希少品の入手・被災地支援――ふるさと納税の様々なメリット

前回は、ふるさと納税のしくみと利用するための手続きについて説明しました。今回は、ふるさと納税で得られる具体的なメリットを見ていきます。

一般市場には出回っていない特産品が手に入ることも

前回の記事でご説明したように、ふるさと納税のメリットは、本来お住まいの自治体に納めている税金を自身の選んだ自治体に寄附することで、自治体ごとの名産品・特産品が手に入ることです。また、納めている金額が多いほど控除額も増えるので、高納税者の方には、お得な制度です。

 

今回は、ふるさと納税の具体的なメリットについて見ていきましょう。

 

 

①希少価値の高い食材の定期便、施設の貸切などができる

 

自治体によって、普通では手に入らない、一般市場に出回っていない特産品を用意しているところも、ふるさと納税の魅力の1つです。例えば、

 

佐賀県小城市:「ノーミート、ノーライフ」100万円プラン

ブランド牛「佐賀牛」の希少な部位を贅沢にお届けする2ヵ月毎の定期便コースです。佐賀牛シャトーブリアンは1頭から僅か1kg程度しか取れない超プレミアムな部位も、ふるさと納税で手に入ります。

 

[PR]佐賀県小城市(特集ページ)

 

★愛知県碧南市:「へきなん満喫スペシャルプラン」100万円プラン

碧南市自慢の遊園地や水族館を貸切で体験する事ができるプランです。匿名希望の男性が、児童養護施設の子どもたちを遊園地に招待した事でも話題になりました。

 

など、ほかにもさまざまな魅力ある特産品が揃っています。

税金の使い道を「寄附者が決められる」唯一の制度

②便利な定期便がある

 

1度の寄附で、地域の旬の特産品が毎月定期的で届くプランが人気です。1度にたくさんの特産品が届く心配や、毎月寄附をする手間もなく、寄附金受領証明書も1枚ですむため、たくさんの特産品を選べる、高額所得者の方が重宝するプランとも言えます。

 

③税金の使い道が選べる

 

ふるさと納税は、魅力的な特産品が実質2000円で手に入るだけではありません。北海道上士幌町では、ふるさと納税で集まった寄附を財源に保育所と幼稚園の機能を併せ持つ認定こども園を一部無料化して開設した実例もあり、そのほかにも、震災を受けた被災地への支援、故郷の教育支援から、自然の維持など、寄附者が唯一、税金の使い道を決めることができ、地域活性や社会貢献もできる素敵な制度なのです。

 

④多彩な特産品が選べる

 

ふるさと納税の特産品は、食材だけではありません。寄附した市町村で利用できる感謝券がもらえます。この感謝券では、その市町村の宿泊施設や、食事処などに利用することができたり、最近では、砂丘ヨガ体験や、パラグライダー体験、スキューバダイビング体験など、体験型の特産品も人気があります。普段ではなかなかできない体験や、その地域の魅力を感じられる事がふるさと納税を通じてできるのです。

 

 

ふるさと納税の活用法・楽しみ方は、寄附する人次第です。お気に入りの特産品を選び、寄附の使い方に意義を見つけて、有意義なふるさと納税を楽しんでみてはいかがでしょうか?

株式会社アイモバイル 事業企画本部 自治体サービス事業部

埼玉県新座市生まれ。2015年 株式会社アイモバイル入社。現在、全国1788の自治体に対しふるさと納税ポータルサイトの営業を行う。
自社サービスの寄附代行サービス「ふるなびプレミアム」にて、ふるさと納税コンシェルジュとして高額納税者100名以上を担当。
「ふるさと納税専門サイト ふるなび」 https://furunavi.jp/

著者紹介

連載今さら人には聞けない「ふるさと納税」のしくみと活用ノウハウ

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧