貯金ができない、収支が赤字・・・「問題家計」の特徴とは?

今回は、「問題家計」の特徴を探ります。※本連載は、株式会社マイエフピーの代表取締役で、家計再生コンサルタント/ファイナンシャルプランナーとして活躍する横山光昭氏の著作、『50歳からの「お金の不安」がなくなる生き方』(大和書房)の中から一部を抜粋し、老後貧乏になる人の「お金の習慣」とは何かを紹介します。

4つの条件のうち、1つでも該当すれば「問題家計」

広げ過ぎた風呂敷を少しずつ畳み、家計のダウンサイジングを図っていくことの必要性がわかったかと思います。

 

では、次に何をすればよいのか。まず現状を把握しなければなりません。毎月決まった収入があるのにお金が貯まっていかないのは、家計に何らかの問題があるからです。そうした家計に問題を抱えた人のことを、私は愛をこめて「お金の問題児さん」と呼んでいます。

 

お金の問題児さんの家計(問題家計)には次の特徴が見られます。

 

❶貯金がほとんどない

❷毎月の収支が赤字になっているか、赤字のときのほうが多い

❸毎月、何にいくら使っているかを把握していない

❹住宅ローン以外の借金(カードローン、リボなど)が平然と存在している

 

このうち1つでも該当する項目があるようでしたら、あなたの家計は「問題家計」と疑ってください。

 

どの家庭にも、まだまだ「減らす余地」は残っている

「問題家計と言われても、今の家計でいっぱいいっぱいです。これ以上、どうやってやりくりすればいいのですか。教えてください」

 

使いすぎを自覚している人がいる一方で、「すでにやれることはやっていますよ」という方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、安心してください。これまでに1万件以上の家計を見てきた経験から言わせてもらうと、どの家庭にもまだまだ減らす余地が残っています。生活を切り詰めることなく、決して無理することなく、支出を減らせる部分が絶対にあります。

 

もっともそれは第三者の私だから気づくことであって、当の本人には見えにくくなっているのかもしれません。お金の流れは、ちょっとした工夫で変えられます。よい方向に変えることで、支出を減らし、「収入-支出」の差分を増やしていけます。差分が増えれば増えるほど、老後の不安は解消されていくことでしょう。

 

また、これまでのお金の使い方を見直し、お金に対する意識を改めることによって、「いまよりも少ない収入でも十分にやっていけるじゃないか。楽しく、豊かな生活が送れるじゃないか」と考えを改められることでしょう。大事なことは、現状を把握し、ちょっとした工夫を施すことです。

 

それでは、実際にどのような「問題家計」があり、どこをどのように改善して、「優良家計」になっていくのでしょうか。

 

次回からは、いくつかの事例を使ってお話ししていきましょう。ご自分の家計に当てはまることが見つかったら、今後はその部分の支出を減らしていけるよう工夫してみましょう。少し時間はかかるかもしれませんが、近い将来にきっと「お金が貯められる」家計に生まれ変わっていくはずです。最初は、教育費のかけすぎで貯金ができていない家計からです。

 

この話は次回に続きます。

株式会社マイエフピー 代表取締役
家計再生コンサルタント
ファイナンシャルプランナー 

北海道出身。お金の使い方そのものを改善する、独自の家計再生プログラムで、これまで10,000人以上の赤字家計を再生した敏腕FP。マンツーマンで行う家計面談のかたわら、書籍・雑誌への執筆、メディア出演や講演も多数。最近は、日本経済新聞の電子版「もうかる家計のつくり方」が好評。家に帰ればかわいい盛りの1男5女の父。
著書に、累計95万部を超えるベストセラーとなった「年収200万円からの貯金生活宣言」シリーズ(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、各メディアで紹介され、たちまち累計50万部を突破した『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)、『NHK「あさイチ」お金が貯まる財布のひみつ―不安がなくなる貯金の極意』(新潮社)、『消浪投貯金術』(主婦と生活社)、『お金が貯まる人の思考法―年収の半分を3年で貯める「16.7の法則」』(講談社)、『わが子をお金で苦労させない』(廣済堂出版)、『子どもにお金をかけるのは、やめなさい』(すばる舎)、『「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金』(祥伝社)、『図解でわかる お金が貯まる住宅ローンの返し方』(エクスナレッジ)、『「お金が貯まらない!」が治る本』(PHP文庫)などがあり、雑誌、新聞、TV、ラジオで活躍中。

著者紹介

連載あなたは大丈夫!? 老後貧乏になる「お金の習慣」とは?

 

 

50歳からの「お金の不安」がなくなる生き方

50歳からの「お金の不安」がなくなる生き方

横山 光昭

大和書房

これまで1万件以上の赤字家計を立て直してきたプロが教える、「お金への意識を変える(ダウンサイジング)」方法を紹介! 50代は最大の「貯め期」。収入の3割を貯金する、価格ではなく「使用料」で見ていくクセをつける、「下…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧