台湾IT大臣、「はんこ文化と両立」で話題の日本IT大臣に言及

暗号資産イーサリアムの開発者が集うDevcon5で開かれたセッションにて、天才プログラマーとして知られる台湾のIT大臣が、「デジタル化とはんこ文化の両立を目指す」といった趣旨の発言をして批判を浴びた日本のIT大臣について言及した。

台湾IT大臣のオードリー・タン氏「フェアではない」

台湾のIT大臣であり、天才プログラマーとしても有名なオードリー・タン氏が、暗号資産イーサリアムの開発者が集うDevcon5で開かれたセッションにて、日本のIT担当大臣である竹本直一大臣について言及した。

 

78歳になる竹本大臣は、先月11日に発足した第四次安倍再改造内閣の科学技術・IT担当大臣に任命されている。

 

竹本大臣は「はんこ議連」の会長も務めており、「デジタル化とはんこ文化の両立を目指す」といった趣旨の発言をしたことが、世間で話題となっていた。またIT大臣としての資質を問われた際も、「自らSNSで投稿を行っているため問題はない」と発言し、一部からは不安の声も上がっている。

 

それと対照的に台湾のIT大臣を務めるタン氏は38歳と若く、天才プログラマーとしてアップル社の顧問などを歴任するなど、ネットでは日本のIT大臣と比較し「レベルの違いがすごい」と頻繁に揶揄されていた。

 

そうしたなか、セッション中の質問で、聴衆の1人から「日本のIT大臣についてどのように感じますか」との問いかけがなされた。

 

タン氏は、以下のように回答を行った。

 

「日本のIT大臣と個人的なつながりはありませんが、残念ながら新聞やツイッターなどで、(両大臣間の)年齢などを比較されていることは知っています。ただこのことは、あまりフェアではないと思います。まず最初に台湾ではIT大臣は2人が務めています。そして、そのうち1人は私の父と同じぐらいか、それ以上の世代です」

 

日本と台湾での制度の違いなどにも言及した上で、単純に比較することはフェアではないと話している。

 

※本記事は、2019年10月17日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧