中国、厳しい外交環境と強まる保守的色彩…両会で明らかに

2021年3月に開催された全国人民代表大会と政治協商会議。香港や新彊などを巡る問題は、中国の外交環境を一層厳しいものとしているが、両会では、中国側の保守的な姿勢が鮮明になった。今後、中国はどのような方針を打ち出すつもりなのか。詳細に検証していく。本稿は筆者が個人的にまとめた分析・見解である。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

外交面で強まる「保守的色彩」

香港や新疆をめぐる問題など、中国を囲む外交環境は厳しさを増している(『中国の孤立化が進む⁉ 「封じ込め」ではなく「関与」が重要に』参照)。

 

全国人民代表大会と政治協商会議の両会のうち、初日の政協会議で汪洋全国政協主席が朗読した政協常務委員会工作報告では、パンデミック下で常務委はクラウド外交※1やオフライン会議を総合的に運用し、米国の反中的な各種法案や発言には声明や政協委員の座談会発言などを通じ厳正に反論してきたと誇示した。

 

※1 昨年来、指導層が「雲外交」との表現を使い始めたが、単にネットでのオンライン会議などを指している。

 

全人代の政府工作報告は香港について、これまで同様、「一国二制度(両制)」「香港居民による香港統治(港人治港)」「高度自治」に触れたうえで、香港国家安全維持法(国安法)実施や外国勢力関与の断固阻止を強調したが、政協報告では「一国両制」などの文言が消え、代わりに「愛国者治港」が強調され、香港やマカオに関する部分が大幅に簡略化された。政協は香港の国安法制定や選挙制度見直し(後述)などで集中的な検討を行ってきた枠組みである。

 

今年の政協報告は内容に乏しく特筆するものはないとする専門家もいるが(例えば清華大学政治系学者)、政協としては「香港問題は一件落着」との認識を示すものだろう。

 

政協報告が「一帯一路」に言及しなかった点も異例で、何らかの政策変更シグナルかとみられたが、政府工作報告では2020年回顧、第13次規画成果、第14次規画主要任務、2021年重点活動の中で計4回言及、その言いぶりも「質の高い一帯一路を共に話し合い建設し、利益を分かち合う(共商共建共享)原則を堅持・推進」とこれまでと変化はなかった(連載『新型コロナパンデミックと中国「一帯一路」』参照)。

 

政府工作報告の外交面の言及は次のように変遷し、保守的色彩が強まっているとの見方がある※2

 

※2 2021年3月6日付、海外華字誌「万維読者網中国瞭望」

 

①「党の特色ある大国外交」について、2019年「新成就を獲得」→20年「豊かな成果」→21年「卓有成効」へと変化。

 

②2019年「新型国際関係の構築推進」→20、21年はなし。

 

③2019、20年「経済外交、人的・文化交流で豊かな成果」→21年はなし。

 

④2020年「党はグローバル・ガバナンス(全球治理)体系の建設・改革に積極的に参画」→21年は単に「多国間(多辺)主義堅持」。

 

①の「成就」は「成果」に近いが「願い事がかなう」のニュアンスがある。「成効」は「効果がある」で必ずしも成果があることを意味しない。「卓有成効」は本来「効果が著しい」だが、党用語としては「一般般」、つまり「まあまあ」「そこそこ」の意味で、パンデミック下で外交環境が厳しくなっていることを反映したものとの見方だ。

 

1976年、大蔵省入省。1990年、アジア開発銀行理事代理、2000年、香港理工大学中国商業センター客員研究員。2003年、アジア開発銀行研究所総務部長、2006年以降、財務省神戸税関長、財務省財務総合政策研究所次長、財務省大臣官房政策評価審議官、2010年から大和総研常務理事等の要職を歴任。 2015年、NWB(日本ウェルス)の独立取締役に就任。一橋大学卒。香港中文大学普通話課程修了。

著者紹介

連載2021年中国全人代、もうひとつの側面を読み解く

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧