株式投資「性格のいい人ほど損をする」という俗説は本当か? (※画像はイメージです/PIXTA)

近年では、株式投資を資産形成の選択肢とする考えが浸透し、チャレンジする人が増えています。しかし、多くの人が容易に収益を上げられるほど簡単ではありません。株で儲けられる人・儲けられない人にはどのような差があるのでしょうか。※本記事は『あなたが投資で儲からない理由』(日本経済新聞出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

SNS依存の人や占い好きが、株で儲けられないワケ

いささか刺激的な記事タイトルではあるが、これは人柄の善し悪しが投資の成果に影響を与えるということを言っているのではない。人間性や人柄と投資パフォーマンスの間には何の関係もない。ここで言いたいことは、投資をしてもなかなか儲からない人に共通する性格や傾向のことだ。

 

筆者は長年にわたって従事してきた証券会社での投資相談の業務を通じ、実に多くの個人投資家を見てきた。投資の成果は、短期的には運不運に左右される面もあるが、長期的に見ると、その人の性格によって成功するか否かがある程度わかるようになる。なかでも、「お金に執着のある人は儲からない」というのは筆者の経験から見ても明らかだ。その理由は「リスクを取れない、あるいは取りたがらない」ことにある。

 

ところが、なかなか儲からないという人には他にも共通する特徴があるのだ。

 

では一体どんな人が〝なかなか儲からないタイプ〞なのだろう? 以下がその特徴である。

 

タイプ① 人の言うことを信じやすい

タイプ② 何かあった時に人の意見を聞きたがる

タイプ③ みんなと一緒だと安心

タイプ④ テレビのワイドショーやSNSの情報を熱心に見る

タイプ⑤ 占いが好きなタイプである

 

どうだろう? こうした特徴を見ると、いかにもどこにでもいる普通の善良な人のイメージではないだろうか。でもこういう特徴を持った人が投資をすると、なかなかうまくいかないのである。それは一体どうしてなのか? 逆にうまくいく人はどんな性格でどんな特徴を持っているのかを考えてみよう。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

株式会社オフィス・リベルタス 代表取締役 

経済コラムニスト。専門分野はシニア層のライフプランニング、資産運用及び確定拠出年金、行動経済学等。大手証券会社を退職し、2012年にサラリーマンの老後支援を目的に(株)オフィス・リベルタスを設立。書籍やコラム執筆のかたわら、資産運用、年金、シニアライフプラン等のテーマで全国で年間140回を超える講演を行っている。CFP、1級ファイナンシャルプランニング技能士。主著に、『定年男子 定年女子』(共著、日経BP)、『経済とおかねの超基本1年生』(東洋経済新報社)、『定年前』(朝日新書)、『資産寿命』(朝日新書)、『定年前、しなくていい5つのこと「定年の常識」にダマされるな!』(光文社)など多数ある。

著者紹介

連載株で儲かる人・儲からない人の境界線…「自分の頭で考える」投資術

あなたが投資で儲からない理由

あなたが投資で儲からない理由

大江 英樹

日本経済新聞出版

「儲からない」にはちゃんと理由がある。 マーケットが好調な時には、身の回りのいたる所に投資に関する情報があふれます。「投資は誰でもできる」「市場が好調なら誰でも儲かる」そんな言葉につられて投資を始めたものの、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧