開業前から火の車…「コンサル頼み」で失敗した医師の事例

患者が医療機関を選ぶ時代になり、医師も「経営努力」が必須となってきました。そこで本記事では、「コンサル頼み」で失敗した医師の事例を紹介し、理想のクリニックを開業するために必要な知識を解説します。

事例:開業を試み、コンサルに一任したA先生

A先生は、開業医の父親の跡を継ごうとしましたが、父親と意見が合わず中止。自分で開業しようと決心し、勤務先で懇意にしていた業者に開業コンサルを紹介してもらいました。

 

日々の診療で忙しく、コンサルに全て任せていました。コンサルに紹介されるままに業者と次々と契約を結び、「父親の医院より豪華にしたい」と、内装にはこだわったため、当初のスケジュールを大幅に超えて着工しました。その結果、不要なものや高額な機器を買わされ借金まみれのスタートを切る羽目になり、さらに開業してから数ヵ月間収入が無く、預金を取り崩す生活を余儀なくされたのです。

 

後に先輩開業医から「開業コンサルは仲介報酬がつきものだからいちいち高額だよ」と忠告されても後の祭りでした。

解説:コンサルに任せきりではスタート時点で火の車

クリニックの開業には、想定外のリスクが潜んでいます。ただ、それはある意味やむを得ないことだともいえます。現在、大学病院や民間の病院で働いている先生方は、患者さんと向き合い、診療に専念することができます。事務のことや経営のことは、専門スタッフに任せることができるからです。

 

しかし、開業となると、すべてが先生方の肩にかかってきます。立地はどこがいいのか、設備はどの程度必要か、スタッフは何人くらいが適正か・・・これまで経験のないことを、すべて自分で判断しなければなりません。それは開業してからも続きます。多くの患者さんに来てもらうにはどうしたらいいのか、スタッフの教育をどうしたらいいのか──。加えて日々の診療を行わなくてはならないのです。これら一つひとつに悩んでしまうと、いつまで経っても開業などできません。

 

そこで通常は、開業コンサルに相談することになります。とはいえ、日々忙しく診療を行っている先生方は、自ら開業コンサルを探す時間はないでしょう。そこで接点となるのが、勤めている病院と取引のある薬品の卸会社や、設備を搬入している医療機器会社などです。

 

先生方にしても、同僚に開業の相談をするわけにもいきません。代わりに日ごろ顔を合わせて親しくなった外部の業者に、「ほかの人には黙っていてくれ」と言いつつ相談するケースが多いのです。すると、業者の社内にある開業支援チームや子会社の開業コンサル、取引のあるフリーの開業コンサルなどを紹介してくれます。

 

開業コンサルは何から何まで面倒を見てくれます。場所の選定やスタッフの集め方、広告の出し方、クリニックの内装、医療機器の手配など、すべてのサポートをしてくれるのです。先生方にしても日ごろ顔を合わせている業者からの紹介ですから、すっかり信頼して任せてしまうでしょう。

 

もちろん、コンサル任せでうまくいく場合もあります。しかし、私が数多くの開業に立ち合ってきた経験からいうと、開業コンサル任せでクリニック開業が成功するケースは5件に1件程度ではないかと思われます。

 

一般的に新規開業したクリニックの場合、地域の患者さんに親しまれて経営が安定するようになるには三年程度かかります。失敗するケースの多くは、そこまで到達する前に資金が枯渇し、ピンチに陥ります。最悪の場合、莫大な借金を抱えたまま閉院せざるを得ない状況に追い込まれるのです。では、そうならないためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

一つは開業コンサルの実態をよく理解しておくことです。彼らは開業のプロですから、上手につきあえば、開業にまつわる煩雑な手続きを代行してくれます。その意味では、開業コンサルなしに開業は難しいと言ってもいいほどです。実際に9割以上の先生方が開業の際にコンサルのサポートを受けています。

 

しかし、彼らに任せきりにしてはいけません。最初から最後まで常に先生方が主導権を握っておかなければ、コンサルの利益が増える方向に誘導されてしまいます。

 

 まとめ 

●開業コンサルに任せきりにすると莫大な借金を抱えることになるかもしれない

●失敗で多いパターンは経営が軌道に乗る前の資金切れ

協奏会計・税理士事務所 代表税理士

代表税理士。慶應義塾大学商学部卒業。大手医療専門税理士法人の勤務を経て協奏会計・税理士事務所を設立。
顧客の100%が医師・医療機関である。積極的な節税提案で勤務医・開業医のライフプランをリタイアまでサポート。塾講師の経験を活かした楽しく分かりやすい説明が好評。

著者紹介

協奏会計・税理士事務所 パートナー税理士

パートナー税理士。慶應義塾大学法学部卒業。関東信越国税局で税務調査官として活躍。
100件以上の調査経験に基づく実践的な知識で、税務調査では顧客の強力な盾となる。顧客の立場に立ち、誠実で柔軟な対応に定評がある。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

コンサルが教えてくれない 医師の開業5つの落とし穴

コンサルが教えてくれない 医師の開業5つの落とし穴

田浦 俊栄,小泉 暁之

幻冬舎メディアコンサルティング

不要な投資をせず、理想のクリニックを実現する医療機関専門の税理士がポイントを解説。1998年に約4200件だった一般診療所は、2016年7000件以上と倍近くに増加しているという結果が、厚生労働省の調査により明らかとなりました…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧