「新車魅力度ランキング」No.1は国内勢か、海外勢か

米国を本拠とする国際的なマーケティングリサーチカンパニー、J.D. パワー(ジェイ・ディー・パワー)による顧客満足度調査から、今回は「自動車ブランド」について見ていきます。

新車購入のユーザーの「車の評価」は?

新車購入者の満足度が高いブランドは?
新車購入者の満足度が高いブランドは?(※写真はイメージです/PIXTA)

 

J.D. パワーは、「2020年日本自動車商品魅力度(Automotive Performance, Execution and Layout、略称APEAL)調査SM」の結果を発表した。

 

本調査は、新車購入後2~9カ月経過したユーザーを対象に10カテゴリー*177項目でユーザーが実際に所有しているモデルについての評価を聴取するものである。その結果を元に、商品魅力度を示す総合APEAL(1,000ポイント満点)を算出している。

 

*1「外装」「内装」「収納とスペース」「オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション(ACEN)」「シート」「空調」「運転性能」「エンジン/トランスミッション」「視認性と運転安全性」「燃費」

 

各部門のNo.1は下記の通り。

 

【ブランドランキング】
<総合>
BMW

<マスマーケットブランド>
MINI

【セグメント別ランキング】
<軽自動車セグメント 第1位>※同点1位

ダイハツ ムーブキャンバス
ホンダ N-BOX

<コンパクトセグメント 第1位>
ホンダ フィット

<ミッドサイズセグメント 第1位>
レクサス UX

<ミニバンセグメント 第1位>
トヨタ アルファード

→各部門の詳しいランキングはこちら

ユーザーを魅了するのは、海外の輸入高級車

■過去6年で商品魅力度とブランドロイヤルティが向上

本年調査の業界平均スコアは657ポイントで、前年の645ポイントから+12ポイント向上した。現在の調査項目設計の初年である2014年の622ポイントに比べ、6年間で+35ポイント向上し、2014年以降で最も高い評価となった。

 

また「同じメーカー(ブランド)の車を買いたい」とするブランド再購入意向は82%で、2014年の68%に比べ+14ポイント向上している。

 

過去6年で自動車の魅力度は向上し、ブランドに対する顧客ロイヤルティも向上していることが明らかになった。

 

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

J.D. パワー(本社:米国ミシガン州トロイ)は消費者のインサイト、アドバイザリーサービス、データ分析における国際的なマーケティングリサーチカンパニー。企業の顧客満足度改善やパフォーマンス向上のソリューション提供のため、現在、北米、南米、アジアパシフィック、ヨーロッパでビジネスを展開している。
http://jdpower-japan.com

(記事内総評)
浦山 浩一 (Koichi Urayama)
ジャパン・オートモーティブ部門 シニアディレクター
IT/コンサルティング会社、自動車アフターマーケットの専門商社等を経て、2014年J.D. パワー入社。 オートモーティブ部門ディレクターとして、自動車リテール・マーケティング調査(セール満足度、サービス満足度、新車購入意向)を担当。専門分野、得意なテーマ: 自動車販売、サービス技術領域

著者紹介

連載ランキングに見る顧客満足度~J.D. パワー顧客満足度調査より

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧