日本の住宅は「先進国中、ダントツで低性能」…“寒さ、結露、高い光熱費”は当たり前ではない 写真提供:HAN環境・建築設計事務所

「日本の住宅性能は先進国では最低レベルだ」と聞くと、驚く方も多いのではないでしょうか。欧州では、新築住宅で結露が起こると施工者が責任を問われるといいます。「結露は発生するもの」…と、当然のように思っていた住宅の不便は、実は性能に気をつければ解消されるものなのです。ここでは、住まいるサポート株式会社代表取締役の高橋彰氏が、「性能にこだわった住まいづくり」に必要な知識を紹介・解説していきます。

【関連記事】タワマン住民激怒…古くなったのに「家賃が高くなる」裏事情

実は…日本の住宅断熱性能は先進国で断トツ最低レベル

専門家の中では常識なのに、一般の方々はあまり知らない…ということはいろいろありますが、「日本の住宅は先進国の中で断トツに性能が低い」という事実もその一つです。

 

多くの日本人は、我が国の住宅の性能は、先進国の中でも優れていると思っているようです。ところが実は、先進国はおろか、今や中国や韓国よりも大幅に性能が劣っているのです。その結果として、冷暖房光熱費を無駄にしており、多くの方々が健康を害し、快適な暮らしを送ることができなくなっています。

 

あまり知られていない驚くような事実が、日本の住宅業界には多くあります。知らないまままで家を建てるのと、知った上で建てるのでは、人生の質までガラリと変わってきてしまいます。

 

日本は物質的には充足しており、もはや新たに欲しいものはない、という声も耳にします。ですが、こと住宅については、質の面で全く充足していません。

 

ただ、多くの消費者は「住宅って、そんなものなのだろう」と思っているだけなのです。

 

◇日本だけ「省エネ基準への適合」が義務化されていない

 

日本の住宅性能に関わる制度は、2つの面から遅れています。

 

まず1つは「省エネ性能」です。

 

先進国は、住宅の断熱性能や省エネ性能について、基準を定めています。特に欧州各国は、近年、住宅の省エネ性能を高める施策に力を入れています。概ね3~5年ごとに省エネ基準が改正され、どんどん厳しくなっていっています。[図表1]は、ドイツの省エネ基準強化の推移に日本の現行基準のレベルを表記したものです。

 

出典:一般社団法人日本エネルギーパス協会
[図表1]ドイツの省エネ基準強化の推移と日本の現行基準 出典:一般社団法人日本エネルギーパス協会

 

図を見ていただければわかる通り、我が国の省エネ基準は、ドイツの1984年と1995年の基準の間ぐらいのレベルにとどまっています。実質的には、平成11年基準といわれる20年以上も前に定められた基準のままです。

 

その後省エネ基準の改正は何度か行われ、計算のロジック等は変化してきていますが、住宅に要求される断熱性のレベルはほとんど変わっていません。

住まいるサポート株式会社 代表取締役
一般社団法人日本エネルギーパス協会 広報室長 

神奈川県出身。東京大学修士課程(社会人特別選抜 木造建築コース)に在学中。千葉大学工学部建築工学科卒。リクルートビル事業部、UG都市建築、三和総合研究所、日本ERIなどで都市計画コンサルティングや省エネ住宅に関する制度設計等に携わった後、2018年に「高性能な住まいの相談室」を運営する住まいるサポートを起業。

日本でトップクラスの性能を誇る住宅会社を厳選して提携し、消費者に無料で紹介する等、住まいづくりのサポートを行うサービスを提供。

また、横浜市住宅政策課主催のセミナーや毎日新聞社主催のセミナー等、多数のセミナーに登壇、メディアへの出演など、高性能な住まいづくりに関する情報発信に積極的に取り組んでいる。

住まいづくりを考えている方々への情報発信を通して、ひとりでも多くの方が、住宅の性能に関する基礎知識を持つようになり、他の先進国並みに「結露のない健康・快適な家」を普及させることを目標としている。

住まいるサポート株式会社ウェブサイト:https://sml-support.com/

著者紹介

連載人生の質(QOL)が激変!性能にこだわった住まいづくりの知識

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ