▲トップへ戻る
「金壱萬円也」・・・領収書の金額を「漢数字」にする理由

今回は、領収書の金額表記について、漢数字を使う理由を見ていきます。※本連載は、公認会計士・税理士の梅田泰宏氏の著書『知らないとヤバい!領収書・経費精算の話』(PHP研究所)の中から一部を抜粋し、領収書の基礎知識や経費精算のルールについて解説します。

漢数字なら金額を「改ざん」しにくい

お店によっては、領収書の金額を「金壱萬円也」「金参千弐百円也」などと漢数字で記入することがあります。

 

これは、金額の改ざんを防ぐためです。

 

「一万円」を表記する場合、算用数字なら「¥10,000」となりますが、「¥」と「1」の間のスペースに「1」を書き加えれば、簡単に金額を改ざんすることができてしまいます。

 

しかし、漢数字で「金壱萬円也」と表記されていれば、ほかの数字に書き換えることは容易ではありません。

 

もともと漢数字は、小切手に金額を記載する際に使われてきました。

 

あとで現金化される小切手の額が改ざんされたりしたら、大変なことになります。

 

会社が「¥100,000」で振り出したはずの小切手が、銀行に回ってきたときにもし「¥1,100,000」になっていたら、その会社は一〇〇万円も多く現金を引き出されてしまうことになります。

 

ですから、絶対に改ざんされないための策として、漢数字で記入する慣習が続いてきたのです。領収書にも漢数字で記入する人がいるのは、その名残(なごり)です。

 

金額の頭の「¥」、末尾の「-」も同様の理由で付記

算用数字で領収書の金額を記入する場合も、改ざんしにくくするよう、独特の決まりがあります。

 

まずは3桁ごとにカンマ(,)を入れること。そして、数字の頭に「¥」を、末尾にハイフン(-)をつけること。これらは改ざんを防止するための工夫です。金額を記入する際は、「¥」やハイフンと数字の間をできるだけ空けないように注意しましょう。

 

ちなみに漢数字で記入する場合は、数字の頭に「金」、末尾に「也」をつけます。一万円の領収書なら「金壱萬円也」となります。

 

[図表]金額を改ざんされないための決まり

図版・イラスト:桜井勝志

梅田公認会計士事務所
税理士法人 キャッスルロック・パートナーズ
公認会計士・税理士 

1954年、東京生まれ。公認会計士、税理士。中央大学卒業後、監査法人中央会計事務所(現・みすず監査法人)入社。1983年、梅田公認会計士事務所を設立。企業における幅広いコンサルティング活動を精力的に行なう。2004年、社会保険労務士、司法書士との合同事務所「キャッスルロック・パートナーズ」を設立。2006年、税務部門を税理士法人として新たなスタートを切った。

著者紹介

連載知らないとヤバい!領収書・経費精算の話

 

図解 知らないとヤバい!領収書・経費精算の話

図解 知らないとヤバい!領収書・経費精算の話

梅田 泰宏

PHP研究所

領収書や経費精算についての知識を持っていると、 ●確認に余計な時間や労力を取られないので仕事が速くなる! ●無用なトラブルに巻き込まれることを防げる! ●周りの人から「さすが! 」と思われる! 本書は 「レシートっ…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧