ブロックチェーンを使ったプレミアムトークン「SBT」の可能性

今回は、プレミアムトークン「SBT」の可能性について考察していきます。※本連載では、仮想通貨FXトレーダー向けサイト「3分で分かる仮想通貨」を運営するBULLヒロ氏に「仮想通貨投資」の基礎知識について解説していただく。

サービスを受ける権利を記録・保管する「SBT」

BULLヒロです。「3分で分かる仮想通貨」という、仮想通貨情報サイトを運営しております。

 

仮想通貨市場の将来を予測し、今後の投資に役立てていただくための情報をお伝えしていきます。今回のテーマは、サービスを受けるためのプレミアムトークンSBTです。

 

仮想通貨は、世界的には「Crypto currency(暗号通貨)」と呼ばれ、あくまで通貨としてのイメージが強いブロックチェーンプロダクトですが、通貨以外の用途にも注目が集まっています。

 

今回は、その一例として「Service-backed token」を紹介します。

 

Service-backed token(以下SBT)とは、サービスを受ける権利を記録し、保管することを目的としたトークンです。保有量に応じて受けられるサービスの内容が変わったり、そのサービスを受けた履歴をトークンに安全に記録したりすることができます。

 

割引や特別な特典を受けることができる会員証に近い考えですが、ブロックチェーンの技術を使うことで、個人情報漏洩の心配なく、安全に情報を記録でき、その権利の譲渡も安全に行えます。

 

現在、これに近いトークンとしては、BinanceのBNBというトークンがあります。BNBは、Binanceの仮想通貨を売買する際に手数料として利用すると、割引を受けられるトークンです。

希少性を担保にしたプレミアムマーケティングに期待

SBTを語る上で欠かせないのは、SBIグループです。SBIはSBTの発行を公言しており、利用者はその保有量に応じて割引されるなど、好条件でサービスを受けることが可能です。

 

◆利用頻度が高いサービスと相性がいい

 

SBTは、最初に保有する際にサービスの理解や購入などの準備が必要です。初期利用の障壁が高いため、ユーザーは長期にわたるメリットと天秤にかけて、保有するか否かを選択します。この特性はポイントカードと似ていて、利用頻度の高いサービスとの相性がいいでしょう。 

 

◆法人間で横断するときに利用しやすい

 

ポイントカードと似て、顧客囲い込みに活用できるのがSBTの特徴ですが、このようなサービス処理はブロックチェーンを活用せずとも、サーバーを立て通常のオンラインサービスを構築すれば済む話です。

 

ブロックチェーンを活用してSBTでサービスを提供するメリットは、データの一部を分散化し、法人間ですべての情報を共有せずとも連結できるところにあります。今まで、Tポイントや楽天ポイントなどの導入は、自社の情報を外部に出すリスクがあり、なかなか導入が進みませんでした。しかし、SBTを活用して各法人間で共通の割引やサービスを受けられるようにすれば、導入の障壁は下がり、SBTを運用する側のコストも下がるといえます。

 

また、SBTはビットコインなどの仮想通貨と同じで、その希少性を技術により担保できるという特徴があります。

 

店名は伏せますが、クラウドファンディングで開業資金を集めた、極上の馬肉店が広尾にあります。この店は、クラウドファンディングの出資者の会員権がないと予約が取れず、初期に出資した人たちのステータスとなっており、大変人気な店となっています。

 

SBTもその希少性の担保により、SBT自体の価値が上がったり、SBTをきっかけとしてユーザーの利用が促進されるようなプレミアムマーケティングに期待ができます。

 

たとえば、LOUIS VUITTONの会員限定サイトへのアクセス権がSBTで発行されたとしたら、会員の離脱は少ないにも関わらず、アクセスしたいユーザーは年々増え、経年と共にその価値は上がるでしょう。単なるポイントカードの代用品と考えるより、希少性の特徴を考えて利用すれば面白い施策になりそうです。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式投資歴5年の仮想通貨スイングトレーダーで、普段の仕事はIT系事業開発です。
トレーダー向けイベントInvestor Meet upや、3分で分かる仮想通貨ブログを運営しています。

著者紹介

連載株 vs 仮想通貨…初心者のための仮想通貨投資講座(BULLヒロ)

本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧