投資効率は良い?悪い? 「事故物件」の投資価値を探る

今回は、「事故物件」の投資価値を探ります。※本連載は、株式会社Money&Youの取締役、ファイナンシャル・プランナー、DCプランナーである高山一恵氏の著書、『年収400万円からの不動産投資で着実に稼ぐ秘訣』(河出書房新社)の中から一部を抜粋し、話題の物件タイプや特殊な物件の投資価値を、ズバリ評価していきます。

「安く借りられるなら気にしない」という人も多い

私のお客様のなかには、たまにマニアックな方がいらして「自殺物件は安く取得できそうだから投資効率としてはよいのではないか、事故物件に絞って探している」という方がいます。確かに、自殺物件を調べてみると、相場の2〜3割程度の物件価格になっていることが多いようです。

 

知り合いの不動産会社の方に聞いてみたところ、最近は、自殺物件、いわゆる「事故物件」への問い合わせも多くあるとのこと。

 

確かに物件価格は安く取得できるかもしれませんが、賃貸の募集をするときには、「自殺物件」であることをきちんと伝えることが必要になります。私自身は自殺物件だとわかっているところをわざわざ借りるかというと躊躇してしまいますが、実際には気にしない人も多いそうです。

 

というのも、自殺物件の家賃は通常の2〜3割程度安くなるからです。「安く借りられるのであれば、過去のことは気にしない」という、低所得の若い世代の単身者や外国人などの需要があるそうです。

 

状況によっては、リスクが非常に大きくなる場合も

自殺物件といっても、自殺の仕方や、その部屋で自殺が行なわれたのか、部屋の外で自殺をしたのかなど、さまざまなパターンがあります。

 

例えば、病気で悩んでいて必要以上に薬を多く飲み過ぎてしまったために中毒を起こして亡くなってしまったのか、首吊り自殺をして亡くなったのかなど、ケースによってその物件に対する印象は大きく違うはずです。

 

前者のようなケースであれば、家賃を安めに設定することで1〜2か月程度で賃貸人がつくということも少なくないそうです。もちろん、自殺の状況によっては、部屋の原状回復に時間がかかるので、当分その部屋は貸せなかったり、回復の状況によっては多額のお金がかかったりといったリスクがあります。

 

とはいえ、前述したとおり、自殺物件といっても一定の需要はあるので、選択肢として論外というわけではありません。

 

ただし、殺人事件が起こった物件となると、話は別のようです。殺人事件が起こると、テレビや新聞で報道されてしまうため、他の入居者が一斉に出ていってしまったり、売却するときにも価格が相当下がってしまったりと、一気にリスクが大きくなってしまいます。

 

<POINT>

亡くなり方の状況によっては、穴場の投資物件になる

 

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載シェアハウス、築古木造、借地権付…「特殊な物件」の投資価値をズバリ評価

株式会社Money&You 取締役
ファイナンシャル・プランナー(CFP)
DC(確定拠出年金)プランナー 

東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンを創業。10年間取締役を務めた後、株式会社Money&Youの取締役に就任。全国での講演活動をはじめ、執筆・マネー相談など、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。

株式会社Money&You
http://moneyandyou.jp/

FP Cafe
https://fpcafe.jp/

著者紹介

年収400万円からの不動産投資で着実に稼ぐ秘訣

年収400万円からの不動産投資で着実に稼ぐ秘訣

高山 一恵

河出書房新社

不動産投資を始める際、リスクを最小にするための注意点とは? 投資セミナーで多く寄せられる疑問に、失敗事例もふまえ、ファイナンシャル・プランナーならではのバランス感覚で回答します。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧