▲トップへ戻る
2018年後半も持続的に発展か・・・ベトナム不動産市況の最新動向

近年のベトナム都市部では、スーパーやコンビニなどの近代的小売店が大変な勢いで増加しているほか、不動産市場における売れ筋物件の傾向にも変化が見られます。今回は、調査会社や不動産会社が発表するレポートをもとに、ベトナムの現況と不動産市場の動向を見ていきましょう。

6年で4倍に急拡大した、ベトナムのコンビニ店舗

米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)によると、2018年1~3月期の日用消費財市場では、パパママストアと呼ばれる小規模雑貨店や、市場などの伝統的な小売店が前年比で1.0%減少し、コンビニやスーパーマーケットなど近代的な小売店の売上げが増加していると伝えています。

 

特にコンビニは大都市部以外にはありませんが、ハノイ市、ホーチミン市、ダナン市、カントー市の4都市の店舗数が2012年から6年間で4倍と急拡大しているとのことです。あわせてヘルスケア商品、美容商品、医薬品の専門店がこの2年で2倍へと増加しているようです。こうした近代的な小売店の増加が、伝統的な小売店の減少に拍車をかけているように見て取れます。

 

4都市の中でもホーチミン市の近代的小売店の増加は著しく、Jones Lang La Salle社の調査によると、3月末時点でコンビに、ミニスーパーの店舗数は1800箇所程度となり、総面積は前年比5.1%増加の27万㎡に上っているとのこと。この傾向が鮮明になると、ホーチミン市だけでなくハノイ市にも拡大し、徐々に全国的な傾向になりつつあるといえます。

2018年のホーチミン市コンドミニアム市場の動向は?

CBRE Vietnam社によると、2017年ホーチミン市では顕著な変化が現れているといいます。31,000戸のコンドミニアムが販売されましたが、全体の64%が「ミドルエンド」の物件であったようです。その次が21%の「ハイエンド」と続きます。従来は「ラグジュアリー」の割合が多かったのですが、ローエンドセグメント化が進み始めているようです。

 

同社はコンドミニアムを四つのカテゴリーに分けています。1㎡当たり800USD以下を「リーズナブル」、800~1,500USDを「ミドルエンド」、1,500~3,500USDを「ハイエンド」、3,500USD以上を「ラグジュアリー」と分類しています。

 

2018年第一四半期の売上げは、旧正月の時期が含まれているにもかかわらず、新規供給数は昨年同期比79%増の9,503戸と増加しています。このうち「ミドルエンド」が71%となっています。売上げも好調で、9,260戸が売れ、前年同期比26%増を記録しているようです。

 

「リーズナブル」、「ミドルエンド」の物件の購入者は、プロジェクトの安全性を見極めて、評判の良いデベロッパーを選別する傾向が強まりそうだといっています。この傾向は2020年程度まで続き、「ハイエンド」、「ラグジュアリー」物件の供給量は減少するものの、市場は全体的に持続的に発展すると見ています。

株式会社地球と不動産 代表取締役

2008年大学を卒業後、研究職としてトヨタ自動車に入社。車体におけるゴム材料の耐久性などの設計支援に従事。野村證券に転職し、投資商品の販売や資産運用コンサル業務に従事。その後、不動産デベロッパーのアルファビオス経て独立。金融商品から不動産まで経験と知識が豊富。宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、証券外務員などの資格を持つ。
地球と不動産では、法改正後に多数の売買契約サポートを実施し、購入後のサポートも整備。ホーチミンで2007年から日本企業向けに不動産仲介事業を行っているレタントン不動産と提携しており、東京とベトナムにオフィスを持つベトナム不動産投資専門会社。投資家向けのセミナーも随時開催中(下記URL参照)。
WEBサイト:http://chikyu-fudosan.com/

著者紹介

連載外国人の所有が解禁 「ベトナム不動産」の最新事情

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧