運用資金別に見る「ポートフォリオ構成」の具体例

前回は、機関投資家にはできない、個人ならではの「リスク低減」戦略を解説しました。今回は、ポートフォリオ構成の具体例について見ていきます。

投資資金の中心は、世界の株式に連動するETF

ここでは、ポートフォリオの具体例を資金別に見ていきます。

 

具体的には、運用資金を30万円、100万円、300万円、1000万円の場合に分けて示してあります。

 

ここまで書いてきたように、現金比率は50%とし、残りの50%は世界の株式に連動するETFが中心となります。

 

そこから運用資金に応じて、新興国株式やREIT(不動産投資信託)、商品(コモディティ)、さらには個別株を加えていくといった考え方でポートフォリオを構築しています。

 

【運用資金30万円】

運用資金の50%に当たる15万円でETF を購入するため、世界の株式に連動するETFである「VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)」のみで運用します。

●現金:15万円(50%)

●バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF(VT):15万円(50%)

 

【運用資金100万円】

運用資金30万円のポートフォリオと同様に、世界の株式に連動するETF である「VT」が中心であることは変わりありません。ただ、「VT」では先進国が約9割と高い構成比率を占めています。

 

そこで、バランスを取る意味合いで、新興国の株式に連動するETFである「VWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツ ETF)」を加えたのが、ここで示すポートフォリオになります。

 

●現金:50万円(50%)

● バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT):35万円(35%)

● バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツ ETF(VWO):15万円(15%)

 

【運用資金300万円】

運用資金100万円のポートフォリオに、米国REIT・金・主要農産物に連動するETFを加えたものになります。

 

ここで、米国を除く世界のREIT指数に連動するETF「RWX(SPDR ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステート ETF)」ではなく、米国のREIT指数に連動するETF「RWR(SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF)」を選択しているのには理由があります。

 

2018 年3月末の世界のREIT市場(約131兆円)における国別の規模を見ると、米国だけで約80兆円と約61%をも占めているのです(ちなみに日本は、約11兆円と9%弱の割合)。

 

つまり、米国は世界のREIT市場においても中心的地位を占めているということができるのです。

 

そういったこともあり、ここではREIT として「RWR」を組み入れています。

 

●現金:150万円(50%)

●バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF(VT):90万円(30%)

● バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツ ETF(VWO):15万円(5%)

●SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF(RWR):15万円(5%)

●iシェアーズ ゴールド・トラスト(IAU):15万円(5%)

●パワーシェアーズ DBアグリカルチャー(DBA):15万円(5%)

 

【運用資金1000万円】

運用資金300万円のポートフォリオに、米国を除く世界のREITと、個別株を加えたものになります。

個別株の選択法については、主旨から外れますので本連載では触れませんが、特に適当なものがなければ、他のETFの比率を増加させたり、新たに別のETFを組み入れてもよいでしょう。

 

●現金:500万円(50%)

●個別株:150万円(15%)

●バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF(VT):250万円(25%)

● バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツ ETF(VWO):20万円(2%)

●SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF(RWR):20万円(2%)

●SPDR ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステート ETF(RWX):20万円(2%)

●iシェアーズ ゴールド・トラスト(IAU):20万円(2%)

●パワーシェアーズ DB アグリカルチャー(DBA):20万円(2%)

ポートフォリオの「期待リターン」を求めるには?

ポートフォリオの具体例を見てきましたが、次に気になるのはやはりポートフォリオの期待リターンでしょう。

 

そこで、ポートフォリオの期待リターンについて考えていきます。

 

ポートフォリオの期待リターンを求めるには、その前にポートフォリオを構成する各資産クラスの期待リターンを調べる必要があります。

 

また、ポートフォリオや各資産クラスのパフォーマンスを評価する際には、期待リターンだけではなく、リスクやシャープ・レシオなどといったものも併せて見ていく必要があります。

 

詳しくは次回、解説します。

精神科医・投資コンサルタント

1984年東京生まれ。駒場東邦高校卒業後、山梨大学医学部医学科に進学。大学在学中に投資の勉強を開始し、2006年末より投資を始める。運用開始から2017年末までの個人での運用成績は、平均して年間17%強であり、2017年末からは全て法人名義での運用へと切り替える。現在は医師として勤務する傍ら、資産運用のコンサルティング業務や、開業医や経営者などといった富裕層向けの資産運用業務などを手がける、エッセンシャル・アセット・マネジメント合同会社の代表を務めている。

著者紹介

連載現役医師が伝授!「資産を守りながら増やす」投資戦略

資産運用エッセンシャルズ 攻防自在の投資戦略

資産運用エッセンシャルズ 攻防自在の投資戦略

小林 武文

幻冬舎メディアコンサルティング

スルガ銀行問題や仮想通貨の「落とし穴」にも鋭く切り込む! ココロとマネーの裏側を知り尽くした精神科医兼投資コンサルタントがやさしく解説。市場の動きに惑わされず着実に利益を上げる方法とは?

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧