文章職人が「買ってもらえる商品紹介文」に欠かさないひと言

本でも映画でも、魅力的なものに出会ったときは他人と共有したくなるものだ。他人の心に届く魅力的な「レコメンド」を書くには、どうすればよいのか? 今回は、実際に他人に読んでもらったり、観てもらったりという「次の行動」を促せる文章術を紹介しよう。※本連載は、成毛眞氏の著書『バズる書き方』(SBクリエイティブ)より一部を抜粋、再編集したものです。

無料メルマガ登録こちら
医師の方はこちら

「背景を説明するひと言」が「伝わる文章」を作る

より伝わりやすい文章にするには、「伝えたいことの背景」にも丁寧に触れることだ。

 

文章は一文一文悩みながら書くものではない。とくに何かをおすすめしたいときは、気のおもむくままに書いたほうが読む人の心にストレートに届く文章になる。そのためには、まず一気に書き上げること。

 

ただし勢いに任せて書いていると、つい「自分が伝えたいこと」にばかり意識が向きがちだ。その過程で、つい「伝えたいことの背景」に関しては説明がおざなりになってしまうのである。

 

長々と説明する必要はない。ただ「誰もが知っていることだろうが、念のため」というくらいの意識でひと言補足する。それだけでも、読んでいる人との間に共通認識を生み出し、「何を言いたいのか」も格段に伝わりやすくなるのである。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

「いま、コロナの影響で…」のひと言が購入を促す

実際の添削例として、まずは次の投稿をご覧いただきたい(図表1)。

 

********************

<推敲前>

北海道ではいま物産展が中止になり、商品が余ってとても大変とのこと。

 

こちらのリンク先の札幌商工会議所のHPでは、美味しそうな北海道の名産品が、今お得です。

 

ぜひぜひ皆さまご高覧、拡散のお力添えをお願いします。

 

こちらから、私も名産品、ネット通販で購入しました!

 

[図表1]実際の投稿①(推敲前)

********************

 

上記の投稿は、「新型コロナウイルスの影響で、各地で北海道物産展が中止に追い込まれていること」が背景となっている。ならば、その背景にはきちんと触れたほうがいい。

 

この投稿はいきなり「北海道ではいま物産展が中止になり」と始まっているが、私は少し唐突すぎる印象を抱いた。

 

投稿されたのは2020年5月20日である。この時日本は緊急事態宣言下だったので、ここに書かれている「いま」は「新型コロナウイルスの感染拡大が世間で恐れられているいま」であることはわかる。この一文だけでも、当時読んだ人は何が背景になっているのかをくみ取り、投稿者の意図も察することができるだろう。

 

しかし、たとえ一瞬でも、読んでいる人に「くみ取る」「察する」といった労力をかけるのは得策ではない。たとえ、「そんなことは言われなくてもわかってる」と言われそうであったとしても背景を伝えるひと言を添えたほうがいいのだ。

 

「新型コロナウイルスの影響で、各地で開催されるはずだった北海道物産展が中止になり、北海道ではいま、商品が余ってとても大変とのこと」

 

たとえばこのようにすることで、読んでいる人は「ああ、新型コロナにはそんな影響もあるのだな」と認識したうえで先を読むことになる。つまり、より読者の行動(購入)をうながしやすくなるのだ。

 

********************

<推敲後>

新型コロナウイルスの影響で、各地で開催されるはずだった北海道物産展が中止になり、北海道ではいま、商品が余ってとても大変とのこと。

 

こちらのリンク先の札幌商工会議所のHPでは、美味しそうな北海道の名産品が、今お得です。

 

ぜひぜひ皆さまご高覧、拡散のお力添えをお願いします。

 

こちらから、私も名産品、ネット通販で購入しました!

 

[図表2]実際の投稿②(推敲後)

********************

 

<POINT>

●「伝えたいことの背景」に触れると、伝わりやすい文章が書ける。

●書き手と読み手の認識が同じになる文章を書くことが重要。

●あえて、「言わずもがな」の一文を書き加える。

 

 

成毛 眞

書評サイト「HONZ」 代表

 

 

【5月開催のセミナー】

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/14開催】年10%利回り10年間保証「ベトナム・リゾートホテル投資

 

【5/14開催】第1期・2期完売「三軒茶屋・不動産小口化」第3期最新情報

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

【5/16開催】<家族信託×都心不動産投資>で実現する最新相続対策

 

【5/21開催】元国税調査官の税理士が教える最新相続対策

 

【5/23開催】土地活用賃貸経営で「持ち余し物件」収益化計画

 

【5/25開催】相続トラブルに備える「不動産・生前整理」のススメ

 

【5/29開催】国も認めた「レスキューホテル」社会貢献で利回り8~9%

 

※ 【5/30開催】社会貢献×安定収益「児童発達支援事業」の魅力

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

書評サイト「HONZ」 代表 

1955年、北海道生まれ。中央大学商学部卒業後、自動車部品メーカー、アスキーなどを経て、1986年日本マイクロソフト設立と同時に参画。

1991年、同社代表取締役社長に就任。2000年退社後、投資コンサルティング会社の株式会社インスパイア設立。

2010年、おすすめ本を紹介する書評サイト「HONZ」を開設、代表を務める。

著者紹介

連載人もお金も引き寄せるSNS運用術~「バズる」書き方

バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる

バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる

成毛 眞

SBクリエイティブ

「バズる」は才能ではなくノウハウだ! 「書く力」が、人もお金も引き寄せる。 誰もがSNSを当たり前に使うようになり、すべての人が手軽に「書くこと」で発信できる、「一億総書き手時代」が到来した。 副業としてブロ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧