なぜ「北海道・ニセコ」は外国人富裕層から愛されるのか?

世界には富裕層から支持され続ける国や街があります。常に投資マネーが集まり、魅力は衰えることなく増すばかり。なぜ富裕層を魅了し続けるのか。今回は「北海道・ニセコ」に注目していきます。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

ニセコ…6年連続で地価上昇率日本一

道都札幌から国道230号線で中山峠を越えたあと、ルスツで道道66号へ入ると、いまやスノーリゾートとしてその名を世界にとどろかせるニセコに到着します。

 

ニセコは「蝦夷富士」の愛称で道民から親しまれている羊蹄山の南西の「ニセコ町」のほか、その北側の「倶知安町」、ニセコ町の西に位置する「蘭越町」と、3つの町を総称して指すことが多いようです。

 

ニセコから羊蹄山を望む
ニセコから羊蹄山を望む

 

難関な地名が多い北海道ですが、なかでも「倶知安」はその代表格。かつては「くっちゃん」と呼べるのは、道民か、かなりの北海道通だけでした。しかし昨今は1年に1回、ニュースでその名を目にするのが恒例となっています。

 

それが地価上昇率。2021年、国土交通省が発表する公示価格上昇率第1位は「倶知安町」で1㎡あたりの評価額は8万4575円、前年から17.65%上昇。その前年は44.01%の上昇だったので、やはりコロナ禍の影響は否定できません。それでも上昇率日本一は6年連続のことでした。

 

訪日外国人旅行者を2020年には4,000万人、2030年には6,000万人に……そんな政府目標から、日本の観光業界は大きく盛り上がっていましたが、突如として世界を襲った新型コロナウイルス。インバウンド需要はほぼゼロになり、観光業は苦境に立たされています。

 

そんな状況をよそに、「ニセコ」ではホテルの建設ラッシュは続き、公共事情も活況に満ちています。

 

外国人向けのコンドミニアムが並ぶニセコ・ひらふ地区
外国人向けのコンドミニアムが並ぶニセコ・ひらふ地区

ニセコが世界的スノーリゾートになったワケ

そもそもなぜニセコは世界的なスノーリゾートになったのでしょうか。

 

ニセコの由来にもなってる、標高1,308mのニセコアンヌプリ山には、元々ニセコアンヌプリ国際スキー場、ニセコひらふスキー場(現ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ)、ニセコ東山スキー場(現ニセコビレッジ)、ニセコひらふ花園スキー場(ニセコHANAZONOリゾート)と4つのスキー場があり、世界の4大スキー場のひとつに数えられていました。

 

ニセコの魅力といえば、その雪質。日本海から吹き付ける北風がアンヌプリ山を越える際に乾いた雪となって大量に降り積もるため、まさに吹けば飛んでいくようなパウダースノーが楽しめます。

 

また山頂付近は森林限界を超えているため立木がなく、広大な新雪ゾーンが広がります。その光景はスイスのアルプスやカナダのウィスラーのよう。傾斜30度を超える非圧縮の山頂からホテルなどがある山麓まで一気に滑り降りるエキサイティングな体験は、日本国内ではそうそうできるものではありません。

 

ニセコの山頂を望む
ニセコの山頂を望む

 

2000年代初頭。そんな環境に注目したのがオーストラリア人でした。ちょうど季節が反対の日本。真夏に雪を求めて世界を見渡した時、時差が小さく、また地理的にも近い日本に注目が集まります。なかでもニセコのパウダースノーは別格でした。

 

SNSでニセコの魅力が広がっていくと、ニセコ・ひらふ地区を中心にオーストラリア人観光客が増加。徐々に定住者も増えていくと、オーストラリア資本のマンションやコンドミニアムなどの不動産開発が拡大していきました。

 

こうしてオーストラリア人を中心とした欧米人に人気が高まったニセコ。次に注目したのは中国人でした。きっかけは2008年に中国で公開となった映画『非誠勿擾』。その舞台となったのが北海道で、道内の各地で撮影が行われました。この映画は中国国内で当時、歴代興行成績1位を記録するほど大ヒット。中国で北海道ブームが到来しました。

 

中国人が日本に来る際に人気なのがレジャー体験で、北海道で特に人気なのが「スキー」。広大な中国では雪を見たことのない人が多いためだと考えられます。そしてバラエティ豊かなコースが揃うニセコは、未経験者でも雪遊びが楽しめるエリアとして人気が高まりました。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載資産として受け継がれる不動産

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧