時代とともに進化する自動売買、利用者も年々増加中。FXの自動売買はリスクが高いと思っている人は、この記事をぜひ読み進めてください。実は中長期の資産運用にはもってこいの投資だったんです。そのメリットデメリットを改めて確認していきましょう。
【FX自動売買】儲かるか調査!アプリも使いやすいツール3選と運用法

「FXの自動売買に興味があるけど本当に儲かるの?」

「機械にトレード任せるなんでリスク高くない?」

「FX初心者が自動売買をやるは難しい?」

 

この記事を読んでいる方の中にはこうした疑問や不安を持つ方も多いのではないでしょうか。

 

こんにちは、FX歴4年の松岡です。

FXの自動売買が本当に稼げるのか、どうやって運用するのかについて改めて調べました。

 

私が自動売買に興味を持ったきっかけは、外為オンラインでは90%以上が利益を出したという実績や、オレ的ゲーム速報のJINさんが約2年で利益率40%になったという話を聞いたからです。

 

そこで自動売買で稼いでいる人がどうやって運用しているのかを探り、共通点をまとめました。

 

また、実際に自分で複数のデモトレードを使ってみた結果、FXの自動売買には3つのタイプがあり、リピート型が最も使いやすいのがわかったのでその理由を紹介しています!

 

 

この記事でわかること
FXの自動売買でどのくらいの人が儲かっているのか
FX自動売買のメリットとデメリット
初心者向けのFX自動売買プログラム
高確率で利益を出す自動売買運用のポイント3つ

 

FXの自動売買とは?
自動売買ができるFX会社を比較!
裁量取引との違い
FXの自動売買で運用して本当に儲かるのか?
外為オンラインでは利用者の90%以上の人が利益を出す実績
FXブロードネットでは2か月で47万5,407円の利益を出す実績
投資家JINはマネースクエアのトラリピで爆益400万円
アプリも使いやすい! 儲かるおすすめ自動売買ツール3選
FXの自動売買システムは3タイプある
①リピート型
②プログラム選択型・設定型
③プログラム開発型
各FX会社の自動売買タイプ一覧
FXの自動売買はリピート型から始めるのがオススメ
こんな場合は危険! おすすめしない自動売買とは
海外のFX会社はトラブルが多い
SNSでの誘いは詐欺の可能性
金融商品取引業者を利用しよう
FXで自動売買をする4つのメリット
①時間の拘束が無い
②感情に左右されない取引ができる
③資産運用として効率的
④知識や経験が少なくてもOK
FXの自動売買をするデメリット
①相場の急変時はリスクが高くなる
②裁量トレードよりも含み損が多くなる
③開発者不明のプログラムも多い
FXの自動売買で利益を出す3つのポイント
運用資金は100万円以上が理想的
運用期間は1か月以上
想定変動幅に達したらプログラムを停止する
まとめ 運用のポイントをおさえて自動売買しよう

FXの自動売買とは?

FXの自動売買とは?

 

FXの自動売買とは、決められた売買ルールに従って自動的に発注と決済を行うFXの取引方法です。

 

「システムトレード」とも呼ばれます。

 

売買ルールを決めるプログラムは多種多様にあり、プロや専門家が作ったプログラムの中から選ぶことも、自分で一からプログラムを設定することも可能です。

 

自動売買プログラムは年々精度が高くなっているにも関わらず、取り扱いもさほど難しくないので、FX初心者にも人気です。

 

事実、FXの自動売買を使った取引量は少しずつ増加しており、2021年4月の調査では、FX取引額のうち約20%が自動売買で運用されているのが分かっています。

 

 

 

自動売買ができるFX会社を比較!

      FX会社       システムの種類 取引単位 売買手数料 デモトレード スマホアプリ
外為オンライン リピート型 1000通貨 片道20円
インヴァスト証券 トライオートFX プログラム選択型
(リピート系)
1000通貨 片道20円
FXブロードネット リピート型 1000通貨 片道20円
アイネット証券 リピート型 1000通貨 無料
ひまわり証券 リピート型 1000通貨 無料
みんなのFX プログラム選択型
(みんなのシストレ)
1000通貨 無料
FXプライム byGMO プログラム設定型
(ちょいトレFX)
1000通貨 無料
マネーパートナーズ プログラム設定型 1000通貨 無料
FXTF プログラム開発型 1000通貨 1万通貨あたり20円

 

 

裁量取引との違い

自動売買と裁量取引には、次の違いがあります。

 

  自動売買 裁量トレード
取引方法 自動 手動
相場分析 プログラム選択の前に必要 取引毎に必要
運用期間 長期 短期~長期
取引コスト
少額取引
取引の自由度
精神的負担の少なさ
肉体的負担の少なさ
向いている人 ・コツコツと利益を積み上げたい
・取引に割ける時間が少ない
・感情に流されやすい
・1回で大きな値幅を狙いたい
・自身で適切な売買判断ができる
・トレードルールを厳守できる

 

もっとも大きな違いは、トレーダー自身で取引を行うかどうかです。

 

裁量取引では相場分析をしてエントリー・決済のタイミングを自分で判断する必要がありますが、自動売買ならプログラムを停止させるまでは自動で取引を繰り返してくれます。

 

FXの自動売買で運用して本当に儲かるのか?

お金の取引を機械任せにするだなんて、、、と不安に思う方もいらっしゃると思います。

 

FX会社が公式に発表しているデータを元に、FXの自動売買がどれくらい儲かるのかどれくらい損失が出るのかを紹介します。

 

 

 

外為オンラインでは利用者の90%以上の人が利益を出す実績

外為オンラインの公式YouTubeチャンネルで公開されている情報を元に実績を紹介します。

 

 

運用資産別データを見ると、2017年1月1日~2021年4月30日の期間で100万円以上を運用した口座のうち、90.75%が利益を出しているという結果が出ています。(動画1:07~

 

データをさらに取引コース別に分けると、少ロットから注文のできるminiコースでは98.35%の口座がプラスになっているようです。

 

また、運用期間別にみると、30日以上自動売買を続けた口座のうち72%以上が利益を出しているということもわかりました。(動画4:39~

 

つまり、実績データに基づいて適切な資金と期間で自動売買を運用すれば、利益を出せる可能性がかなり高いのだ。

ちなみに2022年1月3日~2022年6月30日の期間データでは、実績が99.62%に上がっているぞ!

 

 

 

FXブロードネットでは2か月で47万5,407円の利益を出す実績

トラッキングトレード ガチンコバトル!

 

FXブロードネットでは「ガチンコバトル運用実績」と題して、トラッキングトレードを使っている4人の代表トレーダーの収益額を公開しています。

 

ガチンコバトルでは、各トレーダーの2か月間の運用結果を金額で比較しているのでリアルな利益額と損失額がわかります。

 

300万円の資金に対して一番稼いだトレーダーは47万5,407円の利益

 

2021年10月4日~2021年12月31日の運用実績では、300万円の資金に対して一番稼いだトレーダーは47万5,407円の利益でした。

 

必ず利益が出ているというわけではなく、過去のガチンコバトル結果を見ると、4,000円しか利益が出ていない期間もあれば140万円以上の損失を出している期間もあります。

 

ただし、2020年3月からのガチンコバトルでの通算損益では5人とも50万~300万を稼いでいるので、長期的にみると利益が多いようですね。

 

 

 

投資家JINはマネースクエアのトラリピで爆益400万円

 

投資家でYouTuberのJIN氏が、自身の自動売買の結果と運用方法を動画にしており、参考になるので紹介しますね。

 

動画では、2019年4月下旬~2021年下旬まで1000万円を運用をした結果を公開しています。

 

運用結果は、確定利益4,322,790円、含み損約30万円とのこと。つまり約400万円の利益が出ています! 利益率まさかの40%!

 

利用されているのは、マネースクエアの『トラリピ』で、動画内で紹介されている自動売買戦略は以下の通りです。

 

  • クロス円(米ドル、ポンド、豪ドル、カナダドル、NZドル)の分散投資
  • 円高になったら買って、円安になったら売るを繰り返すだけ
  • 経済圏の近い豪ドル/NZドルでレンジ相場を狙う

 

資金が多い分、利益額も半端ないですね。(笑)

アプリも使いやすい! 儲かるおすすめ自動売買ツール3選

数ある自動売買ツールの中でもおすすめなのは、次の3つです。

 

 

自動売買をする際は儲かるかどうかを知るために、実績が気になるものですよね。

 

紹介する3つは利益になった口座の割合が公表されていたり、収益率を取引画面で見ることができます。

 

また現在はスマホだけでFXをする人も多いですが、アプリが使いやすいのでPCがなくても手軽に自動売買ができますよ。

 

 

 

自動売買で寝ながら稼ぐ「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
1.0銭 2.0銭 4.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
150,000円

 

自動売買で利益を出している割合99.62%!
・簡単な設定でOK。24時間自動で取引をしてくれる
・FXの勉強や知識不要。初心者でも運用可能。

 

自動売買で初心者でもプロのようなトレードが可能!

 

外為オンラインが提供する「iサイクル2取引」を使えば、簡単な設定で自動売買ができるぞ。

 

仕事をしている時も、寝ている時もシステムが自動で売買して、コツコツ利益を貯めてくれる。

 

 

 

24時間自動で稼ぐ! 選ぶだけの簡単な自動売買「インヴァスト証券」

インヴァスト証券 トライオートFX
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
53,000円

 

・2年間で24戦中19勝。高い勝率
・5分で設定完了。選ぶだけで簡単に自動売買ができる

 

収益率160%! 2年間で24戦中19勝の高い勝率。

 

ランキングから収益率が高いプログラムを選ぶだけの簡単操作だよ。

 

自動売買を始めた62%はFXの初心者。初心者でも気軽にできるのが自動売買の強みだね。

 

 

 

利益実績86%! 自動売買なら「FXブロードネット」

FXブロードネット
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
500,000円

 

自動売買の利益実績86%!
・1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・自動売買のユーザーの62%がFX初心者

 

トラッキングトレード(自動売買)で利益が出た設定数の割合は86%と非常に高いわよ。

 

自動売買はプロがやるものと思っているかもしれないけど、FXブロードネットの自動売買をやる人の62%はFX初心者。

 

5分程度の設定で簡単に自動売買ができるから、FX初心者でも運用できるのが特徴よ。

 

 

FXの自動売買システムは3タイプある

・FXの自動売買プログラムには3タイプある.jpg

 

ここからは、FXの自動売買システムについて簡単に説明をさせてください。

 

自動売買をする取引ルールのことをプログラム・EA・ストラテジー・ロジックなどと呼んだりします。

 

その取引ルール(プログラム)は、次の3種類のシステムに分けられます。

 

【自動売買の3つのタイプ】

①リピート型
②プログラム選択型(設定型)
③プログラム開発型

 

それぞれの特徴を簡単に説明していきます。

 

 

 

①リピート型

リピート型の自動売買とは、想定変動幅の間で自動発注を繰り返すシステムです。

 

【例えば】

リピート型自動売買

ドル円相場で想定変動幅を110円~115円とし、「買い」エントリーのリピート型プログラムを運用した場合。

 

110円から115円を推移するチャートの中で買い注文と売り決済を繰り返します。

 

取引の仕組みがシンプルでわかりやすいため、自動売買の初心者に人気です。

 

外為オンラインのiサイクル2取引や、FXブロードネットのトラッキングトレードなどがリピート型自動売買にあたります。

 

 

②プログラム選択型・設定型

選択型・設定型とは、あらかじめ用意されたプログラムの中から、好みのプログラムを選択していくタイプのシステムです。

 

リピート型もプログラム選択型に含まれ、自動売買を提供するほとんどのFX会社がこのタイプです。

 

例えば、トライオートFXでは「ロジック」と呼ばれるプログラムの中から投資戦略に合わせてプログラムを選ぶことができます。

 

その中にはリピート型のプログラムもあれば、複数通貨の取引をおこなうプログラムもあります。

 

リピート型よりも幅広く注文の設定ができるのが特徴で、FXに慣れてきた中級者以上にオススメだ。

 

 

③プログラム開発型

プログラム開発型は、自身で開発したプログラムを使うタイプのシステムです。

 

ポジション保有数、エントリータイミング、決済タイミング、損切タイミングなど全て自分で決めたプログラムを開発して使います。

 

こうした独自で開発したプログラムのことを、Expert Advisorの略でEA(イーエー)と呼びます。

 

EAの開発には、FXの知識だけでなくプログラミングの知識が必要です。

 

そのため、プロトレーダーや投資家といわれるFX上級者向けと言えるでしょう。

 

 

各FX会社の自動売買タイプ一覧

自動売買 FX会社 ツールの種類 使い易さ 売買手数料 スプレッド
(ドル/円)
運用確認
外為オンライン リピート系 片道20円
(1000通貨の場合
2pips相当)
0.9 デモトレード
インヴァスト証券 トライオートFX プログラム
選択型
片道20円
(1000通貨の場合
2pips相当)
0.3 過去実績詳細
FXブロードネット リピート系 片道20円
(1000通貨の場合
2pips相当)
0.2 デモトレード
ひまわり証券 プログラム
選択型
無料 2 デモトレード
アイネット証券 リピート系 無料 2 デモトレード
セントラル短資FX プログラム
選択型
無料 2.4 過去実績詳細
デモトレード
みんなのFX プログラム
選択型
無料 不明 過去実績詳細
マネースクエア リピート系 無料 3.4 簡易シミュレーション
マネーパートナーズ プログラム
設定・開発型
無料 0.3 バックテスト
FXプライム byGMO プログラム
設定・開発型
無料 1 バックテスト
FXTF プログラム
設定・開発型
10,000通貨あたり
20円
0.1 デモトレード
バックテスト

 

FXの自動売買はリピート型から始めるのがオススメ

「FXの自動売買が初めて」または「FX自体が初めて」という方には、リピート型自動売買がオススメです。

 

なぜなら、リピート型の次の特徴が初心者に合っているからです。

 

・取引ルールが比較的にシンプル
・プログラムが選びやすい
・実績を出しているプログラムも多い

 

取引ルールがわかりやすいと、相場の急変が起きたときに自分のプログラムを止めたほうがいいのかどうか判断できますよね。

 

また、一番メリットがあるのはプログラムが選びやすい点です。

 

自身の資金量や、通貨ペア、実績値などの選択肢から選んでいくだけなので、本当に簡単でした。

 

さらに、リピート型プログラムの精度は年々高くなっており、記事序盤で紹介した通りの実績を誇っています。

 

こうした特徴からも、これから自動売買を始める方にはまずリピート型自動売買をオススメします。

 

 

こんな場合は危険! おすすめしない自動売買とは

おすすめしないFXの自動売買

 

初心者向けの自動売買を紹介しましたが、どんな口座もおすすめするわけではありません。

 

次のような場合は注意が必要です。

 

・海外のFX会社
・SNSでの勧誘

 

自動売買を怪しいと感じている人もいると思いますので、どんな問題があるのか見てみましょう。

 

 

 

海外のFX会社はトラブルが多い

海外のFX会社は利用しないのが無難です。

 

自動売買をして利益が出ているのに、出金に応じてもらえない可能性があります。

 

所在が海外であっても、日本で金融商品取引業を行うには金融庁への登録が必要ですが、無登録の海外業者は多いです。

 

海外が所在の無登録業者は実態の把握が難しく、トラブルが起きても問題を解決できない恐れがあります。

 

金融庁や国内のFX会社からも注意喚起がされているぞ。

 

 

SNSでの誘いは詐欺の可能性

SNSで自動売買の勧誘を行っている場合は、詐欺の可能性が高いです。

 

実際に勧誘に乗ってしまい、高額の自動売買をソフトを購入してお金をだまし取られた被害が出ています。

 

度々ニュースにもなっていますが、詐欺の手口は巧妙化しており、国民生活センターへの相談も増えているようです。

 

「絶対稼げる」「必ず儲かる」といった言葉を目にしたら、まず疑うようにしましょう。

 

金融商品取引業者を利用しよう

トラブルや詐欺を避けるには、金融庁に無登録の業者は利用しないのが一番です。

 

この記事で紹介している国内のFX会社は、金融商品取引業者として金融庁に登録されています。

 

せっかく投資をするのに、大切なお金をだまし取られては意味がありません。

 

国内のFX会社が提供する無料の自動売買ツールでも十分に資産運用できますので、ぜひ安全にFXライフを送ってくださいね。

 

 

FXで自動売買をする4つのメリット

自動売買のメリット.jpg

 

自動売買のリスクを解説しましたが、ここからは改めて魅力を紹介します。

 

FXで自動売買をする主なメリットは次の通りです。

 

【4つのメリット】

①時間の拘束が無い
②感情に左右されない取引ができる
③資産運用として効率的
④知識や経験が少なくてもOK

 

 

①時間の拘束が無い

自動売買の良さの一つ目は、トレードに費やす時間を最小限にできる点です。

 

FXの自動売買は一度プログラムを選んで起動してしまえば、少なくとも一ヵ月は手放しにできます。

 

そのため、取引タイミングを考えたり注文を発注する手間が全く無く、FXの拘束時間が圧倒的に少なく済むのです。

 

自動売買にかかる時間的コストは、最初のプログラム選びと定期的な相場分析だけなんです。

 

 

②感情に左右されない取引ができる

FXの自動売買の2つ目のメリットは、感情に流されたトレードができない点です。

 

先述した通り、自動売買はルールに従って自動的に注文と決済が行われます。

 

そのため、焦りや不安からくる発注や決済を取り除けるのです。

 

  • 損失を取り戻そうと見込みのない相場で発注してしまった。
  • まだ利益が出ると思って決済せずにいたら、利益が減ってしまった。

 

こういった苦い経験に思い当たりはないですか?もしあるとしたら、自動売買で解決することができますよ!

 

 

③資産運用として効率的

FXの自動売買は資産運用としても効率が良い投資です。

 

なぜなら、FXの自動売買には次の特徴があるからです。

 

・レバレッジをかけられる
・時間的拘束が少ない

 

レバレッジによって資金の倍の金額を運用できるうえに、通常の取引よりも時間的拘束も少ないので資金的にも時間コスト的にも効率の良い投資になります。

 

ただし、外貨預金や投資信託のように手放しにとはいきません。定期的なプログラムの見直しと相場分析が必要です。

 

 

④知識や経験が少なくてもOK

自動売買ときくと投資上級者が使うイメージを持つ方も多いと思いますが、実はFX初心者にとってもハードルの低い投資方法なんです。

 

なぜなら、一見難しそうに思える自動売買プログラムは、プロが作ったプログラムを使えるからです。

 

プログラムは、資金量やリスク、実績ランキングなどを基準に選べるので、為替相場の知識や取引経験が無くても選択できます。

 

トライオートFXの利用者経験年数グラフ

 

事実、FXの自動売買を提供するトライオートFXでは、利用者の61%がFX未経験者と回答しています。

 

FXの自動売買をするデメリット

FX自動売買のデメリット.jpg

 

FXの自動売買には、自動売買がゆえのデメリットがあります。

 

①相場の急変時はリスクが高くなる
②裁量トレードよりも含み損が多くなる
③開発者不明のプログラムも多い

 

自動売買を始めてから「こんなことになると思わなかった!」と、ならないようデメリットを必ず知っておきましょう。

 

 

①相場の急変時はリスクが高くなる

相場の流れが大きく変わったときはリスクが高くなります。

 

理由は、自動売買のプログラムは一定の値幅やトレンドに対して「買い⇒売り」または「売り⇒買い」を行うからです。

 

例えば、値動きが1ドル=110円~115円の間で推移するのを想定しているプログラムの場合、相場が110円以下で推移するようになってしまうと損失だけが増加します。

 

徐々に推移する値幅が変わっていくようであれば、焦らずにプログラムの運用を切り替えられます。

 

しかし、天災や地政学的リスクによる急激な相場の変化があった場合は、含み損や損失が一気に出てしまうリスクがあるため注意が必要です。

 

【ロシアルーブルにみる相場急変の事例】
rubjpy

直近では、ロシアルーブルの下落などがまさに事例に当てはまります。

 

2022年2月下旬、ロシアのウクライナ侵攻に対して、各国が経済制裁を行ったのをきっかけにロシアルーブルは約1.5円から約0.8円まで値を下げました。

 

現在も1ルーブル=1円以下の水準が続いています。

 

もし、このとき自動売買でルーブルを運用している人がいた場合は損失が大きく出ていたことでしょう。

 

運用する通貨国に関する経済情報や情勢をチェックしておくのが、リスクが高くなる前に対策できる肝心な方法です。

 

ルーブルを取り扱う為替取引はほとんどないのでFX市場自体に影響はありませんでした。

 

しかし、今後のウクライナ危機に対してEUやアメリカの出方が変われば為替市場に大きく影響する可能性をもっています。

 

 

 

 

②裁量トレードよりも含み損が多くなる

FXの自動売買では、運用期間中の含み損が多くなります。

 

理由は、多くのポジションを同時に保有するためです。

 

裁量トレードでは、自分で管理できる範囲でしかポジションを持ちませんが、自動売買では10個でも50個でも同時にポジションを持てます。

 

そのため、一時的な含み損を抱える場合は、ポジションの分だけ含み損も多くなるのです。

 

含み損が多くなり不安になるだろう。

そんな時はプログラムの想定値幅と現在相場の値幅を比べて、一時的な含み損なのか相場急変による損失拡大なのかを判断しよう。

 

 

③開発者不明のプログラムも多い

FXの自動売買には、FX会社から提供されているプログラム以外に、作成者不明のプログラムが星の数ほど作成されています。

 

なぜなら、MT4という取引ツールを利用するなら独自に開発したプログラムを使えるからです。

 

オリジナルのプログラムがネット上で配布されていることも珍しくなく、無料で手に入れられます。

 

しかし、中には開発者や詳しい取引ルールの内容が不明なプログラムもあり、実績があるというだけで利用するのは得策ではありません。

 

自動売買プログラムを運用するならば、どういう相場でどういう取引をするプログラムなのかトレーダは必ず知っておきたいですね。

 

FXの自動売買で利益を出す3つのポイント

自動売買で利益を出すポイント.jpg

 

FXの自動売買をこれからはじめる方には、ぜひ知っておいてもらいたい自動売買で利益を出すコツをお伝えします!

 

【利益を出すポイント】

①運用資金は100万円以上が理想的
②3か月は運用する
③想定変動幅に達したらプログラムを停止する

 

ここで紹介するコツは、外為オンラインやFXブロードネットで公開されている実績を元に、利益を出している自動売買の共通点です。

 

 

運用資金は100万円以上が理想的

FXの自動売買では、運用資金が100万円以上ある方が利益を出せる可能性が高いです。

 

これはリピート型の特性から、含み損に耐えて利益に転じるポジションが多いことと、ポジションを複数持って機会損失を逃していないのが要因だと推測できます。

 

外為オンラインFXブロードネットの顧客実績からも、その傾向がみてとれます。

 

【iサイクル2取引全体 運用資産別損益比率】

  1万未満 5万未満 10万未満 100万未満 100万未満 100万以上
益比率 30.29% 43.58% 61.15% 75.92% 83.96% 90.75%
損比率 69.70% 56.41% 38.84% 24.07% 16.03% 9.24%

 

100万円以上で運用する口座では、なんと90%以上のユーザーが利益を出しています。

 

また、資金が50万円未満で運用する口座とでは、約15%も益口座の比率が違い、資金額が上がるにつれて益口座が増加しているのがわかります。

 

 

【トラッキングトレードの場合】

ガチンコバトルの運用実績 (投資金30万円に対する実現損益)

 

ガチンコバトルの過去の運用結果を見てみると、投資資金30万円で運用していた全10回の取引では、損失が沢山出ています。

 

一方、投資資金300万円で運用している期間は、どうでしょうか。

 

ガチンコバトルの運用実績 (投資金300万円に対する実現損益)

 

損失が出てはいるものの、トータルでは利益の方が多く全員が勝つ結果となっています。

 

また、利益率の面でも資金30万円に比べて高い結果が出ました。

 

つまりFXの自動売買を運用するなら、資金は潤沢にある方が利益が損失を上回りやすいのだ。

 

 

運用期間は1か月以上

FXの自動売買を始めるなら、1か月以上は運用してみましょう。

 

なぜなら、FXの自動売買プログラムは中長期での運用を想定して作られているからです。

 

事実、外為オンラインのiサイクル2取引では、30日以上運用した口座の70%以上が利益を出したのが分かりました。

 

またトライオートFXでは、運用期間は3か月以上を推奨しています。

 

自動売買プログラムの検証テストでも、運用期間3か月以降に利益が上回る可能性が高いという結果を出しています。

 

① 自動売買セレクトを稼働させてからは、3か月以上の運用を目安にする
② 自動売買セレクトは、1年半でシミュレーションをしているため短期間での取引を想定していない

以上の2点をしっかりと理解した上で、「自動売買セレクトを稼働している期間(※)」を確認してみましょう!その上で、稼働停止をするか継続するかのご判断をして頂くことをおすすめします。

 

(引用元:INVAST NAVI 『その自動売買セレクト、稼働期間はどのくらいですか?』

 

 

 

想定変動幅に達したらプログラムを停止する

想定変動幅の上限・下限にチャートが達したら、プログラムを停止し手動の損切決済を行いましょう。

 

なぜなら、想定変動幅というのは過去の高値・安値を基準に決めるからです。

 

トレンドラインは過去の高値同士、安値同士を結んだラインになっています。

 

つまり、想定変動幅を超えるということはトレンドラインを突破し、相場が損失方向に切り替わった可能性があります。

 

チャートが想定変動幅に近づいてきたら1日3回はチャートをチェックし、プログラムの停止タイミングを計ろう。

 

まとめ 運用のポイントをおさえて自動売買しよう

今回はFXの自動売買について初心者にもわかるよう、ポイントを押さえて説明して参りました。

 

自動売買はトレーダーに代わって取引を繰り返す便利なツールですが、上手に運用するにはリスク対策も必要です。

 

最後に今回の内容をおさらいしましょう。

 

FXの自動売買は運用方法次第では利益を出せる可能性が高く利用者も増加している投資
FXの自動売買には種類があり、シンプルでわかりやすいリピート型が初心者には向いている
FXの自動売買を運用するコツは、潤沢な資金・中長期での運用・想定変動幅での損切が大切

 

また数ある自動売買の中でも使いやすく、特に初心者におすすめなのは次の3つです。

 

 

当サイトには、他にも多くの自動売買に関する記事を用意しています。

 

リスクについてもっと知りたい!自動売買プログラムについて詳しい情報が欲しいという方はぜひ読んでみて下さいね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

参考元
一般社団法人 金融先物取引業協会 店頭外国為替証拠金取引の実態調査結果について
FX【ガチンコバトル】の運用実績|トラッキングトレード|FXブロードネット
運用停止の判断基準|FXトラッキングトレード手法・設定のコツ|FXブロードネット
1年3か月で累計実現損益+3,000,000円以上を達成したチャーティスト先生に聞く!|FXブロードネット
トラッキングトレード設定のコツ20220311|怠け者の楽々投資|FXブロードネット
本当?!「トライオートFX」利用者の実態!
トライオートFXの「運用資金」「有効比率」ってどれくらい?!
『その自動売買セレクト、稼働期間はどのくらいですか?』
外為オンライン iサイクル2取引™がさらに使いやすくバージョンアップのお知らせ
【公式】外為オンラインFXセミナー YouTube
オレ的ゲーム速報JIN FX・株投資部 YouTube