“医療紛争の防止”のためにも…「インフォームド・コンセント」の活用で信頼関係を (※画像はイメージです/PIXTA)

適切な医療を行うためには、患者との信頼関係が必要不可欠である。しかしながら、患者の権利意識の高まりとともに、信頼関係を築くことが困難になりつつあると感じる医療従事者も増えている。では、どのように患者と向き合い、どのように信頼関係を築いていけばいいのか。弁護士の渡邊泰範氏に、「インフォームド・コンセント」の重要性や利点を踏まえて語ってもらった。

「どこまで自己決定に委ねるべきか」を意識しての説明

自己決定権を保障する説明義務は、侵襲的医療行為を行う場合に限られるわけではありません。

 

患者の自己決定権を保障する場面は様々であり、終末期の延命治療や末期がんに対する積極的な治療を行うべきかといった個々の患者自身の生き方、人生観や死生観に深く関わる場面における自己決定権もあります。患者自身の生き方、人生観や死生観に深く関わる選択は、最大限に患者・家族等の自己決定に委ねるべきでしょう。

 

一方、必要不可欠な治療を行う場面では、患者・家族等の自己決定に委ねられる余地が狭くならざるを得ないと思われます。患者・家族等の自己決定できることが広範な場面もあれば、医療上の必要性から自己決定できることが少ない場面もあるということです。

 

また、確立した治療法が、複数存在する場合もあります。医療水準にかなった複数の選択肢があり、医師自身がどの選択をするべきか迷うこともありうるでしょう。そのような場合には、患者・家族等の自己決定に委ねる方が良いかも知れません。

 

このように、医師は場面に応じて、どこまで患者・家族等の自己決定に委ねるべきかを意識した上で、何をどこまで説明するべきか判断する必要があります。

「不適切な治療」の選択に従う義務はない

医師が患者にとってベストと考える治療方針を提案し十分に説明したが、患者・家族等が同意せず、異なる治療方法を選択した場合に、医師は当該患者の選択に必ず従わなければならないのでしょうか。

 

患者の自己決定権を前提とするならば、原則として医師は当該患者の選択を尊重し、当該患者の選択した治療方法を実施しなければなりません。医師が十分に説明したにもかかわらず、患者が敢えて治療を行わないという選択をしたのであれば、医師は患者の意思を尊重せざるを得ないということになります。

 

しかしながら、患者が選択した治療方法が医療水準からみて不適切な場合や医療上の適応がない場合にまで、医師が当該患者の意思に拘束されたり、従う義務が生じたりするものではないと考えられます。このような場合、当該医師は、患者の選択を実施する必要はなく,他の医療機関を受診するように勧めるのが良いと思われます。

 

医師が最適と考える治療方法と異なる未確立の治療方法を患者から求められた場合には、それを実施する義務はなく、またそれを実施している他の医療機関において受けることを勧める義務もありません。

文京あさなぎ法律事務所 代表 弁護士・弁理士

東京大学農学部卒業、東京大学大学院修了(応用生命化学専攻)、東京大学法科大学院終了。
製薬会社、医療コンサルティング会社勤務経験のほか、医療機器販売会社、ヘルスケア関連会社、医療法人の経営経験を有する。
また、医療法人鉄蕉会亀田総合病院へ出向し、診察、回診、手術の立ち合い、救急搬送、当直等、医師と生活を共にすることで、医療現場が直面する法律問題や現場の苦悩を最前
線で経験した。
現在は、医療業界での豊富な経験を活かし、医療機関への法的支援を積極的に行っている。
ホームページ
http://www.ba-law.jp 
医療トラブルに関するWebサイト
https://balaw-medical.jp

著者紹介

連載弁護士が語る医療機関の法律問題

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧