ストライクが10月に実施した中小企業の経営者を対象としたアンケートによると、6月のアンケート結果よりも、M&Aに積極的だという声が倍増していた。一体何故なのだろうか。株式会社ストライク執行役員広報部長の日高広太郎氏が解説する。

コロナ禍でも中小企業の経営者の「M&A心理」は改善

M&A仲介大手のストライクが10月に中小企業の経営者にアンケート調査したところ、新型コロナウイルスの感染拡大が「M&Aに悪影響を及ぼしている」との回答の比率が、6月調査よりも低下していることがわかった。

 

一方でコロナ禍でも「M&Aを積極的に進めていく」との回答は2倍超に増加した。第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストは「景気の先行きの不透明感が6月に比べて和らいだことが背景にある」と指摘した。

 

先行きの不透明感が和らいだことで、経営者が6月よりもM&Aに積極的(画像はイメージです/PIXTA)
先行きの不透明感が和らいだことで、経営者が6月よりもM&Aに積極的(画像はイメージです/PIXTA)

 

ただ、足元で新型コロナウイルスの感染者は一段と増加。英国などで新型コロナの変異種による感染が拡大するなど深刻なコロナ禍は続いており、今後の動きには注意する必要がありそうだ。

 

世界的なコロナ禍が続くなか、ストライクは10月6~8日の間、インターネットを通じてアンケート調査を実施した。中小企業の経営者が対象で、有効回答数は311人だった。業種別にみると、卸売業・小売業が20%、建設業が15%、製造業が13%と多い。

「コロナ禍の影響ある」10%ポイント低下

「コロナ禍がM&Aや事業承継に与えた影響はあるか」との質問に対して「ない」と回答した経営者の比率は11月調査で44%と、6月調査と比べて8%ポイント上昇した。「プラスの影響があった」との回答の比率も8%と、同3%ポイント高まった。「マイナスの影響がある」との回答の比率は50%と、同4%ポイント低下した。

 

いずれも10月の方が、コロナ禍によるM&Aや事業承継への影響が和らいでいることを示した。

 

出典:ストライク10月アンケート(編集部にて図表再作成)
[図表1]Q.現在、新型コロナウイルスの感染が拡大しています。M&Aや事業承継への影響はありますか。 出典:ストライク10月アンケート(編集部にて図表再作成)

 

積極的にM&Aを進めようとする中小経営者も増えている。コロナ禍により、M&Aや事業承継の戦略に影響が出ていると答えた経営者のうち、「積極的に(M&Aなどを)進めようということになった」と回答した人は16%と6月の7%から2倍以上に増えた。「計画を延期した」とした人は26%と6月調査から7%ポイント低下した。

 

注目のセミナー情報

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページコロナ禍でもM&A需要は多い

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧