ターゲットの低位株を見分けるための「5つの特徴」とは?

短期間で株価が2倍、3倍に急騰することもある「低位株」投資。今回は、この「低位株」を見分けるための5つの特徴について見ていきます。

株価の目安は「500円」以下

数ある低位株の中から、初心者が投資するのにふさわしい銘柄をどうやって選び出せばいいのか? まずは改めて、私たちがターゲットとすべき「低位株」とはどのようなものを指すのかを定義しておきます。ターゲットとすべき低位株を見分けるのは実は簡単です。ポイントとなる5つの特徴をまとめます。

 

①株価が500円以下の水準で推移している
企業業績や経営姿勢などを理由に、低位株の株価は相対的に低くなっています。目安は株価500円以下。したがって、単元株数が1000株なら50万円程度、100株なら5万円程度で購入できることになります。一時的な相場の下落によって、日本を代表する企業の銘柄が500円以下になることもありますが、そうした銘柄は低位株ではないと判断しましょう。

 

②発行済株式数が少なく、時価総額が小さい
発行済株式数が少ない銘柄ほど、市場に出回っている流通量が少ないことから株価を動かしやすいといえます。

 

③企業業績が芳しくない
基本的に、低位株の業績は長期間低迷しています。昭和のメイン産業など、歴史が古く成長性が見込めない業種が多い傾向にあります。

 

④変動率(上昇率・下落率)が大きくなりやすい
数日から2週間程度といった短期間で、株価が2倍、3倍に上昇するなど、株価の変動率が大きいといえます。

 

⑤投機筋に狙われやすい
過去にも投機筋が仕掛けたことのある銘柄は、高い確率で再び投機筋が介入する傾向にあります。過去の値動きをさかのぼると、毎年1回程度、ほとんど動きがないところから、ある日突然、急騰する時期があることを確認できたら、候補銘柄としてチェックしておきましょう。

見つけてもすぐ買わず、まずは監視を続ける

以上が、私たちがターゲットとすべき「低位株」の基本的な特徴です。この5つの特徴を備えた低位株を見つけたら、自分の中のターゲットリストに挙げておきます。

 

低位株投資では見つけたらすぐ買うのではなく、買いのタイミングが入るまで、ピックアップした銘柄を監視し続けるのが重要になります。

1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。オープンエデュケーション株式会社代表取締役。著書『億を稼ぐ投資法則』、『少額資金で儲ける株ゴールデンルール』(ともにユウメディア)がある。

著者紹介

連載「大勝できる銘柄」を簡単・スピーディに見分ける方法

本連載は、2015年12月10日刊行の書籍『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法

初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法

紫垣 英昭

幻冬舎メディアコンサルティング

アベノミクス効果や日銀の金融緩和により、賑わいをみせている日本の株式市場。昨年からはじまったNISAに続き、ジュニアNISAの創設や教育資金一括贈与に係る贈与税の非課税措置の延長など、若年層にむけての資産形成支援も充実…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ