いよいよ今週末【8/7(土)開催】大人気セミナー「フィリピン永住権」取得術…さらに株式・不動産など最新投資機会を一挙紹介

自宅の土地評価額を80%減…相続税「家なき子特例」の全貌

「私は亡くなった父と一緒に住んでいなかったから、小規模宅地等の特例は無理かな」と諦めていた方も、「家なき子特例」だったら適用できる可能性があります。今回は、ブラッシュメーカー会計事務所の税理士である坂根崇真氏が、「家なき子特例」について解説します。※本記事は 「あんしん相続税」掲載の記事を転載・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

 

「家なき子特例」で、相続税を大きく減らすことが可能

家なき子特例とは、相続した土地の評価額を80%減らす「小規模宅地等の特例(特定居住用宅地等)」の一つです。持ち家を持っていない相続人が被相続人(亡くなった方)の自宅を相続する際、一定の要件を満たせば受けることができ、一般的に要件を満たすのが「家が無い子供」であることから、通称「家なき子特例」と呼ばれています。

 

家なき子特例のポイントは次の3つです。

 

・持ち家のない相続人が家を引き継ぐこと(※)

・要件を満たせば自宅の土地評価額を最大80%減額できる

・適用するためには相続税の申告が必要

※この他にも要件があります。

 

小規模宅地等の特例(特定居住用宅地等)は、相続人が相続税を納めることによって、住む家を失うことがないように作られた制度です。そのため、せっかく実家を引き継いだのに、相続税の支払いによって、引き継いだ実家に住めなくなることを回避するため、この制度が設けられています。

 

相続税は現金で一括払いをしないといけません。なので、相続税が多額にかかるけれどお金が無いという場合、自宅の売却を迫られることも少なくありません。

 

小規模宅地等の特例(特定居住用宅地等)は、基本的に被相続人の生前に同居していたことが要件となっています。しかし、「家なき子特例」は、被相続人と同居していなくても適用できる可能性があります。家を持っていないので、いずれ引き継いだ実家に住むという考えのもと、同居の要件が外されています。

相続税の申告を行わなければ適用できない

家なき子特例は、相続税の申告を行わなければ適用できません。つまり、「家なき子特例のおかげで税金0だから申告しなくて良い」ということにはなりません。

 

また、家なき子特例を知らずに相続税の申告をしてしまった場合、本来減額できたはずの相続税を余分に納めることになります。税務署は、納めた税金が少なければ罰金付きで取り立てを行いますが、多く納めた分については黙って受け取ります。

 

「家なき子特例」をどのような場合に使うことができるのか、適用要件を本記事でしっかりと確認しておきましょう。

 

 

【8月開催のセミナー】

※ 【8/7開催】投資すべき国No.1「フィリピン」日本人向け永住ビザ最新情報

 

※ 【8/7開催】ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」の根拠

 

※ 【8/7開催】今世紀最大のチャンス「エジプト・新首都」不動産投資

 

※ 【8/8開催】実例にみる「高齢者・シニア向け賃貸住宅」成功のヒント

 

※ 【8/11開催】補助金「10割」!社会貢献と安定収益を両立「児童発達支援事業」

 

※ 【8/17開催】賃貸物件による「超減価償却節税商品」活用術

 

※ 【8/18開催】1事業所売上3,000万円強、利益1,000万円「児童発達支援事業」

 

※ 【8/20開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える、相続対策のノウハウ

 

※ 【8/21開催】今が変更前のラストチャンス!ポルトガル「ゴールデンビザ」

 

※ 【8/21開催】利回り20%/売却益2千万円を狙う「中古1棟アパート投資」

 

※ 【8/22開催】成長続ける教育「ECCの個別指導塾」ベストワンという選択

 

※ 【8/22開催】快適住空間と安定収益「賃貸併用住宅」ゆとり暮らし実現化計画

 

※ 【8/25開催】中小企業経営者必見!会社法を駆使した「株価対策」

 

※ 【8/28開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ

 

※ 【8/28開催】利回り20%以上の投資能力が身に付く「ダイヤモンド空き家投資」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

一般社団法人 全国第三者承継推進協会 理事
ブラッシュメーカー会計事務所 共同代表・税理士

業界最大手のデロイトトーマツ税理士法人の出身であり、個人資産百億円規模の方の税務相談経験や申告経験を数多く有している。現在は、税理士や司法書士による相続メディア「あんしん相続税」(月間10万PV)を運営するとともに、士業など、専門家の協会員1,500人以上の団体 全国第三者承継推進協会の理事に就任しており、後継者不在による廃業を防ぐための相続対策・支援活動を行っている。


坂根氏が運営する相続メディアはこちら
「あんしん相続税」 「資産運用 税理士メディア」

著者紹介

連載税理士が解説!相続で失敗しないために知っておくべき基礎知識

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧