む
・トレード記録をつける

 

上記を実践することで、失敗する確率はグッと下がるでしょう。

 

FXの勉強を継続する

FXで失敗しないためには、継続して勉強する努力が必要です。

 

最近ではシステムやAIも発達し、新しい手法や分析法などが次々と出ています。

 

トレードの基礎的な知識はもちろんのこと、さまざまなサイトや書籍などから、最新の情報を仕入れてレベルアップしましょう。

 

より上手くなるために、常に勉強していくことが重要です。

 

 

あわせて読みたい:【FXの初心者講座】これで基礎知識とやり方がわかるガイドBOOK!

 

取引量を抑えて経験を積む

初心者のうちは、利益よりまず経験を積んでいきましょう。

 

大きな取引量は思っている以上に精神的負担がかかるので、トレードルールを守れなくなる可能性があります。

 

まずは経験を積んで、トレードルールを遵守できる基盤作りが大切です。

 

ですから、取引量を抑えて経験を積むよう意識してください。

 

 

あわせて読みたい:【少額FXでおすすめの口座3選】小さく始め大きく稼ぐ2ステップ!

 

トレード記録をつける

感情的にならないためには、トレード記録をつけることが最も有効です。

 

トレード記録をつければ、自分の取引のクセを把握できます。

 

自分の勝ちやすい・負けやすいパターンを知ることで、トレードルールの改善に役立ちますよ。

 

トレード記録をつける際は、自分の取引を分析できるツールを使うと便利だ。

DMM FXの取引通信簿では、項目ごとにグラフで分析結果が見れるためわかりやすいぞ。

まとめ あせらずに少しずつ失敗を減らそう!

今回はFX初心者の失敗談や大損しないためのポイントを解説しました。

 

FX初心者の失敗は、ほぼ共通しています。その失敗の原因を知るだけでなく対策方法も学べば、大損を避けた取引ができますよ。

 

それでは今回の内容をおさらいしましょう。

 

失敗と対策方法】

損切りができない:損失を証拠金の2%以内にする
高レバレッジの取引:レバレッジ3倍までに抑える
ポジポジ病:根拠が持てない時は取引しない
勘での取引:相場分析で取引の根拠を持つ
通貨ペア選びがテキトー:メジャーな通貨ペアを選ぶ
ポジションの持ち越し:1日のうちに決済する
時間帯の特徴を知らない:16時以降で取引する
トレードルールを守らない:厳守して感情の影響を減らす

 

もちろん記事を読んだだけでは、すぐに失敗がなくなるわけではありません。

 

しかし紹介した内容を実践すれば、少しずつ失敗を取り除いていけるようになるので、あせらずに取り組んでくださいね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

参考元