追跡調査にみる…中3の我が子は何を考え、悩んでいるのか?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は「核家族化の状況と、昨今の若者の意識」についてみていきます。

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

核家族化が進行…孤立する親が増えている

日本の出産数は第一次ベビーブーム、第二次ベビーブームを経て、減少の一途を辿り、2005年には過去最低の出生率1.26を記録しました。その後、少子化対策が功を奏したのか、2015年には1.45まで上昇。しかし2019年は1.36と、なかなか成果があらわれない状況が続いています。

 

またもうひとつ、家族の変化としてあげられるのが「核家族世帯の増加」です。核家族世帯は、「①世帯主とその配偶者のみで構成する世帯」「②夫婦と未婚の子のみで構成する世帯」「③父親、または母親と未婚の子のみで構成する世帯」のことをいいます。①はDINKs(ディンクス)、つまり共働きで子どもを意識的に作らないと決めたり、持たなかったりする夫婦を内包しますが、よく問題になるのが②や③の世帯です。

 

以前の日本では親子三世代同居は当たり前で、近所付き合いも活発でした。他人の子どもであっても叱りつけたり……そんなことも日常茶飯事で、小さな子どもを地域の人を含めて大勢の大人が見守る、そんな社会だったのです。

 

しかし1975年、1世帯当たりの構成人数は4.14人だったのが、2015年には2.15人へと減少。全世帯のなかで、1人世帯や2人世帯は増加の一途を辿るのに対し、3人世帯は1980年代からほぼ横ばい、1995年ごろまで最も割合の多い構成帯だった4人世帯は減少し、5人以上の世帯は1割を切るほど、珍しい家族になっています(図表1)

 

出所:総務省「国勢調査」より作成
[図表1]世帯構成人数の推移 出所:総務省「国勢調査」より作成

 

また児童がいる家庭は、1986年には全世帯の5割弱でしたが、2016年には23%と圧倒的にマイノリティ。「小さな子どもがいる大変さ」は、周囲と共感しにくい環境になってきているといえるでしょう。

 

昨今はSNSの広がりなどで、気軽に誰とでも繋がれる社会になっていますが、しかし孤立化して悩む親が後を絶ちません。それにより悲劇的な事件も発生しています。

 

【1月開催のセミナー】

 

※ 【1/23開催】投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

 

【1/23開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【1/23開催】定期預金に代わる新たな資産運用「ソーシャルレンディング」セミナー

 

【1/25開催】家賃収入、節税対策、資産運用…、髙松建設の安心の土地活用セミナー

 

【1/27開催】エリア権の獲得は早いもの勝ち!「長期安定×社会貢献」優良教育事業

 

※ 【1/27開催】不確実性の時代に際立つ「教育ビジネス」(学習塾「スクールIE」)の全貌

 

【1/29開催】中小企業の決算対策「コインランドリー事業」を活用した節税スキーム

 

※ 【1/30開催】人気エリア×レジデンス×不動産小口化商品争族回避「相続対策」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【広告主様向けセミナー】

 

【1/22開催】最強の「富裕層」集客手段「WEBセミナー」運営ノウハウを伝授

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧