前回は、不動産業界における「仲介業者」の問題点について説明しました。今回は、「大手不動産業者」というだけで無条件に信用してしまうことの危険性について見ていきます。

最適な媒介契約の種類は本来ケース・バイ・ケース

一般に、家を売却する際に不動産会社を通すと、「媒介契約書」を交わします。その媒介契約書には、次のようなことが記載されています。

 

この記事はメールマガジン会員様限定です。メールマガジン会員登録(無料)をすると全文をお読みいただけます。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2012年9月10日刊行の書籍『不動産屋は笑顔のウラで何を考えているのか?』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    不動産屋は笑顔のウラで 何を考えているのか?

    不動産屋は笑顔のウラで 何を考えているのか?

    大友健右

    幻冬舎メディアコンサルティング

    古い慣習がはびこる不動産業界。消費者には知り得ない業界の慣習(ブラックボックス)の中で家を買おうとすると、どうしても損な買い物しかできない。 本書は、これまで業界でひたすらに隠されてきたブラックボックスの中身を…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ