なぜ「相続税の還付が受けられる」という事態が発生するのか?

遅め過ぎた相続税が戻ってくる・・・そもそも、なぜそのような事態が発生するのでしょうか。 ※本連載は、相続税の専門家として「相続税還付」に力を入れている佐藤和基氏の新刊で、2015年12月に刊行された『不動産の知識があれば相続税は取り戻せます!』(住宅新報社)の中から一部を抜粋し、納め過ぎた相続税を取り戻すノウハウなどをご紹介します。

全ての税金に完璧な対応ができる税理士はいない

なぜ相続税の還付を受けられるのか。その理由について、一般的な税理士や税務署の相続税についての実態もまじえながら説明したいと思います。相続税の申告を担当した税理士が、相続や不動産に関して知識をどのくらい持っているか、実務経験がどのくらいあるのかということも大きく関わってきます。

 

【税理士は相続税に慣れていない】

税理士は税金のプロではありますが、我が国には様々な税金があり、全ての税金に完璧に対応できる税理士は残念ながらいません。一般の税理士は個人の確定申告や法人の顧問などと比べて、相続税の申告に携わる機会が極端に少ないのが現状です。

 

そのため、相続税申告の依頼があったら本を見て調べながら申告をするという税理士も数多くいるくらいです。医者に内科、外科、眼科、耳鼻科などの専門があるように、税理士にも分野ごとに得意不得意があるので、本来ならば医者のように専門分野で分けるべきだと筆者は思います。

 

全く相続税の申告をしたことがない税理士に依頼して、その税理士が本を見ながら申告書を作成していたら不安ですよね? 一般的な税理士は法人税、所得税、消費税を専門にすることが多く、相続税を専門にする税理士は限られているということを一般の方にも理解していただきたいところであります。

 

一般の税理士は普段から相続に接しているわけではないので、相続手続きに慣れていませんし、相続税の経験が少ないので税金を下げるためにどうすればよいのか? という発想が出てきません。特に財産評価は税金の計算とは違いますので、慣れていない税理士に正確な評価をしろというほうが無理なのかもしれません。

 

例えるならば、内科医に対して外科手術を依頼するようなものです。普段、手術をしていない内科医に外科手術をお願いしても、専門ではないため執刀すること自体、難しいでしょう。手術を成功させるなら外科医に依頼するのがベストであるように、相続税の申告も相続税専門の税理士に依頼するのがベストなのです。

相続税に差が出る最大の理由は「財産評価の誤り」

【税理士は不動産のプロではない】
税理士が相続税に慣れていないということはご理解いただけたと思いますが、では具体的になぜ相続税に差が出てしまうのでしょうか? それは財産評価にあります。相続税を計算するためには、単純に税金の計算の仕方を理解しているだけでは相続に合った税金を計算することはできません。税金の計算の基となる財産の評価をしっかりしなければ、間違った評価額に対して税金計算をしてしまうことになってしまいます。


そのため、被相続人が所有していた財産を正確に時価評価することがとても重要になってきます。とはいえ、実際に売買するわけではありませんし、評価する財産は、土地、家屋などの不動産をはじめとして、動産、無体財産権、有価証券など多種多様であり、これら各種の財産の時価を的確に把握することは容易ではありません。

 

原則として、国税庁が定めた「財産評価基本通達」に基づいて時価評価をすることになりますが、それでも普段から財産評価をしていない税理士だと誤った評価をしてしまいます。特に差が出てくるのが土地の評価です。土地の評価についても、基本的なことは「財産評価基本通達」に基づいて行います。

 

しかし、相続税に慣れていない税理士は、土地の現地調査、役所調査を実施していないため、最大限の評価減をしていない場合が多く、税理士によっては数百万円から数千万円の差が出ることが多々あり、場合によっては億単位の差が出てきます。また、不動産にはそれぞれ個性がありますから、財産評価基本通達だけではとても対応しきれていません。

 

中には財産評価基本通達には載っていないけれど、実務上認められている評価減というものがあるのです。正確な土地評価をする際には、現地調査、役所調査を実施し、土地の利用制限、公法上の制限等の有無を確認し、実務上是認されている最大限の評価減要素を反映させていきます。また、財産評価基本通達等に基づく相続税評価額が時価と乖離しているような場合には、不動産鑑定士の鑑定評価を求めることもあります。

 

以上のように財産評価を正しく行うことで、課税の対象となる課税価格が下がり、相続税の還付を受けることができます。成功率も10件中7件以上となります。

佐藤和基税理士事務所 代表 一般社団法人 相続財産再鑑定協会 代表理事

昭和59年生まれ。平成19年1月に相続税専門最大手の税理士法人レガシィに入社し、主に相続税を専門に扱う業務に携わる。平成22年に相続税以外の一般的な税務を学ぶため、税理士法人ワイズコンサルティングに転職。平成26年1月に独立開業した。以降、最も得意とする相続税の専門家として特に「相続税還付」に力を入れている。相続税還付のポイントとなる土地の評価では500件以上の評価実績がある。「相続税還付」は週に1件ほどのペースで依頼を受けているが、「相続税還付」をさらに世の中に広めていくため、平成27年1月に、一般社団法人相続財産再鑑定協会を設立した。
■佐藤和基税理士事務所⇒https://souzoku-satou.com/

著者紹介

連載不動産の知識で「納め過ぎた相続税」を取り戻す方法

本連載は、2015年12月9日刊行の書籍『不動産の知識があれば相続税は取り戻せます!』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

不動産の知識があれば相続税は取り戻せます!

不動産の知識があれば相続税は取り戻せます!

佐藤 和基

住宅新報社

平成27年1月1日から、相続税法が変わり大幅な増税となりました。基礎控除額が引き下げられたことで、相続税の課税対象者が1.5倍から2倍になると予測されており、一般の方にも広く関心が持たれています。 しかし、実は相続税を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧