▲トップへ戻る
Airbnbの運営――ゲストからのクレームにどう対応するか?

今回は、Airbnb運営における、ゲストからのクレーム対応について見ていきます。※本連載は、Airbnbアドバイザーとして活躍する鶴岡真緒氏の著書、『知識ゼロからの民泊ビジネスがっちり成功術』(ビジネス社)の中から一部を抜粋し、選ばれるゲストハウスにするための実践ポイントを紹介します。

トイレには使用法をまとめた英文マニュアルを準備

Q5.トイレが水浸しになっちゃった・・・

 

A5.使い方はわかりやすくきちんと説明するのが基本

 

トイレ事情は国によってまちまちで、たとえば日本の温水洗浄便座などはまだまだ珍しいゲストも多いはずです。必ず使用方法を記載した英文マニュアルを準備しましょう。できれば写真付きで解説したものをおすすめします。

 

また、トイレットペーパー以外の紙を流すとトイレ詰まりの原因になりますので、トイレットペーパー以外の紙は流さないよう注意書きも必要です。私のゲストハウスでは、「トイレットペーパー以外の紙を流してトイレが故障した場合は修理費を請求します」とハッキリ明記しています。

「クレーム」ではなく単なる問い合わせの場合も多い

Q6.ベッドが小さいと文句を言われた!

 

A6.言うべきことはハッキリ伝えてOK!

 

日本人の多くはゲストの言い分をすべて受け入れなければならないと思い込んでいます。もちろん、できる限りの対応ができればベストですが、できないことはできないとハッキリ伝えてください。ベッドが小さいと言われたら「1泊の宿泊料金が○○○○円だとこれが限界です。小さいベッドが嫌なら高いお金を払ってホテルに泊まって!」と伝えてもいいと思います。

 

外国人ゲストは私たち日本人が思うほど大ごとにとらえてないケースが多いものです。つまり、「ちょっとベッドが小さいから聞いてみようか」という軽い気持ちで問い合わせているだけということ。ハッキリと「私のゲストハウスではこのベッドしか提供できない」と伝えれば、「OK!」とあっさり折れるゲストが大部分です。

 

これは文句だけでなく、食事の誘いなどがあった場合でも「ありがとう。でも忙しくて行けない」と伝えたからといって気分を害することは決してありません。

 

逆に曖昧な返事のほうが困惑しますので〝言うべきことはハッキリ伝える〞を基本にしてください。

民泊・簡易宿所・不動産投資コンサルタント

千葉県生まれ。シングルマザーとして、子育てと結婚相談所での仕事を両立させていた2014年、偶然、民泊の新しいスタイル「Airbnb」を知る。2DKの自宅マンションからゲストハウス経営をスタートしたが、ホームステイの留学生たちを受け入れているうち、異文化コミュニケーションの面白さを実感し、本格的なビジネスへ。
さまざまな可能性を試すため、新しいゲストハウスを次々オープンさせ、現在では東京に9件、京都に3件、合計12件を運営している。
独自のノウハウで築き上げた「MAO流おもてなし術」が話題を呼び、現在もゲストハウスを運営しながら、稼働率を上げるセミナーや実践的な部屋作りセミナーなどを通じて、Airbnb入門者にノウハウをアドバイスしている。

著者紹介

連載民泊ビジネス「Airbnb」で成功するための実践マニュアル

 

 

知識ゼロからの民泊ビジネス がっちり成功術

知識ゼロからの民泊ビジネス がっちり成功術

鶴岡 真緒

ビジネス社

AirBnB(エアービーアンドビー)って知ってますか? 用意したゲストハウスに旅行者を宿泊させるビジネスで、副業としても注目を集めています。 インバウンド旅行客の増加とともに、近頃はテレビ・新聞・雑誌などでも「AirBnB…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧