自民党総裁選で注目の顔ぶれ~それぞれの経済政策を比較する (※写真はイメージです/PIXTA)

本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供する「市川レポート」を転載したものです。

 

●岸田氏は新自由主義からの転換を掲げ成長と分配の好循環を目指しアベノミクス3本柱は堅持。

●高市氏はアベノミクスの継承・発展を表明し、河野氏は歳出見直しやデジタル化推進などが理念。

●市場は政局好転の期待を織り込み済み、総裁選が進む中で、この期待が変化するか否かに注目。

岸田氏は新自由主義からの転換を掲げ成長と分配の好循環を目指しアベノミクス3本柱は堅持

今回のレポートでは、自民党総裁選(9月17日告示、同29日投開票)への立候補が見込まれる主な有力者について、それぞれの経済政策のポイントを整理し、比較します。いち早く出馬を表明したのは、岸田文雄前政調会長で、高市早苗前総務相も9月8日、正式に出馬を表明しました。河野太郎規制改革相は9月10日にも正式に出馬を表明する見通しで、総裁選はこの3氏が軸になるとの報道もみられます。

 

岸田氏は9月8日、経済政策を公表し、小泉内閣以降の新自由主義からの転換を掲げ、成長と分配の好循環を実現するため、「国民を幸福にする成長戦略」、「令和版所得倍増のための分配施策」などを進めることを明らかにしました(図表1)。

 

(注)2021年9月8日時点。河野氏は正式に出馬を表明しておらず経済政策は未公表のため、これまでの発言などから基本理念を推測したもの。 (出所)各種資料を基に三井住友DSアセットマネジメント作成
[図表1]自民党総裁選を巡る主な有力者の経済政策 (注)2021年9月8日時点。河野氏は正式に出馬を表明しておらず経済政策は未公表のため、これまでの発言などから基本理念を推測したもの。
(出所)各種資料を基に三井住友DSアセットマネジメント作成

 

また、デフレ脱却に向け、大胆な金融政策、機動的な財政政策、成長戦略の3本柱は堅持しつつ、新しい日本型資本主義の構築を目指すとしました。

高市氏はアベノミクスの継承・発展を表明し、河野氏は歳出見直しやデジタル化推進などが理念

高市氏も9月8日、経済政策を公表し、アベノミクスを継承・発展する「サナエノミクス」を打ち出しました。金融緩和、緊急時の機動的な財政出動、大胆な危機管理投資・成長投資を3本の矢と位置付け、日本経済強靱(きょうじん)化計画で経済を立て直し、成長軌道に乗せていくと強調しました。また、2%の物価目標を達成するまで、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化目標を凍結すると述べました。

 

河野氏は、正式に出馬を表明していないため、経済政策は公表されていません。これまでの、発言などをまとめると、増税を避けるための歳出(医療費などの社会保障関係費)見直し、年金制度の抜本的な改正、デジタル化の推進、再生可能エネルギーの利用促進などが基本理念と思われます。金融政策については、2017年4月に、早い段階で出口戦略を市場と共有すべきだと述べていましたが、最近は特に目立った発言はないように思われます。

市場は政局好転の期待を織り込み済み、総裁選が進む中で、この期待が変化するか否かに注目

相場の観点からは、緩和的な金融政策と拡張的な財政政策が安定的に継続されることが望ましいため、この路線を踏襲する岸田氏と高市氏の経済政策に、市場が懸念を抱くことはないと思われます。また、総裁選では、次期衆院選を間近に控え、世論重視で「勝てる候補」を探る動きも予想されますが、次の総裁にふさわしい人を聞く世論調査では、河野氏の人気の高い様子がうかがえます。

 

なお、今回の総裁選では、候補者が国民から直接質問を受け付ける政策討論会(オンライン形式)が初めて開催されますが(図表2)、候補者の考えを詳しく確認できる機会となるため、注目されます。

 

(出所)各種資料を基に三井住友DSアセットマネジメント作成
[図表2]自民党総裁選のスケジュール (出所)各種資料を基に三井住友DSアセットマネジメント作成

 

市場では、衆院選で自民党の大敗が回避され、政策が安定的に遂行されるという期待は織り込み済みとみられるため、今後、総裁選が日程に沿って進む中、この期待に変化が生じるか否かの見極めが重要になります。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『自民党総裁選で注目の顔ぶれ~それぞれの経済政策を比較する』を参照)。

 

(2021年9月9日)

 

市川 雅浩

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

チーフマーケットストラテジスト

三井住友DSアセットマネジメント株式会社 チーフマーケットストラテジスト

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)で為替トレーディング業務、市場調査業務に従事した後、米系銀行で個人投資家向けに株式・債券・為替などの市場動向とグローバル経済の調査・情報発信を担当。
現在は、日米欧や新興国などの経済および金融市場の分析に携わり情報発信を行う。
著書に「為替相場の分析手法」(東洋経済新報社、2012/09)など。
CFA協会認定証券アナリスト、国際公認投資アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

投資情報グループは、運用や調査経験豊富なプロフェッショナルを擁し、経済や金融市場について運用会社ならではの情報発信を行っています。幅広い投資家に良質な情報を伝えるべく、年間で約800本の金融市場・経済レポートの発行の他、YouTube等の動画、Twitterでの情報発信を行っています。

著者紹介

連載【市川雅浩・チーフマーケットストラテジスト】マーケットレポート/三井住友DSアセットマネジメント

【ご注意】
●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧