『もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか』

主な登場人物

 

桜木真穂:物語の主人公。星心中学校英語科教員。ただし英語は「読み書き」専門で、「聞けない」し、「話せない」。今後、「英語で授業をしなければならない」ことに、憂鬱で仕方がない。

 

葛城有紀:『吉原龍子 英会話教室』の「受付兼日本人講師(仮)」。生徒想いで、真穂の最大の理解者となる。英会話歴3年。

 

吉原龍子:『吉原龍子 英会話教室』の学院長。また、剣道と柔道も師範代の腕前。

 

阿蘇虎牙:英語科教員。学年主任と柔道部顧問も務めるベテラン。

 

月島葵:3年3組において、真穂の唯一の味方。成績も優秀で、特に英語は学年でもトップクラス。

 

小山佑士:野球部の左腕エース。甲子園常連校の星心学園のスポーツ推薦枠を勝ち取るため、日々練習に励む。勉強は大嫌い。

 

阿部祐助:科学部に所属する小柄な少年。全体的に成績が悪く、中でも英語は苦手で、成績は絶えず「1」。不良にも絡まれるイジメられっ子。

 

青木千賀子:真穂の同僚で、英語科教員。ニューヨーク生まれで、12歳まで現地で過ごす。もちろん英語力はネイティブ並。

 

山形心平:真穂の同僚で、社会科教員。野球部顧問。日本史が専門で、特に幕末には明るい。

 

藤川瞳:『吉原龍子 英会話教室』の受講生。シングルマザーで、一人娘のために、英会話の勉強を始める。

 

エリザベス:『吉原龍子 英会話教室』のネイティブ講師。

英会話講師・脚本家

石川県出身。上智大学法学部国際関係法学科卒業。第13回、31回シナリオSIグランプリ入賞。第31回入賞作を大幅に加筆修正し、『もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか』を出版。

著者紹介

連載英語教師が立ち向かう新しい英会話学習~『もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか』より

もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか

もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか

金沢 優

幻冬舎

英会話スクール、オンライン英会話、ハウツー本・・・。すべてに挫折してきて、教育指導要領改定に戦々恐々とする英語教師・桜木真穂。ネイティブスピーカーの同僚を羨み自分に自信を失う中、偶然であった英会話教室で「今まで…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧