「お金持ちになりたい」というのは理想の未来ではない

「起業したい」「ビジネスで成功したい」……ぼんやりと願っていても、何から始めればいいのか?は分からないものです。本記事では、7年間で約1000人もの起業プロデュースを行ってきた株式会社クリエスティヴ代表・高野貴士氏が、「課題の抽出の方法」について解説していきます。

「どんな自分になりたいのか?」を具体的に描く

■「理想の未来」が言語化できるシートを使って課題を抽出する

 

目標達成をするには、妄想や願いではなく、具体的に「どんな自分になりたいのか?」「何が自分の強みなのか?」「どんな未来をつくりたいのか?」など、理想の未来を明確にしていくことが必要です。そのためには、今、何が課題になっているのかを抽出し、自分が達成したいと思っているものと自分がつくり上げたい未来像を一致させていきます。

 

そこで、理想の未来を明確にしていくために、私は一つの方法を開発しました。[図表1]と[図表2]をご覧ください。

 

[図表1]あなたの現在の状態は?

 

[図表2]あなたの理想の未来は?

 

このようなチャートを用いる図表をエゴグラムといいますが、こういったものは自己啓発指導者も使用していることが多いので何度か目にしたり、取り組んだことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

自分の最高の状態を10点満点とした場合、今の自分の状態が何点であるかを特定していくもので、「感情・ワクワク度」「健康」「家族・人間関係」「経済(収入)」「経済(貯蓄)」「仕事・キャリア・自己成長」「時間(自由・有意義)」「空間・環境」「貢献・ミッション」についてそれぞれ分析していきます。

 

私は[図表1][図表2]を「プライオリティ・バランスシート」と呼んでいます。私が考える幸せのバランスです。

 

プライオリティ・バランスシートは、「逆算思考」でとらえていきます。このシートを用いると三つのことが明確になります。自分の現在地、理想の未来、そして理想を叶えるためには今から何をやるべきであるか?という最初に取り組むべき課題です。

あなたにオススメのセミナー

    連載好きなことで月収100万円!起業のタネが見つかる『自由女子の教科書』

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ