最も人が出ていったのは?47都道府県「転入・転出」年次調査 (※写真はイメージです/PIXTA)

『住民基本台帳人口移動報告』より、人口流出について見ていきいます。

【関連記事】「冷蔵庫の重みで床が凹んだ」引っ越し前、修繕費用は払うか?【弁護士が監修】

都道府県「転入・転出調査」…年次だと東京は好調だが

コロナ禍でリモートワークが進み、「都心にいる必要がなくなった」方々が住まいを移しています。来る人いれば、去る人あり。『住民基本台帳人口移動報告』(令和2年)より、年単位の47都道府県の転入・転出状況について見ていきましょう。

 

まずは転入者数。都道府県別にみると、転入者が最も多かったのは東京都「43万2930人」(前年比-7.3%)。神奈川県「23万2772人」(同-2.2%)、埼玉県「18万6289人」(同-3.7%)、大阪府「17万2563人」(同-1.8%)、千葉県「15万9632人」(同-3.3%)、愛知県「11万7382人」(同-9.3%)、福岡県「10万2420人」(同-3.3%)と続きます。7都府県への転入者数の合計は140万3988人。転入者総数の57.0%です。

 

※本記事の転入者数は、 都道府県の区域内に、他の都道府県から住所を移した者の数を指しています。

 

一方の転出者数。都道府県別にみると、こちらも最多は東京都「40万1805人」(対前年比+4.7%)。神奈川県「20万3198人」(同-2.4%)、埼玉県「16万2018人」(-2.9%)、大阪府「15万9207人」(同-5.0%)、千葉県「14万5359人」(同-6.6%)、愛知県「12万4678人」(同-5.1%)と続きます。6都府県からの転出者数の合計は119万6265人。転出者総数の48.5%を占めています。

 

「転入者数-転出者数」をした際、転入者数が上回ったときのことを「転入超過」と言います。人気が高まっている都道府県ともいえるわけですが、転入超過となったのは8都府県。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、福岡県、沖縄県、滋賀県です。

 

上記は年単位のデータですが、最新の月別人口移動報告を見ると、東京都は「転出超過」となっており、人口流出が加速している現状があります。コロナ禍、生活様式の変化が如実にあらわれているといえましょう。

大阪市は4年連続の増加

そのほか39道府県は「転出超過」。つまり出ていった人々の数のほうが多くなっています。転出超過数の内訳を見ると、最多となったのは愛知県「7296人」。兵庫県「6865人」、福島県「6681人」、長崎県「6379人」と続きます。愛知県は特に、前年比でも転出超過数が拡大しました。

 

ちなみに21大都市(東京都特別区部及び20政令指定都市)別の転入者数を見てみると、前年に比べ転入者数が増加しているのは、大阪市「1489人」、相模原市「549人」となっています。大阪市は4年連続の増加です。

 

一方の転出者数。前年に比べ転出者数が増加しているのは、東京都特別区部「2万1088人」、川崎市「1265人」、京都市「42人」となっています。

 

コロナ感染拡大が落ち着きを見せ、少しずつ日常を取り戻している現在ですが、リモートワークをはじめとしたニューノーマルは世に浸透しています。「東京一強」の行く末は、変わりつつあるのかもしれません。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧