難易度の高い海外不動産投資…それでも得たいメリットとは?

不動産投資には特殊な才能やカンは必要ありません。充分な情報を得て比較検討し、論理的にリスクが低いと考えられる物件に投資することが重要なのです。本連載では、30年間のデベロッパー経験を持つ、株式会社国際不動産エージェント代表取締役・市川隆久氏の著書『海外不動産投資はなぜドイツがいいのかホンネでお話しいたします』(とりい書房)より一部を抜粋し、投資対象としてのドイツ不動産の魅力を解説します。本記事では、海外不動産投資のメリットについて見ていきます。

国内不動産投資の成功のために、世界の不動産を知る

私が海外不動産投資を紹介しているからといって、日本国内の不動産投資がダメで、必ず海外でやるべきだと主張していると誤解する人がいますが、そんなことはありません。よほど国内の不動産市場が良くない状況にあるならともかく、地面に貼り付いた不動産という存在を扱うなら、勝手のよくわかった自国の市場が一番です。地元の有利さのことを「ローカルアドバンテージ」と言いますが、不動産投資のローカルアドバンテージは次のようなものです。

 

●物件の近くに住んでいて、自分で管理やリフォームができる

●日本国内の大家コミュニティから失敗談含めて豊富な情報を得られる

●日本国内で収入があれば国内金融機関からの融資が有利になる

●日本の賃貸契約や商慣習をよく知っている

●関係者と母国語でやりとりができる

 

海外不動産投資のデメリットは、その裏返しになります。

 

●物件の近くにいないので自分で管理やリフォームができない

●大家コミュニティとのコミュニケーションが期待できない

●現地金融機関との取引が困難

●現地の賃貸契約や商慣習がよくわからない

●関係者との言葉のやり取りが不便

 

そのために投資の難易度は明らかに日本国内よりも高くなります。そして、情報収集や判断、現地とのやり取りなどにスキルが必要です。

 

では、なぜそれなのに私たちは海外不動産投資をおすすめしているのでしょうか。それは、次のようなメリットがあるからです。

 

●分散投資によるリスクヘッジ

●節税

●長期的な資産形成

●視野と知見が広がる

 

最初の3点についてはいろいろな人が力説していますから後に置くとして、ここでは4番目の「視野と知見が広がる」に注目したいと思います。

 

実際にいろいろな国に出かけて行って、不動産市場を詳しく見てくると、つくづく「海外には日本と違うタイプの多様な不動産投資チャンスがあるんだなあ」と思わされます。そして、出かけて行って視野と知見を広げるにつれて、気づくチャンスがどんどん増えていくのです。日本に閉じこもっていては決して気づかなかったビジネスチャンス。それらがあちこちにあることを知るだけで、海外に出て良かったと思います。

 

これから、ますます経済のグローバル化が進み、日本だけで完結するビジネスが成り立たなくなっていくでしょう。生き残っていくためには世界的視野がどうしても必要になります。それは不動産の世界でも同じことで、日本の不動産投資で成功するためにも、世界の不動産を知ることが必要になるはずです。

国内不動産の買い方を学ぶ方法はいくらでもあるが…

日本国内で不動産投資をするのであれば、オーナー視点での賢い買い方を学ぶ方法はいくらでもあります。全国に「大家さんの会」が存在しますし、メンターとなってくれる人たちもたくさんいます。

 

しかし、国内の不動産投資よりもずっとハードルの高い海外不動産については、そのような情報源が見当たりません。いわゆる「海外不動産セミナー」はたくさんありますが、それらはすべて業者視点の販売セミナーです。

 

その中に良心的な業者や個人がいたとしても、「○○国○○州」での賢い投資法を教えてくれるだけで、全世界の不動産の買い方を教えたり、複数の国や都市の不動産を複眼的に比較できるような視野の持ち主は存在しません。

 

そこで私は2017年に副社長の鈴木学と一緒に株式会社国際不動産エージェントを興し、国際不動産の買い方を体型的に学べる場を自分たちの手でつくろうと考えたのです。

 

株式会社国際不動産エージェント(IPA)の企業・活動理念は次のようになっています。

 

(1) 日本の個人投資家や企業様に対し、世界中の不動産投資・事業機会をプロの目で精選してご紹介し、パートナーとして共に利益を追求します

 

(2) 世界の不動産市場や投資手法を研究、知見を情報発信することにより、日本全体の国際不動産投資リテラシーの向上に寄与します。

 

理念にもあるように、私たちの活動フィールドは全世界であって、特定の国やエリアに限定されたものではありません。本書『海外不動産投資はなぜドイツがいいのかホンネでお話しいたします』で私たちがドイツNRW州の不動産投資をおすすめしているからといって、私たちがドイツ専門業者というわけではありません。

 

あくまでも、今の現状で日本の投資家におすすめできる海外不動産がドイツNRW州であるというだけです。

 

 

市川 隆久

株式会社国際不動産エージェント 代表取締役

 

[PR] 8月27日(火)本稿執筆者によるセミナー開催!(東京/幻冬舎)
国際不動産投資の第一人者によるヨーロッパ不動産
まるごと比較~第一弾スペイン、ドイツ編

 

株式会社国際不動産エージェント 代表取締役

1961年生まれ。1984年株式会社リクルート入社。1986年株式会社リクルートコスモス転籍。2004年同社九州支社長。2008年同社千葉支社長。2009年株式会社アイランド東京支店長。2015年独立、国際不動産コンサルタント。2017年株式会社国際不動産エージェント代表取締役。東京外国語大学中国語学科卒業。
25年間、不動産営業・マーケティング・商品企画に従事。その後、海外不動産の販売に従事し独立。世界各国の不動産を視察、販売・セミナー講師を務める。30年間のデベロッパー経験を活かし、独自の不動産マーケティング理論と組み合わせた分析を得意とする。27ケ国78都市の不動産を視察し現在も継続中。

著者紹介

連載日本人投資家にピッタリ!投資対象としてのドイツ不動産の魅力

本連載は、2019年5月15日刊行の書籍『海外不動産投資はなぜドイツがいいのかホンネでお話しいたします』(とりい書房)から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

海外不動産投資はなぜドイツがいいのかホンネでお話しいたします

海外不動産投資はなぜドイツがいいのかホンネでお話しいたします

市川 隆久

とりい書房

本書は斯界の第一人者がはじめてまとめた海外不動産投資の実践書です。 【なぜいま海外不動産投資にドイツがおすすめなのか】 30年間のデベロッパー経験と独自のマーケティング理論、27ヶ国78都市の不動産を視察し、 現在…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧